« ハリケンジャー感想記:27話と28話 | トップページ | ニチアサ感想・2020/07/12 »

2020年7月14日 (火)

新ポケットモンスター第27話感想

27話
「めそめそメッソン」

脚本:土屋理敬
コンテ:齋藤徳明
演出:小柴純弥
作画監督:武内啓 志村泉 柳原好貴

-透明と涙-

ガラルの名物であるカレーを堪能する一同。どれも美味しそうで見てるだけでお腹空いてくる。
そのカレーが突然消えた?その真相は透明になれるポケモン・メッソンがつまみ食いをしたから。
突然姿を現したメッソンに興味津々のサトシとゴウだが、その眼には悲しくも無いのに大粒の涙が。
泣きながら話すのが面白すぎるし他のポケモンたちも号泣してる様子に笑いを堪えられない。
今回の予告のナレーションも泣きながらで笑っちゃったのに、本編始まって早々にまた大笑いで、今回はこの涙の演出でたっぷり楽しませていただきました。


-まさかのゲット-

メッソンを気に入ってゲットしたいと行方を探すゴウ。
水に触れることで透明になれるから噴水付近にいるかもしれない、ジョーイさんに教えてもらったとおりに噴水に近づき呼びかけてみる。
実はそこがドンピシャでメッソンは水のベール越しにゴウを見ていてゴウの言葉は真っすぐメッソンに届いていた。
この演出がオシャレでとても良かった。知らずのうちに運命の出会いをしているというのが素敵。

ここには居ないのかと諦めて何気なく投げたモンスターボール、それが見えないメッソンに当たってそのままゲット。
メッソン当たった事にすぐには気付かず、メッソンが登録されたと図鑑の音声で気付いて驚くというのが面白い。
投げるだけでゲットというゴウの基本スタイルを活かしながらこんな変化球を見せてくれるとは面白い。


-悪役の目にも涙-

ピカチュウを狙ってたら風に流されガラルまで来てしまったロケット団。
途方に暮れていたが偶々メッソンを見つけてこの子を人質にピカチュウを手に入れようと考える。

メッソン何処だー、此処だー!
何だ?何処だ?
何だ?何処だ?と聞かれたら~とロケット団の名乗り。
ここのサトシとゴウとロケット団の掛け合いがテンポよくて滅茶苦茶面白かった。
台詞も演出も良いセンスしてます。

メッソンを人質に高笑いしてたロケット団だが彼らもメッソンの能力で号泣。
ピカチュウは渡さないと要求を断られた自分たちは可哀そうだと言い始めて、悪いことしてるのそっちなのに彼らの方が可哀そうに見えてくるというおかしな状況にまた笑ってしまう。
これが演技で泣いてるなら可愛そうには感じないけど、メッソンの能力で強制的に涙を流しながら喋ってるから彼らの言い分が正当であるかのように錯覚しちゃうのが面白い演出。

いつも通りガチャでポケモンを呼び出しバトルへ。
ジバコイルにアーマルド。この2体には催涙効果も効かな・・・って思いっきり泣いてるし。
顔の真ん中にあるのは目ではなくて両端にある目から落涙。何でこの2匹のセレクトかと思ったらそういうギャグをやるためだったのね。
ポケモンの特徴を活かしたギャグの発想に脱帽です。


-ゴウとメッソン-

ゴウはスナヘビをゲットしようとメッソンにバトルをさせたが、メッソンはバトルの途中で逃げ出してしまう。
無理にバトルをさせた自分から逃げ出して当然だと、ゴウは自身を卑下する言葉を零す。
だったら次は上手くやればいい、最初から上手くはいかないとサトシから励ましの言葉。たくさんのポケモンを育ててきて失敗も経験してきてるサトシが言うと説得力あります。
ゴウの反省はトレーナーとしての自覚と成長があればこそ出てきた言葉だし、成長の一歩を踏み出してるゴウをトレーナーとして先輩であるサトシがそっと励ますのが素敵です。

メッソンを馬鹿にするロケット団に対し、泣き虫だけど弱虫じゃないとゴウは叫ぶ。
メッソンの強さを信じるその叫びが届きメッソンは自力で脱出、ゴウが信じた通り弱虫じゃないことを表してたのが良かった。

都会の雑踏から噴水でゴウが呼びかけてくれた時の光景に切り替わるイメージカットの演出が素敵。
不安を抱いていたメッソンにとっては自分に好意を持ってくれたゴウの言葉が嬉しかったのが分かる。
そのゴウが自分を信じてくれるから力を振り絞れた。泣き虫のメッソンが誰かのために勇気を持つという流れが素晴らしかったです。

思いがけないゲットからゴウとメッソンが互いを思う心が描かれたのが素敵。
弱虫じゃないとゴウに褒められて嬉し涙が零れそうなメッソン。最後まで涙の演出が使われてるのも良かったです。


サブタイトルの語呂が良いしのっけから涙の演出に笑わせていただいて最後は嬉し涙、メッソンの催涙の力を活かした脚本と演出にただただ脱帽の回でした。
催涙効果を防ぐためにゴーグルを付ける、そのヒントはバリヤードからというのも面白かったな。
ラビフットが涙を堪えようとしてたりスマホロトムまで涙を流したりとことん面白い絵が続いていました。
その他涙以外だとリオルが何故か穴を掘っててスナヘビを起こしちゃったり、ロケット団の気球が風に流れてる時の様子だったりモルペコに吹っ飛ばされたり、楽しい絵でした。

|

« ハリケンジャー感想記:27話と28話 | トップページ | ニチアサ感想・2020/07/12 »

新アニポケ」カテゴリの記事

コメント

先週のラストから予想はしてたけど、いざゴウがゲットしたとなると驚きますね。最終進化後のインテレオンはゲームで素早さが高く設定されてて、なおかつサトシのエースはジュカインやゴウカザル、サトシゲッコウガやたそがれルガルガン等素早いポケモンが多い為にサトシがゲットする物と思ってただけにゴウがゲットしたのはやっぱり驚いたと言うか。

今までのアニポケが無印とBW=サトシが御三家全てゲット、AGとXY=御三家をレギュラーが一匹ずつ、DPとSM=サトシが草と炎所持して水はヒロインが持つって感じだったので無印とBWと新アニポケは主人公が御三家全てゲットという形になってるんでしょうか?このような事考えたらサルノリもゴウにゲットしてほしくなったのですが………

今回特に印象に残ったのはゴウのポケモンに対する姿勢ですね。最初のゲットこそ偶然ではありましたが、何が何でもゲットをドラマチックにしなくてはいけないなんて決まりがある訳じゃないし、あんなあっけないゲットもありだとは思いますけどね。金銀とかでもゲストが偶然マダツボミゲットしたなんて回もあったし。しかしながら今回ゴウがメッソンをゲットした事について賛否あるようですがどうなんですかね?僕は寧ろ予想を裏切られて一本取られたのですが。
それにゲットしたことよりその後のゴウの対応の方が重要な感じあるし、メッソンを確認取らずバトルに繰り出した事を反省したのは22話でのラビフットの一件を思っての事だろうし、そんな落ち込むゴウをサトシが論する姿は23年主人公をやってるだけあって説得力がありました。

ロケット団を吹っ飛ばした後でメッソンに駆け寄り、臆病だけど弱虫じゃないと言ってたのも以前よりポケモンを良く観るようになったからこそ言えたのだと思うと、まだまだ甘さはあるもののゴウも少しずつ成長してるんだと思います。後、この間ヒバニーがラビフットに早く進化したのはこのメッソンゲットの事があるからでは?とも思えたんですよね。今後の展開についてゴウがメッソンを構いすぎる余りラビフットがどこかに行ってしまうような展開ありそうだなと思ったのですがどうでしょう?以前ハルカがアゲハント構い過ぎてアチャモが落ち込んだような感じで。

後、これだったらラビフットが近い内にエースバーンに進化してもあまり違和感が無いように思うんですよね。その前にメッソンがジメレオンに進化する必要あるかもですが、サルノリもどのような経緯でゲットするのか気になるところ。ゴウがバトル専門じゃないので引っ掛かるとこはありますが、最近でもまだボールをすぐ投げるとは言え少しはバトルするようにもなってるから今後に期待したいですね。

次回は久々にコハルが登場。ヒロイン枠ですが、リサーチに行かない関係で出番は少ない傾向にあるけど、この辺もなんとかなってほしくはあるんですよね。物語が半年以上過ぎたのもあり、少しずつ進んでいるのは間違いないので期待したいです。

投稿: アルター | 2020年7月15日 (水) 15時22分

コメント返信:アルターさん

公開されてたPVではサトシがメッソンをゲットすると思えるような編集になってたので驚いた、納得いかないという人もいるみたいですね。
自分は意外で良かったと思いますし、サトシが御三家を誰か1匹はゲットするというこれまでのパターンを崩してしまっても良いと思ってるので、サルノリもゴウがゲットしても全然アリだと考えています。

アニメディア最新号の米村さんのインタビューで、サトシは絆を結んでからゲットしてゴウはゲットしてから絆を結ぶと2人の違いを端的に語られていました。
今回のメッソンのゲットとその後の心の交流はその語り通りでとても納得のいく流れだと思いながら見ていました。
あっさりゲットはゴウにあってるやり方で、今回はメッソンの透明化と絡めていつの間にかゲットしてたという意外性を演出出来た好例だったと思います。
記事にも書いた通り徐々にトレーナーの自覚が芽生えてる事がうかがえますし、ゲットがあっさりだからってゴウがポケモンをないがしろにすることは無いと思いますので今後のさらなる成長に期待したいです。
それこそ仰るようにラビフットのさらなる進化や仲間が増えた事によって嫉妬したりしてそれにゴウがどう向き合うかというドラマも期待して良いと思うし、益々今後の展開が楽しみになります。

投稿: んがよぺ | 2020年7月18日 (土) 01時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ハリケンジャー感想記:27話と28話 | トップページ | ニチアサ感想・2020/07/12 »