« アバレンジャー感想記:25話と26話 | トップページ | ニチアサ感想・2021/1/10 »

2021年1月 8日 (金)

新ポケットモンスター第50話感想

1か月ぶりの放送且つ2021年最初のアニポケ。
やっぱりアニポケがあると違うなあ。心弾みますよ。

50話「ガラルの化石!がっちゃんこ!!」
脚本:藤咲淳一
コンテ:尼野浩正
演出:ウヱノ史博
作画監督:篠原隆

-3代目「1・2・3」-

OPの歌い手がまた変わって新年早々新鮮な気持ちを味わえて楽しい。
いや公式発表が放送直前でビックリしたけどね。もっと早く教えてくれないと。
からあげ姉妹が歌う「1・2・3」は可愛らしい曲調でこれも好き。

そして今後の展開を示唆する映像。サトシとゴウはもちろんコハルも加わった3人旅、かと思いきやダンデも一緒という賑やかな旅路が描かれてて楽しい映像に仕上がってました。
やっぱりダンデは今後も関わってくるみたいね。

サトシとゴウの謎ダンス、からのコハルに手を伸ばしコハルが笑顔で応える、ああめっちゃ好き!この演出最高です!
2人の影響でコハルにも変化が起きてる事を端的に表してるし笑顔のコハルが凄く可愛い。
その笑顔の傍にはワンパチとイーブイが。ポケモンと共に新しい世界へ踏み出してくコハルのドラマが集約されてて凄く良い。

そして!
やっぱりあったよサプライズ。アイリスにシゲル、待ってました!
雑誌のインタビューで匂わせがあったし3代目「1・2・3」でアローラ組のサプライズがあったからきっと今度もと思ってたけどやっぱり。
登場がいつになるのか分からないけど再会の時が楽しみです。


-コハルが可愛い-

今回はコハルの一挙手一投足にキュンとする。
研究所へ帰って来てワンパチとイーブイと戯れる様子、サトシとゴウの冒険に同行しワイルドエリアで化石発掘とカレー作り、特別な事をしてるわけじゃないけど愛おしく思えた。
前回イーブイをゲットして新しい一歩を踏み出したことが効いてるんだと思う。
サトシとゴウの冒険を遠目に見ていたコハルがだんだんと2人に近づいてきてついに他の地方まで付いて行くほど変わってきた。その変化によってこれまでよりずっと活き活きとしてるのが感じられるからキュンとしたんだと思う。
久々のアニポケ且つ新年最初の放送、新OPでもコハルが魅力的に描かれてるのも追い風になってる。
新OPと共にコハルの活き活きとした姿が見られて凄く心が潤いました。


-ガサツでウカツな化石発掘-

発掘現場で出会ったガサッツとウカッツ。名前からして嫌な予感しかしなかったけど、やっぱり復元する化石を取り違えて想定とは違うポケモンが復元されてしまった。
合間のカレー作りでもいい加減だったし。名は体を表すを地で行ってるよ。
38話で化石の事を教えてくれた博物館の館長さん。口癖は変だけど丁寧に化石の事を教えてくれた彼とは雲泥の差。
今回館長さんが再登場したのは、化石の研究者として2人との違いを浮き彫りにするためでもあったのかなと思う。

化石の取り違えによってパッチルドンとウオノラゴンが復元された。
想定と違うのに無理やり仮説を唱えてさも分かってるように振舞う2人。
2匹が暴れ出しても止めないしとことんいい加減。
そこまでキャラを貫き通したのは呆れを通り越して却って清々しかったです。


-いつも通りに-

ウオノラゴンに追い回されるサトシとピカチュウ。最初は噛まれそうになって危険を感じたのに川に辿り着いてウオノラゴンは泳ぎたかったんだと分かると様子が一変。一緒に楽しい表情に変わって凄く活き活きとしてる。

ゴウはバトルでパッチルドンを抑えて落ち着かせようと試みる。
ウオノラゴンが衝突するという騒がしい事にはなったけど結果としてパッチルドンが落ち着いてホッとした様子で。

取り違えて生まれた2匹だけどサトシとゴウにとってはいつも通りポケモンとの新たな出会いに向きあってる様子が表れていたのが良かった。
そしてまさかのダブルゲット。2人が同時にポケモンゲットはこれが初めてだったか。
心通わしたポケモンを仲間にする。出自が特殊なポケモンであっても2人にとってはいつもと変わらぬことをしているのが良かった。


-結果オーライ-

ガサッツとウカッツのいい加減な振る舞いで生まれたポケモンが新たな仲間としてサクラギパークに迎えられ、今回の依頼をしてきた館長さんも満足していて。
カレー作りもコハルがデザートに用意したホイップを勝手に使われたけどみんなで美味しく食べることが出来て。
いい加減なキャラの振る舞いが事を招いたのに結果は丸く収まってる。
ヘイトが溜まってもおかしくないところだけど不快感を覚えるよりドタバタした展開とキャラクターの表情が活き活きとしてたおかげで素直に楽しいという印象でした。

新年最初の放送として素直に楽しめて気持ち良かったです。
それと繰り返しになるけどコハルが可愛かった。
最後にレポートを書く様子も楽しそうで今後の彼女の活躍も益々気になるところ。
今年も良い話がたくさん見られることを期待してます。

|

« アバレンジャー感想記:25話と26話 | トップページ | ニチアサ感想・2021/1/10 »

新アニポケ」カテゴリの記事

コメント

OPは今後の展開を思わせるようにシゲルやアイリスが再登場すると決まりましたね。個人的にはカロス四天王のガンピが出る事に驚きました。思えばアニポケにはアニメ未登場の原作キャラが多数いますし、全地方を舞台にしてるから出来た事でしょう。今までの幻はもちろん新しいザルードがいたのもワクワクしたし、楽しみですね。

内容はガラル化石の話という事でちょっと不安だったけど、なんだかんだほのぼのした内容だったしツイッターの反応も割と好評寄りだったので良かったです。

ガラル化石で1番気になっていたのがサトシとゴウの反応で、どうなるかと思ったけど、二人共しっかり心通わしてくれたのが嬉しかったです。化石の取り違えで復元されたとは言ってもどんな姿であれちゃんと受け入れてくれた二人の姿勢が良かったし、彼らが世話をするならば大丈夫でしょう。

こないだの話に関してはネットの意見がどうとかってのもあるけど、僕としてもこいつらの設定は子ども向けゲームにいいのかとネット抜きにして不安あって。でもアニメはアニメなりに解釈してくれたし、変にぶっ飛びすぎて炎上するよりはある程度吟味して話を作ったからこれでいいんでしょうね。

次回はこれまた無印で訪れなかったイワヤマトンネルに向かうそうで。出番が少なすぎて心配だったサトシのガラルカモネギが主役らしいしことしも楽しくやりたいですね。

投稿: アルター | 2021年1月 8日 (金) 23時22分

コメント返信:アルターさん

新年と共に新OPとなって心躍ります。
ガンピの他にも未登場キャラクターが日の目を見る時が来ると良いですね。

サトシとゴウがいつも通りポケモンの一種として化石ポケモンに向きあってくれたのが良かったです。
想定とは違う生き物が生まれるってそれこそミュウツーのように重い話になってもおかしくないところを一つの命として他の命と同じように向き合うことを自然と描けていたのは偉かったと思います。
自分は全然心配してませんでしたが予想以上にスッキリ楽しく纏まってた印象です。

投稿: んがよぺ | 2021年1月10日 (日) 13時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« アバレンジャー感想記:25話と26話 | トップページ | ニチアサ感想・2021/1/10 »