« ハリケンジャー感想記:31話と32話 | トップページ | ニチアサ感想・2020/08/02 »

2020年8月 1日 (土)

感想:ウルトラマンZ第7話

7話「陛下のメダル」

ストレイジ本部でカップ麺にがっつくリク。ちゃっかりカップ麺のパッケージにネタが仕込まれててニヤリ。
ヨウコとユカに素性を聞かれて誤魔化すためにヘビクラと口裏を合わせる。その言い訳にもネタがあってのっけから楽しい光景。

なんて思ってたらリクが攫われる急展開。
カブラギが完全なベリアル因子を手に入れるためにリクの遺伝子を利用しようと企んでのこと。
父をもう眠らせてほしい。ベリアルの力を悪用させたくないだけではなく眠らせてあげたいというのがリクの優しさを表しています。

リク救出のため兵隊のバリスレイダーと戦闘に。
さらにZがハルキの体を借りて人間サイズのままでアクション。Zに助けられたヨウコのなんと嬉しそうなことよ。
素面アクションにヒロインの手を引き踊るような立ち回り、監督の趣向全開ですね。

先回りしてリクを助けたりヘビクラとして指示を出してヨウコに変身を見られないように計らうジャグラー。
正義に目覚めたと冗談めかして言ってるけど、真面目に平和のために戦ってるように見えますよ。


カブラギがベリアルメダルの力を使いスカルゴモラに変身。
さらにサンダーキラーにペダニウムゼットンとベリアル融合獣に自在に姿を変えてZとジードを追い詰める。
連続フォームチェンジは坂本監督十八番の演出だけど、それを怪獣でやるとは。
別の怪獣に自在に変れるのはベリアル融合獣だからこそ成立するギミック、上手い事考えたなあと思います。

2人のピンチに駆け付けたのは遅れてやって来る主役、ウルトラマンゼロ。
また後輩の番組乗っ取ってる。シャイニングゼロの力を使って消耗したから来るのが遅れたと今のタイミングになった理由があったのが丁寧だなと思います。
3人のウルトラマンの共闘でベリアル融合獣を撃破。やっぱりヒーローが並ぶ絵はカッコいい。

デビルスプリンターの脅威に対処するためゼロとリクは地球を離れる。
ハルキはリクとの約束を守ると自分たちの力で戦っていくことを宣言。
先輩に頼りっぱなしの展開にせずに今のヒーローが自分たちがやると言えるのが良かった。

|

« ハリケンジャー感想記:31話と32話 | トップページ | ニチアサ感想・2020/08/02 »

ウルトラマン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ハリケンジャー感想記:31話と32話 | トップページ | ニチアサ感想・2020/08/02 »