« 感想:ウルトラマンZ第24話 | トップページ | ヒープリとキラメイジャーが好きという話し »

2020年12月13日 (日)

ニチアサ感想・2020/12/13

ヒーリングっど♥プリキュア 36話
仮面ライダーセイバー 14話
魔進戦隊キラメイジャー 35話

の感想を。

ヒーリングっど♥プリキュア
第36話「ナターシャのゆううつ お勉強大作戦!」

ナターシャって誰の事だよと思ったら ひなたのあだ名だったのね。
親友の えりこをエリザベス、ひなたをナターシャと呼び合ってた事が回想で描かれて。
小さい頃の ひなたがカッコいいあだ名にしようと言い出したんだろうなと想像に難くない。

久しぶりに会った えりこがよそよそしい態度で時が経てば友達じゃなくなってしまう、のどかと ちゆともいずれそうなってしまうのではと ひなたは不安に駆られる。
2人と同じ高校に進学し一緒にいられるようしたいと勉強を始めるが上手くいかず。
一つの事に集中するのが苦手と以前も語られてたし今回も改めてその様子が表れてて、すぐに別の事に気が散ったり参考書に統一性が無いところにも彼女の弱点がうかがえる。

ちゆが理詰めで教えようとしても上手くいかず のどかが連想で英単語を覚えられるようにとアプローチを変えてもそれも明後日の方向に思考が進んでしまって。
そもそも違う学校に行くと友達じゃなくなるのかとアスミが核心を突き、今 ひなたに必要なのは えりこと話すことだと結論に。
ひなたの弱点を今すぐ改善できるわけじゃないけど友達のために出来る事をして今必要な事は何かと答えを探す手助けをしてくれてるのが素敵です。

えりこは ひなたを嫌ったわけじゃなく今の友達と仲良くしていることに嫉妬していたと明かされる。
咄嗟のあだ名呼びで抑えてた気持ちが顕わになるのも再会時の ひなたの現状報告が伏線だったと分かる構成も良いな。
離れて時が経っても友達でいたいと思ってる事を ひなたと えりこが互いに確かめ合えて良かった。

合宿のおかげでテストの点数は・・・下がってるー?!
一朝一夕には良い結果は出せないか。今すぐ変わるわけじゃないけど勉強して のどかと ちゆと一緒にいられるようにしたいという思いは本当で勉強は続けていくというのは、厳しくも誠実な締め方だったと思います。
えりこも交えて皆で撮った写真が最後に映るのが素敵。この友情を失くしたくないという願いが込められてる感じがして良かった。


仮面ライダーセイバー
第14章「この思い、剣に宿して。」

カリバーはやはり健在で野望は潰えてなかった。
世界を守るために賢人の思いを継いで立ち上がる剣士たち。賢人のライドブックを使って戦うのが良い演出。
真実を話してくれれば賢人が苦しむことは無かったと尾上が。お前より賢人の方が強いと叫ぶ蓮。
賢人に代わり思いを語るのも皆が賢人を思ってくれていたのが分かってグッとくる。

火炎剣と賢人の雷鳴剣の二刀流で戦う飛羽真。
前回手に入れたドラゴニックナイトの力では無くあえてこちらを使って戦うのが賢人の思いを背負っているのが表れてて凄く良かった。
二刀流の剣戟が映えるのはもちろん背負った思いも合わさって目を見張りました。

ライドブックを剣士たちで共有しフォームチェンジや技を駆使するのがカッコ良い。
販促にもなるし使えるものは全部使って総力を挙げて野望を阻止しようという気迫を感じて良かった。
どうしても主役のセイバーと2号ライダーのブレイズが美味しいところ持っていくことになるからバスター・剣斬・スラッシュにも見せ場を作ってくれて嬉しい。

新たな力を得て倫太郎も前線へ。
キングライオン大戦記に変身。その傍で芽衣がわちゃわちゃしてて可愛い。
倫太郎のこと好きなのがよく分かる。まさかの大変形にも興奮してて一々楽しい。
厳しい戦いの連続で重くなりそうな空気の中で彼女の存在は清涼剤です。


魔進戦隊キラメイジャー
エピソード35「マブシーナ放浪記」

マブシーナがお茶で酔っ払い大騒動に発展というとんでもない話。
目を覚ましたマブシーナの前に広がる惨状、博多南が珍しく切れ気味の声色なのが彼女が起こした珍事がいかに酷かったかを物語っている。

酔っぱらって宝を探すと飛び出していったことまでは分かっていて、じゃあ一緒だったはずの宝路は何処へ?と謎を解き明かしていく展開。
偶々ヨドン軍の悪事の現場に遭遇したことで邪面師もヨドンナも巻き込まれるという珍事。
敵幹部が丁寧に説明してくれるとは何だこの状況?と思ったらその時偶々食べたアイスが気に入ってまた食べたくて地上に降りてきてたのね。
ヨドンナがアイスを食べてるのを2度見するクランチュラ、めっちゃ面白かった。
そしてアイス屋のおじ・・・お兄さんは松本 寛也さん。ちょうどYouTubeのゴーバスターズの配信で登場したばかりだから良いタイミングのゲスト出演が嬉しいです。

宝路がゴルフ邪面と戦うがマブシーナの暴走で2人とも振り回され、混乱の中で宝路がゴルフ邪面に打たれて邪面獣の中に飛ばされるという大ピンチ。
それを助け出そうとドリジャンを呼んだもののゴルフ邪面が無理やりコックピットの座らされて操縦できないま湖に沈むという無茶苦茶な状況。
こんな騒動に巻き込まれたら悪役とはいえ文句も言いたくなるし色々話してくれるのも納得だわ。
とはいえキラメイジャーのピンチなのは変わりなく。宝路が邪面獣もろともガルザに消されかねないピンチだし、そうなる前にゴルフ邪面を倒して助け出さないといけない、カオスなのにピンチをどう乗り切るかという緊迫した展開が面白い。

迷惑をかけまくったマブシーナがどうすれば良いかと考え、博多南の誠意を示すという言葉を思い出しゴルフ邪面攻略のために誠意のゴルフボールを生み出す。
騒動の引き金になったお詫びの品を包むシーンがピンチを乗り切るヒントにもなるというのが上手い構成。
ゴルフだからまんまゴルフボールで倒すというのも面白かった。
ボールを打ち繋いで見事にカップイン、からのその腕前を称賛してからゴルフ邪面大爆発。ゴレンジャーの仮面怪人の断末魔を思い起こす演出に拍手です。

ガルザが邪面獣を倒す寸でのところで宝路が切り離されて何とか無事だった。
スモッグジョーキーが邪面獣を倒す絵が凄くカッコ良い。まさかこんな形で敵メカの活躍を見ることになるとは。
で、当のガルザはあと一歩のところで宝路を消せなかった事に気付いてないのがまた面白い。

今回の騒動を反省して日記をつけてたマブシーナがまたお茶を飲んでしまい・・・やっぱりそういうオチか。
予告の時点でカオスになるのは分かり切ってたけど想像以上に滅茶苦茶。敵まで巻き込んで文句を言われるとか相当だよ。
前回は真面目に大ピンチで今回はカオスで大ピンチ。山口さんのメイン監督しての力量が見られて滅茶苦茶面白かったです。

|

« 感想:ウルトラマンZ第24話 | トップページ | ヒープリとキラメイジャーが好きという話し »

ニチアサ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 感想:ウルトラマンZ第24話 | トップページ | ヒープリとキラメイジャーが好きという話し »