« キラメイジャーの玩具の話し | トップページ | アバレンジャー感想記:7話と8話 »

2020年11月 6日 (金)

ゴーバスターズ感想記:5話と6話

毎週日曜日に東映特撮YouTube Officialで特命戦隊ゴーバスターズが配信されてます。
今週も簡易に感想を。

5話「キケンな熱暴走!」
2012年3月25日放送
監督:中澤祥次郎
脚本:小林靖子

・リュウジの熱暴走
戦い続けると熱暴走するのがリュウジの弱点。これまで言及があったもののそれが露見したのは今回が初めてで、敵も味方も無くただ戦い続ける豹変した姿にヨーコは動揺を隠せず。
初めてそんな姿を見たことにショックを受けるがそれはリュウジがずっとそれを見せまいと気を使ってたのだとヨーコは気付く。
年長者が心配をかけまいと年少者を気遣うのは当然の心理だけど、でもチームとしてこれから戦っていく以上いつまでもその気遣いが続くわけじゃない。
仲間の良い面も悪い面も知った上で信頼しなければ戦っていけない、厳しいけどそれを受け入れ成長していくドラマが素敵。


・みんな完璧じゃない
ショックを受けてるヨーコにズバッと言い過ぎちゃうヒロム、しかし慰めにハンカチを渡したり彼なりに労わろうとしてるのは分かる。
またフリーズしちゃってエースが動かなくなってるところに吹っ飛ばされたメガゾードがぶつかってフリーズ解除。この方法が後々また活きてくるのが面白い。
弱点を晒したヒロムとリュウジをだらしないと冗談めかして言いながらヨーコも充電切れてダウンするオチも良し。
それぞれ完璧じゃないだらしないところがあるからこそチームで戦う意味がある。
弱点を悪いことというよりチームでいる意味や結束を強める意味合いで扱ってるのが好感触。


6話「合体!ゴーバスターオー」
2012年4月1日放送
監督:渡辺勝也
脚本:小林靖子

・基地崩壊の危機
4話で倒し鹵獲したメガゾードが再起動して基地崩壊の危機が。
再起動のためエンターとメタロイドが基地に侵入。まだ序盤で敵の侵入と攻防が描かれるとは厳しい戦いを印象づける見応えある展開です。
いざという時にはと用意されてた自爆プログラムがエンターに利用されて格納庫に閉じ込められたリュウジとヨーコに命の危機が。
リュウジはこの状況を脱するにはヒロムしかいないと即座に判断し彼を信頼して逃がした。
息を飲む攻防の中で一番のカギは仲間を信頼するということ。それが大事だと描くのがやっぱりスーパー戦隊だなあと思い。


・合体ロボが見せる絆
ガンマタイプのメガゾードへの対抗手段としてシミュレーションを繰り返してたゴーバスターオーへの合体。
合体にも訓練が必要だと描いているのが今作がロボを描くことに注力してる事がうかがえて良き。
何度やっても失敗するのはヒロムのタイミングが合わないから。敵の妨害に1人で対処しようと動いてしまうために合体のタイミングがズレるということ。
仲間を信じてないわけじゃないけど天才であるが故に自分で出来る事は自分一人でやってしまおうと癖がついていた、13年間リュウジとヨーコと離れて一人で戦いに備えていたための弊害。
天才だけど完璧ではない。仲間に任せることも必要だとヒロムが気付くことで合体は成功し今回のピンチも乗り切ることが出来た。
前回に続きチームで戦う意味を描きそれをロボの合体と絡めて表してるのが素敵。
ゴーバスターオーの合体シークエンスも必殺技もみんなカッコ良すぎるし、それにドラマが絡み合ってさらに映えて見える。

|

« キラメイジャーの玩具の話し | トップページ | アバレンジャー感想記:7話と8話 »

特撮」カテゴリの記事

コメント

他の二人のウィークポイントはニワトリを見るとフリーズする、お菓子を食べないと動きが鈍ると比較的絵面としてはマシ(言い方アレですが)な所リュウジのはガチでおっかない。オーズのプトティラもそうですが、ヒーローが自分の中の何かで暴走する姿は本当に辛い。しかしその暴走に呑まれないよう努力する姿はカッコよかったし、時にはその弱点を長所として活かす姿もあったから尚更応援したくなる。子供受けしなかったのは残念だとしてもそういうヒーローの姿を描いていたのは褒めてもいいと思いますね。こういうシリアス場面があるのに子供達が心に響かなかったのが悪いという意見ありますが別に子供達に非は無いですよね?

そして満を持してのゴーバスターオー登場。細身のエースからのゴチャゴチャ感に賛否ありますが、個人的にはゴツいが故に力強さを感じますし、合体の手間の掛かり具合も息を合わせるようチームワークを大事にしてるのが伺えるし、改革をしたと言ってもそこは戦隊なんですよね。後、個人的にはレッド専用機が単独でロボになり、必要あらば他のメンバーのメカと合体して更に強いロボになるのはダイレンジャーにおける龍星王からの大連王を思わせました。

それとガオレンジャーの配信やるんですね。感想書くのか知らないけど、余りコメント書きすぎるとそちらも大変だと思うから今後の事考えようと思ってます。場合によっては不定期か1、2話の感想で以前書けなかったガオレンジャーに思ってる事だけ書いてそれ以後はノータッチにしようとも思ってるのですが……なるべくそちらが手間を掛けないよう心掛けようと思います。

投稿: アルター | 2020年11月 6日 (金) 19時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« キラメイジャーの玩具の話し | トップページ | アバレンジャー感想記:7話と8話 »