« 新ポケットモンスター第13話感想 | トップページ | 再会:ドラえもん のび太のドラビアンナイト »

2020年2月22日 (土)

感想:ウルトラマン クロニクル ZERO&GEED第7話

7話「気張るぜ! 逆境!!」

講師は再びのグレンファイヤー、やっぱり喋りが軽快で楽しい。
リクがダイナとコスモスの構えを真似してるのが可愛い。これはリクというより龍臣くんの素なんでしょうけど。
いい加減ゼロ本人が来ないかとぼやいているけど、やっと次回は本人登場・・・になるのかな。


ウルトラマンサーガ 第4章

意を決したタイガが再びゼロに変身。今度は半端な大きさではなく光の巨人として雄々しい姿になっている。
ウルトラマンの力を拒んでいたタイガがウルトラマンを信じろと言うのが熱い。

ダイナの復活と3人のウルトラマンの反撃。ここで「君だけを守りたい」をBGMにしてるのが何度見ても震えるカッコ良さ。
秘密を抱えていたタケルとアンナがダイナを蘇らせるために勇気を振り絞るのも素敵だし、諦めない心が希望を繋いでいく展開が本当に良い。

これで勝ったと思ったらゼットンが完全体となって一転してピンチに。
ハイパーゼットンの脅威が絶望感をこれでもかと表していて、一度希望を掴んだところでまた落としてくるのがこの映画の巧い構成だなと思います。

|

« 新ポケットモンスター第13話感想 | トップページ | 再会:ドラえもん のび太のドラビアンナイト »

ウルトラマン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 新ポケットモンスター第13話感想 | トップページ | 再会:ドラえもん のび太のドラビアンナイト »