« ニチアサ感想・2020/02/23 | トップページ | 感想:ウルトラマン クロニクル ZERO&GEED第8話 »

2020年2月25日 (火)

久しぶりに見たゴセイジャーが面白かった

2010年に放送されたスーパー戦隊シリーズ34作目「天装戦隊ゴセイジャー」をリアルタイム以来に視聴したら楽しかったという話。
東映特撮YouTube Officialにて昨年の8月から今月までゴセイジャーが毎週2話ずつ配信されていたので欠かさず視聴していました。


ゴセイジャーは千葉雄大さんのデビュー作。普段はおっとりしてるように見えてここぞというところで熱さやを鋭さを見せるアラタを1年演じきって、デビュー作でこれだけのことが出来たんだから売れっ子になるのも納得だよ。
16話「ダイナミック・アラタ」めっちゃ好きです。


28話「おとうさんの宝物」で泣いた。放送当時も涙腺緩んだけど当時以上に泣いた。
天知親子が良いキャラだなって再確認できたし親子の絆は心に響きました。
エピソードの冒頭から涙腺緩んでクライマックスで号泣でしたよ。


サブライターとして参加してた下山健人さんと香村純子さん。当時からいい話を書く脚本家だと注目してたけど、改めて担当回を見るとやっぱり面白いし後に手がける作品の片鱗も見えて面白かった。
下山さんは20話「フォーリンラブ・ゴセイジャー」
香村さんは35話「パーフェクトリーダーを探せ!」
この回が特に面白かったです。


マスクやロボのデザインや主題歌にアクション、どれもカッコ良すぎるんじゃ。
アクション、特にレッドの動きがダイナミックすぎて目を見張りますよ。
竹内さん当時でも40歳でいいお歳なのにめちゃくちゃ動いてるのが凄すぎた。


敵組織の交代、強敵を退けたと思ったらまた新たな敵が人々を脅かす。
最終回かと思う決戦からまたすぐに新たな戦いが始まる構成、本当大胆なことしてたなあと。
しかもそれが真のラスボスの前座なんだから驚き。
序盤からラスボスの正体について伏線を張っておいて最終盤で全ての謎が明かされると、当時も驚いたけど改めて伏線上手いなあと感心。


倒れそうになっても新たな敵が現れても何度でも諦めず立ち上がるヒーロー。
人間の可能性を信じて星を守るために戦う天使、それがゴセイジャー。
敵がどんなに人間を見下し人間の闇を説いてもそれでも人間が切り開く未来を信じてそれを守るのだと立ち向かっていくゴセイジャーの活躍は本当にカッコ良かったです。


と、大雑把にですが再視聴して楽しかったこと印象に残ったことを書いてみました。
面白いエピソードたくさんあるし語りたい事あるけど長くなるのでこれくらいで。


で、再視聴を終えて忘れずに書いておきたいことが。


ゴセイジャー放送開始当時の自分は大手のBBSで番組の感想を閲覧する習慣があったのですが、そのせいで素直にゴセイジャーを楽しめなかった後悔があります。
シリアスなドラマで好評を得ていた前作シンケンジャーと比較してゴセイジャーは子供っぽいという風潮による批判、要するにアンチコメントを見過ぎてしまいその影響でゴセイジャーは不出来だと余計なフィルターをかけて見ていました。
そんなものナンセンス、比較や他者の言葉より自分の感性でゴセイジャーを見ればいい。今だったらそういうスタンスでアンチの溜まり場は無視できるけど当時の自分にはそんな切り分けができずつまらない言葉に影響されていました。
番組中盤頃にはいい加減そんなものは無視した方が良いと考え直したのですが、閲覧を止めても一度かかってしまったフィルターを完全に取り払うのは難しく。
結局放送当時はこの作品を過小評価してる感覚が心の隅に残ったままで、それを拭いきれなかったのが大きな後悔になりました。

あの時間をやり直せたらどんなに良いだろう。
叶わない願いですが、この度の配信で再びゴセイジャーに会えて彼らの活躍に心躍らせることが出来て、かつての後悔が少しだけ報われた思いでした。
ゴセイジャーを改めて見る機会が出来た事、配信してくれた東映には感謝しかないです。
本当にありがとうございました。

|

« ニチアサ感想・2020/02/23 | トップページ | 感想:ウルトラマン クロニクル ZERO&GEED第8話 »

ニチアサ」カテゴリの記事

特撮」カテゴリの記事

コメント

ゴセイジャーも10年ですか。もう早いですね。今回んがよぺさんの書いた事・・・よくわかりますよ。新アニポケ14話で僕がコメントで書いた事もこの記事でそちらが書いた事に近いところあるんですよね。僕は過去の記憶が曖昧でなんとも言えないところあるけど、当時もそのころのアニメや平成1期の仮面ライダー、戦隊が過去作品と比較されてる書き込み観て嫌な想いしたことあって、それでもあまり駄作だと思う物に出くわした事が無かったためそんなに気にはならなかったんです。

紆余曲折あって仮面ライダーWが好評を博したのもあってやっと平成ライダーが認められたのか!という高揚感に駆られていました。それと同じ時期にアニポケがベストウイッシュに切り替わる時タケシがデントと入れ替わる事知ってネットで騒ぐ人いる中やっと望んでいた事が起きたと思ってました。ストーリーが進む中シューティーが高圧的だったりしたこと初めとして評判は良くなかったものの、その内なんとかなると思っていて、シッポウジム後半でロケット団の出番が無かった時はもっと行けと思っていたところ・・・例の震災が起きてプラズマ団の出番が無くなったりネットでカミツレ戦が荒れたりしたし、ネットの書き込みに苛立つ一方自分も楽しめて無かった為もどかしかったんです。

2年目に入った所で思い切ってアニポケ観るの辞めて1年後にXYで戻った後、それ以外にも深夜アニメみるようになってたのですが、そうして深夜アニメと特撮を両立するのが難しくなってきたんですよね。特撮の感覚と深夜アニメ観る感覚が自分の中で共存しなくなっていたというか。

だから、これを機に特撮を卒業する事にしてトッキュウジャーを情が移る前に切って、鎧武も最後まで見ようと思ったのと同時にネットで今まで観たW~ウィザードがどんな評価受けていたのかなと思って知恵袋漁ったら・・・そちらがゴセイジャーで観たのと似たような書き込みばかりあって・・・。それを見て思ってしまったのが「何わけわからない事を皆言ってるんだよ・・平成ライダーが昭和と相当比較されていたの忘れたのかよ」見たいな気持ちにさせられたんです。

その過程で平成2期と同じ時期の戦隊やアニメが悪く言われてるの観て良い意見無いかと探しても中々見つからなくて気持ち張れないまま鎧武を終わらせてしまってね。それ以降アニメを高校生の頃のように楽しめなくなって。正直昨日書いた憎しみ抱いてしまったってのも自分で言うの難ですが、そういうやるせない気持ちもあったんですよ。

投稿: アルター  | 2020年2月25日 (火) 20時48分

知恵袋みるなって言われておいてすいませんが、それでも折り合い付けたい意味合いで置きますけど、https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q10161668825
https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q12154258687 こういうのとか観て自分が平成2期で観たものはなんだったんだって気持ちにもなったんですよね。平成2期は全体的に力不足的なのも見かけて更には10年代のアニメとかもちゃんと観れるのかって気にもなって。ですがこの時期のアニポケって結構盛り上がっていましたし、それと並行する形でスノードロップさんやんがよぺさんの純粋に楽しんでるの伝わるブログにも助けられてはいたんですよね。

少なくともスノードロップさんやんがよぺさんはしっかり自分の意見を持ってると思うし、目の前でなんかなーって思う部分あって文句言う事はあっても(ニチアサの感想ちょくちょく観てた)馬鹿にするような事はしないので、これこそ本当にアニメや特撮楽しむ人のあるべき姿だよなあ・・・って思いました。後、ネットでの過去の特撮やアニメをボロクソ言う書き込みとか知恵袋観て以降は過去作を観たらこいつらと同類になるのではって事思ってしまったんですけどそんなこと無いですよね?

とにかく前の記事で言ってくれたように惑わされないようにしようとは思うけど最後に。なんだかんだネットでいくら昔のアニメや特撮を最近のと比較する声をとは言うものの、BWをなんかなって思ったのは紛れもなく自分の中に沸いた感情なんですよね。それ故に不安もあって。

以前トッキュウジャー以降の戦隊やドライブ以降の仮面ライダー観て現行のリュウソウジャーやゼロワンに追いつきたいとは書いたけど、ニンニンジャーの評価に関してね。なんか主演の活舌がどうとか内容が駄作とかいうのあって観るべきかどうかというのあるんです。もうBW観た時の気分感じたくないって言うか・・・来週来るっていうジュウオウジャーは順番通りにトッキュウジャーとニンニンジャー見終えてからと考えています。もちろん最近のアニメも繰り返しますが、URLにあるような手抜きで内容ペラペラとかそんなこと無いと思いたいんです。そりゃなんかなって感じの作品もあるけど、それでもいい作品はあると信じたいし。

1つ前のコメントミスあったから消しておいてください

投稿: アルター  | 2020年2月25日 (火) 22時07分

コメント返信:アルターさん

昔の作品の方が~
最近の作品は~
そういう比較して何かを貶める言動本当に嫌いです。
アルターさんがご自身の感覚が変わったことを仰ったように誰だって作品を見る視点や感覚が変わることはあります。
それによって過去もしくは今の作品があまり楽しめないということだってあり得ることです。
それなのに安易に比較で作品を貶める言葉を綴る人たちは何を考えてるんだろうと、正直理解に苦しみます。

アルターさんはそんな人たちとは全然違います。そういう言葉に嫌悪を抱いてるし言葉遣いに配慮してるのもうかがえます。
彼らと同類なんてことないですよ、そこは自信を持ってください。

見たいと思ったら見る。楽しいと思ったら楽しいって言う。
義務感で見なくちゃとか自分に鞭打つような視聴をしなくていいし、批判してる人がいるから楽しいという感想を引っ込める必要も無い。
アルターさんの心の赴くままに作品と出会い心満たされることがあればその思いを大事にすればいい。
あなたの心をもっと大切にしてあげてください。

投稿: んがよぺ | 2020年2月27日 (木) 21時25分

ありがとうございます。まあ僕の場合、響鬼以前の平成ライダーとか過去のアニメ全エピソード観てなかったりするのもあって過去のアニメや特撮を観てたであろう彼らに対して嫉妬に近い感情も抱いていたから、そこは褒められないかなとも思っているんですよね。でも同時に今観てる作品は楽しみたいと考えているが故に、URLでの最近のアニメは内容ペラペラだとか電王以降は薄っぺらいっていうのははっきり言って作品に対する侮辱でしか無いとも思ったんですよね。少なくとも電王以降のライダーからは普通に見ていて内容が薄っぺらいとは思わなかったし、最近のアニメでも全部が良かったと言えるかわからないけど、それでも面白いと思えたアニメの方が多かったです。暴論を言ってしまってはあれですが、URLの知恵袋の回答者の方がアニメや特撮を語る資格無いように思えると言うか……負けないようにしたいです。

投稿: アルター | 2020年2月28日 (金) 15時30分

ゴセイジャーも10年ですか!ゴセイジャーはまだ未試聴で実質のゴウカイジャーVSゴセイジャーであるヒーロー対戦でしかまだゴセイジャーは観たことがなく、ゴセイジャーの記事でコメント申し訳ないです。

僕も凄く同感して想いが爆発したのでコメントさせて頂きます。

アニメや特撮って子供が観るものって思われがちで、凄く凄く寂しくもあり残念です

どうしてもどんなことに関しても固定観念にとらわれてことが多いような気がしてなりません

僕はある意味、子供のころファイブマン(ビデオで数話
途切れもあり(^_^;))の試聴くらいで戦隊ものを見る環境じゃなかったですし、そういった変身アイテム、ロボ関係を買ってもらったことがないのでその反動で今ちょくちょくロボなど購入しています
ある意味子どものころのことがあったからこそいまでも固定観念にとらわれることなく、アニメや戦隊ものが好きでいまでも玩具やろうなんだなと実感しています。


当時観た感覚と今改めて観るのって見方や感じ方が違うって本当に不思議ですよね。

最近、ゴーバスVSゴウカイ、ジュウオウVSニンニン、実質のジュウオウVSゴウカイ、ファイブマン(数話) 試聴して凄く今観るとより考え深く感じました。
とくにジュウオウVSニンニンの終盤の新親子三代だったり、紡いできたからこそ未来へそして新たなスーパー戦隊がうまれたというところが激アツダイオーでした。
キュウレンの登場のしかたが本当にうまく脱帽です
ファイブマンも号泣しまくりでした。だいたい泣くシーンは決まっているのですが、いつもは大丈夫だと想っていたシーンでも号泣したのは驚きでした

ファイブマンの初ファイブテクター全員が装着した回、ビリオンの最終決戦で、ニュータウン小学校の子どもにファイブマンの正体がわかる回で、男の子が(ファイブマン!)女の子が(兄弟姉妹先生がファイブマンだったなんて)というところも名シーンですし、最終回で男の子がバルガイヤーに襲われるシーンで兄弟姉妹先生が男の子を変身して助けるシーンもマジ格好よく、子どもころに観てたとき以上に興奮しましたね!

アニメや特撮は本当にいろんなことを教えてくれるので、ずっと好きでいつづけたいです

ゴウカイジャーも来年で、テレ朝が観れるようになってから初めて観てどはまりして想いれ深い、プリキュアの前身ともいえるおじゃま魔女ドレミが20周年で新作映画公開されるとのことで、楽しみでもあり本当ときがたつのがはやすぎ(^_^;)

投稿: リザードン大好き! | 2020年2月28日 (金) 20時33分

知恵袋の件ですが、僕としてもんがよぺさんがやってるようになるべく影響されないようにとは思ってますが、それでもなかなか拭いきれない物もあるんですよね……https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q10155352645でフォーゼの40個のスイッチはおもちゃ売りたいだけ的な事書かれていたり(普通に40周年とかけているのかって思ったのですが……)https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q11155920646で平成2期は全体的に力不足とか書かれているものの、DP以前のアニポケに不満感じていた僕としては平成1期やそれと同じ時期のアニメにも同じ事言えてるだろみたいな物もあったからやっぱりこのkas********って人の言ってる事は全く共感出来ないんです。書きそびれたけど、僕ってアニメを中学、高校の頃はそこまで触れた事なくて、大学に入ってから色々見る機会増えたからもっと楽しみたいし、それだけに最近のアニメが手抜きなんて事思いたくないんですよ。でも0年代のアニメは全エピソード観たもの少ないからやっぱり過去のアニメや特撮を全エピソード観たかもしれない人達に嫉妬も覚えてしまうし……

繰り返しますけど、僕はkas********とは逆に最近のアニメや特撮も十分面白いと思います。なんかなと思う物もあるけど、それでも楽しみたいし。だからkas********の言うことは真面目に読まなくていいですよね?もう一度書きますが負けないよう頑張りたいです。

投稿: アルター | 2020年3月 3日 (火) 17時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ニチアサ感想・2020/02/23 | トップページ | 感想:ウルトラマン クロニクル ZERO&GEED第8話 »