« 感想:ウルトラマンZ第21話 | トップページ | ゴーバスターズ感想記:11話と12話 »

2020年11月22日 (日)

ニチアサ感想・2020/11/22

ヒーリングっど♥プリキュア 33話
仮面ライダーセイバー 11話
魔進戦隊キラメイジャー 32話

の感想を。

ヒーリングっど♥プリキュア
第33話「思い出の再会!過去のわたしの贈りもの」

かつて病床に伏せる のどかを励まし続けてくれた蜂須賀先生と再会。
のどかが友達と楽しく過ごす様子や食事の席で料理に舌鼓をうつ姿は感慨深いものだったことだろう。
のどかが元気な様子が良く描けていて視聴者としても嬉しくて温かい気持ちになっちゃう。

しかし先生は病院を辞めるという寂しい話を聞き、しかもそのきっかけが のどかの病気を治せなかったことだとさらに追い打ち。
ダイルイゼンが のどかの中で育っていた事実が今また のどかを苦しめることになるとは。
29話でダイルイゼンの事は吹っ切れた・・・わけじゃなかったのねやっぱり。あれで終わりだとは思わなかったけどまさか恩人の人生を左右させることになるとは厳しすぎる。

でも先生の決断は研究職で病気と闘うという違う形で人を救う道を選んだんだということ。
励ますだけなら誰にでも出来るとは言ったけど、先生の励ましが のどかを支えたし のどかが先生に宛てた手紙が励ましになって新たな道へ進む決意をうながした。
励ましだけでは病気は治らないけど無駄ではない、その思いも力になって誰かの支えになると表れてたのが良かった。

先生を取り込んだギガビョーゲンが大暴れ。アクションシーンが力入ってて見応えありました。
ギガビョーゲンもしぶとければプリキュアも諦めず何度でも向かって行く。
敵との攻防がいつも以上に力が入って描かれてるのは、病気と闘う事は諦めない事でそのために医者も挫けないという表われ。
先生が新たな道で病気と闘い続ける事を選んだようにプリキュアだって病気と闘うのを諦めない。そんな意味が込められてたのかなと思う。

進化したダルイゼンはキュアグレースと対峙。
諦めず向かってくる様子に苛立ちを覚え、これまでに無かった感情を露わにした叫び声。
感情の発露も進化の影響なんだろうか。


仮面ライダーセイバー
第11章「乱れる雷、広がる暗雲。」

カリバーの予想外の正体に心乱れる賢人。全ての謎は大地から聞き出そうと彼を追うがそれを止めようとする倫太郎と衝突する。
組織の一員である前に一人の人間だと私情を諫めようとする倫太郎に賢人は反発。組織のために規律を守ろうとする倫太郎の考えもまた私情だろうと厳しい言葉までかける有り様で。
前回共に戦おうと誓いを果たしたばかりなのにこんなすれ違い、悲しい。

親がいない倫太郎にとっては組織が家であり仲間たちが家族。厳しいことを言われたのにそれでも賢人を放っておけないのが倫太郎が仲間を心底想っていることが分かる。
カリバーの攻撃から賢人を庇って重傷を負う倫太郎。自分も私情で動いてしまったとその言葉が切ない。
私情のために暴走してカリバーに殺されそうになった賢人が倫太郎の私情で助けられるのが皮肉。

大量のメギドが現れ多くの人が犠牲に。人が赤い染みになる様子が恐ろしすぎる。
飛羽真と漣がメギドを倒すがそれも敵の計画のうち。大がかりな作戦、30分後でも大変な事になってるし気が休まらない。
大地は新たなライドブックでカリバージャオウドラゴンへ変身。マントを羽織っていかにも強そうなビジュアルに恥じぬ圧倒的な強さを見せつけてくれた。
エスパーダの必殺の一撃をものともせず押し返す攻撃がカッコよすぎた。


魔進戦隊キラメイジャー
エピソード32「小夜に首ったけ」

小夜が幼馴染の日下と再会し、もしかしてプロポーズかと妄想を滾らせて大盛り上がりの一同。
恋バナに盛り上がる様子が楽しいし当の小夜は日下に焦らされて本当に気持ちが惹かれていく様子でこちらもニヤニヤしちゃう。
盛り上がる一方でもし本当に結婚しちゃったらキラメイジャーを辞めてしまうのかと心配になる仲間たちだったけど、小夜は結婚しても辞めるつもりはなく家庭を持つのもキラメイジャーを続けるのも大変になるけど頑張ろうと思ってたと日下に語った。
小夜が決める事なら尊重したいけどチームを辞めるのは寂しい仲間たち、大変な日々になってもキラメイジャーを辞めるつもりは無い小夜、相思相愛じゃん、好き。

邪面師となぞかけ対決。答えを出さなければ攻撃が通らないというめちゃくちゃ厄介な奴。ゴレンジャーにはなぞなそがあったけどそれをオマージュして敵との駆け引きに昇華してるのがお見事。
小夜の言葉から答えに辿り着き今度はこちらからなぞかけという意趣返しでトドメをさす決着も面白かった。


日下が小夜に話そうとしてたのはヨドン軍の生物兵器を育てていて小夜と自分だけでも助かろうとしていた事だった。
小夜の知識を借りたり一緒に助かろうと考えたり彼女の事を信頼し想っていた事は本当なんだけど、敵の事を知る程恐れ諦めて屈する事を選んでしまったのは悲しい。
でも小夜に諭され彼女の奮闘を見て勇気を振り絞った日下は仲間にピンチを報せに走る。
一人で抱えると心が負けちゃうけど誰かの励ましやキラメク姿を見ればまた頑張れる。道を誤った彼にも立ち上がるチャンスが描かれたのが良かった。

久しぶりに姿を現したガルザ。史上最大の作戦は大げさな話しじゃなくじっくり準備を進めていた模様。
ハコブーを操り王の居る聖地に乗り込み地上には3体の邪面獣が現れてと本当に大ピンチ。
恋バナとなぞかけ対決の賑やかな絵から本気の大作戦というテンションの切り替えが面白かった。

|

« 感想:ウルトラマンZ第21話 | トップページ | ゴーバスターズ感想記:11話と12話 »

ニチアサ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 感想:ウルトラマンZ第21話 | トップページ | ゴーバスターズ感想記:11話と12話 »