« ゴーバスターズ感想記:33話と34話 | トップページ | 新ポケットモンスター第55話感想 »

2021年2月11日 (木)

アバレンジャー感想記:35話と36話

毎週日曜日に東映特撮YouTube Officialで爆竜戦隊アバレンジャーが配信されてます。
今週も簡易に感想を。

35話「アバレナデシコ七変化たい!」
2003年10月26日放送
監督:坂本太郎
脚本:荒川稔久

アスカがマホロへの思いを込めて作ったエンゲージリングが展示される。
その報せを受けて展示会へ赴いたがトリノイドと鉢合わせになり、トリノイドが狙うデビルストーンを巡る攻防が展開される。
変身能力を封じられた らんるが七変化で惑わす。ヒロイン七変化はもちろんちゃっかり野球ネタも仕込んだり、荒川さんの趣味がまた炸裂してるよ。
坂本さんの演出も乗ってるし。らんるの様々な姿、眼福でした。

と、前半はノリノリの絵だったけど、デビルストーンとリングを交換だと交渉を持ちかけられてからは一変。
デビルストーンが爆発する前にリングを奪還しようと らんるが必死にトリノイドに食らいつく。
生身で立ち向かい重機を動かしたりターザンやったり泥だらけになったりと体を張った姿に息をのむ。
アスカが遺した物を守りたい必死の思いがうかがえるし、キャストの熱演が絵の迫力をさらに後押ししてて凄かったです。


リングは奪還しデビルストーンは破壊できたが、あの鎧を纏った何者かが現れトリノイドを圧倒するという不穏な展開も。
まさかアスカが?彼が遺した物を守り通したと思ったら、今度は彼が敵になったかもしれないという衝撃を残して次回へ続く。
気を休ませてくれないなあ本当に。


36話「初恋アバレミラクル」
2003年11月2日放送
監督:坂本太郎
脚本:會川昇

トリケラが人間になりたいと星に願ったら本当に叶っちゃったというとんでもない始まり。
Cパートで笑理とスケさんそっくりの天使と神様がその願いを叶えていたというオチも衝撃。
怒涛の展開が続いていたのでようやく笑って楽しく一息つける回があってホッとしました。

人間世界を楽しむトリケラが一人の女性に恋をして、その人にハンカチを返すために駆けまわる。
トリケラはケラトと名乗り、幸人はケラトが自分の相棒だとは露知らず彼のために力を貸してくれる。
トリケラを心配して探していたのに目の前で困ってる子を放っておけない、本当に根はめっちゃ優しいよね幸人は。
かつての失恋(16話参照。あれも坂本組。)と同じ思いをさせたくないとケラトに諦めるなと諭す幸人の言葉にグッとくる。
そんな幸人だからトリケラは人間になって彼と触れ合いたいと願ったわけで、ほんの一時だけどそれが叶って心底嬉しかったんだろうし、幸人の人柄を改めて好きになったからこそ相棒を守るために自分の意志で元の姿に戻って戦うという流れも良かった。

幸人とトリケラの絆にキュンとする回だったけど。
ギガノイドが見せる幻に飲まれていく人々の姿はかなり怖かったし、またもや現れる鎧の戦士の不穏な空気とか、明るさと暗さのバランスが良かった回でもあったなと思います。

それと、ケラトを演じるは子役時代の神木隆之介さん。
大物の役者さんは子供の時からオーラが違うなあと思い。

|

« ゴーバスターズ感想記:33話と34話 | トップページ | 新ポケットモンスター第55話感想 »

特撮」カテゴリの記事

爆竜戦隊アバレンジャー」カテゴリの記事

コメント

らんるの七変化はやはりというか荒川さんお得意の展開ですよね。色々な格好をして敵を惑わし、なんとか今回のミッションを達成するのもテンポ良い演出が相まって楽しめたと思います。ゴーカイジャーの正式なアバレンジャー回でもこれのオマージュがあったし、本当に荒川さんこういうの好きだなあと。

次のトリケラ主役回ですが、最初のブラキオ内での爆竜達の会話が楽しげで良かったです。こうして皆が集まり、いなくなってたバキケロやディメノコが戻ってるのも当たり前を取り戻せて良かったと思います。

なんやかんやで人間になってしまい、今回のギガノイドの力が関係してるのかなと思ったけど、知り合いそっくりの天使と神様が関与してて敵は全く関係なかったのが驚きでした。こういうシュールさが子供番組らしくて面白い。

歩いてる内に幸人と会えて一緒に女性を探すことになったし、幸人に関しても言われてみると話を聞いて自分の過去と照らし合わせた所あったのかもですね。本当に良いパートナーに会えて良かったなと。

しかしそんな空気の中でも出てくる鎧の戦士が醸し出してた不安感がね………これも後半ならではの空気で本当に怖い。

投稿: アルター | 2021年2月12日 (金) 00時53分

コメント返信:アルターさん

後のゴーカイジャーでアバレンジャー回がああなったのも納得ですね。

爆竜たちの会話のシーン良かったですね。
こういう所帯じみたところがこれまでの相棒キャラクター、ガオレンジャーのパワーアニマルやギンガマンの星獣には無かった新たな試みで上手く描けていたなと思います。

天使と神様は唐突に出てきましたけどそれでも受け入れらるのが今作らしいというかスーパー戦隊の懐の深さというか。
子供番組にはこういうのも必要ですよ。

投稿: んがよぺ | 2021年2月15日 (月) 15時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ゴーバスターズ感想記:33話と34話 | トップページ | 新ポケットモンスター第55話感想 »