« 感想:ウルトラマン クロニクル ZERO&GEED第1話 | トップページ | 新ポケットモンスター第8話感想 »

2020年1月12日 (日)

ニチアサ感想・2020/01/12

スター☆トゥインクルプリキュア 47話
仮面ライダーゼロワン 第18話
騎士竜戦隊リュウソウジャー 41話


の感想を。

スター☆トゥインクルプリキュア
47話「フワを救え!消えゆく宇宙と大いなる闇!」

フワとプリンセスたちを助けるためノットレイダーも星空連合も協力してスターパレスへ向かう。
かつて敵だった者たちも力を合わせられる。決戦を前にしてそれぞれが穏やかに話せる様子が良かったです。
それと ひかるのおにぎり推しがカッパードにも届いたのが良かった。

宇宙はプリセスたちが作りイマジネーションは彼女たちから分け与えれた力。
歪んだイマジネーションが生まれることを危惧した蛇つかい座は袂を分かち自分が望むように宇宙を創り変えようとしている。
12星座と蛇つかい座の思想の違いが全ての発端、プリキュアとノットレイダーは代理戦争をさせられたようなものだったわけですか。
宇宙を救うにしても消すにしても儀式を行えばフワが消えてしまうというさらに残酷な事実も。
しかし当のフワが自分の意思で皆を守ることを選んで力を使ったのだから、始まりが分け与えられた力であっても今はもう自分たちの力や想像力があるんだという結論に落ち着くんじゃないかな。


仮面ライダーゼロワン
18話「コレがワタシのいける華」

サクヨが暴走した原因は対決した蓮太郎の不正に怒りを覚えたためと発覚。
不正を知った天津が勝負のやり直しを承諾したのは意外に常識人だなと思い・・・いや45歳であの言動はやっぱり変人だわ。

サクヨの腕前に焦りを覚え勝たなくてはいけないと自身を追い込む蓮太郎に謎の存在が接触、謎のベルトの力で彼はマギアになってしまう。
予告を見てもしやと思ったけどやっぱり人間がマギアになっちゃうのか。
相手が人間と分かっていても天津が容赦なく攻撃しているのにゾッとした。
マギア化したらもう助からないかと思ったけど蓮太郎は元に戻ることが出来てホッとした。

生け花は人の心を映す。サクヨは立花流からその教えを学びその通りに実践してみせたことを明かし、元に戻った蓮太郎にそれを伝えることで彼を立ち直させる。
改めての勝負は蓮太郎の勝利となり5番勝負は飛電に黒星がつくことになったが、ヒューマギアが人の心を救ったのが爽やかな結末で良かったです。


騎士竜戦隊リュウソウジャー
41話「消えた聖剣」

リュウソウカリバーが無くなった?
一大事だと慌てる一同だが真相はオトが持ち出し海のリュウソウ族であるミヤに映画撮影のために貸し出していただけということ。
かつてカナロと婚約破棄したというミヤ。ズバズバとカナロに文句を言うあたり彼の細かい性格に相当うんざりしてたんだなと。カナロは昔からそういうところ変わって無いんだなとも思い。

使命がそんなに大事かとミヤの言葉。夢を追うために地上に出てきたミヤと使命のために戦い続けてきたカナロの意識の違いが表れてて、性格の事だけじゃなくその違いも婚約破棄に繋がったのかなと思いました。
でも実際に人を守るために戦う姿を見てミヤはカナロを見直し、カナロもまたミヤに夢を叶えろとエールを送る。
2人がよりを戻せる・・・可能性は低いかもしれないけど心は通じ合った結末が良かったです。

プリシャスの側近であるサデンの登場で自分の存在意義が危うくなり彷徨うクレオン。
リュウソウカリバーを奪えば返り咲ける、そう思ってたはずなのにコウに返して助ける形になりコウも助けて貰って素直に感謝する。
クレオン離反フラグ。番組序盤からずっと上司に碌な扱いを受けてなかったんだからこうなるのも当然。
回想にガチレウスの姿が無いのも思い出すのも嫌なくらい苦しかったことがうかがえる。

撮影所が舞台でスーツ姿の5人を予告で見た時はまたギャグ回かと思って、いや実際ギャグでしたけど(逃走中のパロディだし主題歌を流すタイミングが可笑しいし)、カナロとミヤの関係やクレオンの心情がよく描けていて予想以上に良かったです。

|

« 感想:ウルトラマン クロニクル ZERO&GEED第1話 | トップページ | 新ポケットモンスター第8話感想 »

ニチアサ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 感想:ウルトラマン クロニクル ZERO&GEED第1話 | トップページ | 新ポケットモンスター第8話感想 »