« 雑記:ちょっとデジモンの話 | トップページ | ニチアサ感想・2020/03/08 »

2020年3月 7日 (土)

感想:ウルトラマン クロニクル ZERO&GEED第9話

9話「滾るぜ! 試練!!」

ゼロの次の授業は体育でドッジボール。勝ったチームの景品はゼリー、何で?
セミカはゼリー欲しさにやる気を出し、どうしても勝ちたいがために嘘泣きしてリクとペガのチームを抜け出す始末。
何故にドッジボールでゼリーなのか、突っ込む間も無くとんとん拍子で話が進んで行くのが可笑しい。
有無を言わさず授業を進めるゼロの態度にも笑っちゃう。仕草も声も笑わせる気満々、岩田さんも宮野さんもノリノリじゃないですか。


ウルトラゼロファイト 第1部

サーガから続くゼロの物語。
怪獣墓場の戦いで鮮烈なデビューを飾ったゼロが、自分が得た新たな力と向き合うため再びこの地を訪れる。
新しい力を嬉々として受け入れるのでは無く戦いながらピグモンを守ることで力の使い方を理解するというのが良いね。
レオの元で厳しい修行を積んでたゼロはピグモンを咄嗟に庇ったことで正しい心を学び、今回もまたピグモンを守ることで自分が何をするべきかを知る。
怪獣たちの魂を利用し力を得ることしか考えてないグラシエとは違う、小さな怪獣を守ることで力の使い方を知るゼロ、良い対比になっています。
ぶっちゃけキャラクター使い回しだしサーガの後だと絵もちゃっちいですが、それでも見れる話しになってるのはゼロのキャラが強いのと弱き者ために戦うヒーローの王道をしっかり描いてるからなんだなと思います。

|

« 雑記:ちょっとデジモンの話 | トップページ | ニチアサ感想・2020/03/08 »

ウルトラマン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 雑記:ちょっとデジモンの話 | トップページ | ニチアサ感想・2020/03/08 »