« 雑記:ポケモン剣盾追加コンテンツについて | トップページ | ニチアサ感想・2020/01/12 »

2020年1月11日 (土)

感想:ウルトラマン クロニクル ZERO&GEED第1話

今日からゼロとジードの物語を振り返る新番組スタートです。

1話「学ぶぜ! 歴史!!」

オープニングがカッコいいです。
闇や悪の存在を示してから、それに立ち向かうヒーローの事を歌う歌詞が素敵。
歴代作品から歌詞に合わせた映像のチョイスもハマってて凄く良いです。

ビヨンド学園のゼロ組でリクとペガが授業を受けるという話。
教室にある習字には「二万年」と書かれているし、学校と教室の名前といいゼロ本人が居なくてもその存在感が凄まじい。

代理の講師としてグレンファイヤーが色々と話してくれるが、まあ言いたい放題だこと。
台本通りなのか関さんのアドリブなのか、どちらにしても色々ぶっちゃけすぎです。

最後にペガがナオの話を振ったら素っ気なくなるリク。
やっぱり中の人ネタやるよね。龍臣くんにしても幼い自分自信を見るのは複雑な心境だったのかなと思う。

ベリアルとゼロの始まりの物語を改めて振り返って、2人は対になる存在なんだなと再確認。
誕生から10年経っても存在感があるこの2人は本当に名キャラクターだなと思いました。

|

« 雑記:ポケモン剣盾追加コンテンツについて | トップページ | ニチアサ感想・2020/01/12 »

ウルトラマン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 雑記:ポケモン剣盾追加コンテンツについて | トップページ | ニチアサ感想・2020/01/12 »