« ニチアサ感想・2019/12/8 | トップページ | 感想:ウルトラマンタイガ第24話 »

2019年12月13日 (金)

新ポケットモンスター第4話感想

4話「行くぜガラル地方!ヒバニーとの出会い!!」
脚本:赤尾でこ
コンテ:中田誠
演出:高木啓明
作画監督:高橋優 高木麻穂

-賑やかな朝-

ゴウの傍らで歯磨きして目を回すサトシとピカチュウ。歯磨きしてるだけでこのハイテンション、何をやってるんだか。

バリちゃんはゴウに昼食を運んでくれて・・・ってまたパントマイムかい。
何故ここに尺を取る?スタッフにバリヤードファンがいると見た。

ダイマックスのニュースを見てきガラル地方に行きたいとサクラギ博士に申し出るゴウ。サトシの手を強引に引っぱる勢いで好奇心を掻き立てられてるのがよく分かるし、前回サトシと改めて友達になったことで遠慮が無くなってることもうかがえる。

今回も賑やかな朝の一幕。そんな騒がしさを傍目にコハルは学校に・・・って今回出番無いし。
おそらくコハルはとっくに出かけていてまたサトシとゴウは寝坊助だったんだろうと想像する。


-ようこそガラル地方へ-

飛行機でガラル地方へ、乗り換えの電車を待つ間街を散策し地元のお菓子で空腹を満たし、知らないポケモンに出会って一騒動。
知らない街を訪れてワクワクすることに遭遇する、旅をしてるって感じが良いです。
やっぱり知らない場所・新しい冒険の地を訪れるというのは心躍ります。

ゲーム最新作の舞台がようやくアニメに登場。
写真だけですがマグノリア博士の姿が映りゲームで見た町の光景が映ってニヤリ。
ゲーム最新作の舞台が4話目でようやく映るのがこれまでのアニポケとは違って新鮮だし待たされた分ついに来たという感慨もあって新しい感覚です。


-未知との出会い-

クスネにスコーンもリュックも盗られて取り戻すために街を駆け回るサトシとゴウ。
クスネたちのリーダーはヒバニーだが体を汚してるためポケモン図鑑には反応せず2人には新種のポケモンに見えて目を輝かせる。
クスネたちを食べさせるためにヒバニーは文字通り汚れ仕事をしていた。
視聴者目線では謎のポケモンがヒバニーだと分かるしクスネたちの事情もすぐ理解できるけど、サトシとゴウにとっては突然の出来事と未知のポケモンの出会いに翻弄され好奇心を掻き立てられる展開になってるのが良いです。

リュックを取り返すためにヒバニーと戦うサトシとピカチュウ。
初めて会うポケモン相手で最初こそ苦戦するが、徐々にヒバニーを追い詰め見事リュックを取り返して見せたのは流石のコンビネーションです。

リュックを盗られたのにヒバニーのことを面白いと褒めるサトシ。
ゴウもナイスキックと脚力の凄さを褒める。
大変な目にあったけど怒るより凄いと褒めるところが2人ともポケモン好きなんだと改めて分かる。

店主に捕まって怒られてるヒバニーを庇うため自分のポケモンだと咄嗟に嘘をつくゴウ。
サトシだったらこんな咄嗟の嘘はつかない、というか嘘つけないだろうし、ゴウだから出来た機転なんだろうなと思い。


-広がる世界-

ヒバニーはクスネたちの仲間になるため体を汚して本来の姿を隠していた。
仲間が欲しいのに本当の自分を隠す、友達が欲しいのに素直にそれを言えなかった前回のゴウの姿が重なるように思えました。

ヒバニーたちに世界は広いんだと説くゴウ。
盗みを続ける生き方しか出来ないと諦めていないか、自分の可能性を閉ざして見えたのがゴウには放ってけなかったんでしょう。
ミュウに遭遇して大きな夢を持ちサトシに出会って友達も出来た。自分の可能性を広げたゴウがヒバニーとクスネたちを放っておけないのも分かるしゴウが諭すと説得力あって良かったです。
良いことを話しているゴウに最近気づいたんだけどなと茶々を入れるサトシ。こういう軽口が言えるって良いね。サトシとゴウのコンビやっぱり好きだわ。


ゴウの言葉にヒバニーの心が揺れてることを察したクスネたちはヒバニーを駅まで送り届け電車に乗せる。
ヒバニーのように空き缶を蹴ってパスをしてゴミ箱へシュート。自分たちはこれだけの事が出来るからもう大丈夫だと、ヒバニーが新たな道へ進めるように送り出すクスネたちの思いに心打たれました。
ゴウに付いて行きたい。クスネたちに見送られ自分の思いに正直になったヒバニーは汚れた体から本来の白い姿に戻る。
心の変化と共に本来の姿に戻る演出が素敵だし、電車に乗って旅立つというシチュエーションも凄く良い。

サトシに出会って心動かされたゴウが今度はヒバニーの心を動かした。
出会いが連鎖して世界が広がっていく、素敵じゃないですか。

|

« ニチアサ感想・2019/12/8 | トップページ | 感想:ウルトラマンタイガ第24話 »

新アニポケ」カテゴリの記事

コメント

まずマグノリア博士が写ったのが良かったですね。彼女に限らずソードシールドのキャラクターがどのようにサトシ達と関わるのか楽しみです。彼らが最初に到着したガラル地方の街がゲームでは最後に訪れるシュートシティなのも凄いですね。もちろんそれだけじゃなく今までの地方の街も今後出るのかと思うと楽しみです。

クスネ達と生きてきたヒバニー。やっぱりXYのホルビーやサン&ムーンのモクローのように違うポケモン同士で頑張って生きてるのは良い物ありますよね。スコーンを奪う等して生きてきた彼らですが、燻っている時にゴウから世界の広さを問われた時は心に響くなにかがあったんじゃないかと思います。

それでも諦めかけて去ろうとするヒバニーの意思を読んだのかクスネ達が彼をサトシ達の乗る電車に乗せた後で空き缶を協力して捨てる場面は自分達もなんとか頑張って生きていくという意思表示だったんでしょう。

ヒバニーも彼らの見送りに泣いて体の泥を払い元の白い体に戻った時は新たな冒険が始まったんだと思いました。見た感じ今までのポッチャマ、ミジュマル、ハリマロン、モクローのような感じのキャラじゃないでしょうか?炎タイプの最初の3匹がそういう立ち位置になるのは新鮮ですね。大体はヒトカゲのように悲しい経験してたりアチャモのようにヒロインの最初のポケモンだし。ミュウを最初にゲットしたいと考えているゴウの相棒にどのようにしてなるのか気になります。

投稿: アルター | 2019年12月13日 (金) 18時07分

コメント返信:アルターさん

いきなりシュートシティ?とちょっと驚きました。
でも大きな街だから他の地方からの玄関口になってるのも当然だよなあと理解しました。
他の地方へ行く時もどの街から訪れるのか楽しみです。

ヒバニーとクスネたちの関係がよく描けていて駅で別れるシーンはとても良かったです。
言葉が無くてもポケモンの思いを描き体を元の色に戻すことでヒバニーの新たな冒険の始まりを演出したのは上手かったなと。

炎御三家は悲劇性を持つことが多かったのでヒバニーはこれまでとはまた違うキャラになりそうですね。
ゴウがゲットするにしてもどう描かれるのか気になります。

投稿: んがよぺ | 2019年12月15日 (日) 00時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ニチアサ感想・2019/12/8 | トップページ | 感想:ウルトラマンタイガ第24話 »