« ニチアサ感想・2019/12/15 | トップページ | 感想:ウルトラマンタイガ第25話 »

2019年12月21日 (土)

感想:仮面ライダー 令和 ザ・ファースト・ジェネレーション

毎年恒例冬の仮面ライダー映画。
平成を締めくくったジオウと令和最初のライダー・ゼロワンが共演する「仮面ライダー 令和 ザ・ファースト・ジェネレーション」。
以下ネタバレ含む感想です。

寝坊助の或人。テレビ1話を思い起こすシーンに思わず笑ってしまった。
他愛のない会話でわちゃわちゃしてる間に授業に遅れるソウゴ・ゲイツ・ツクヨミ。新しい時間で仲良く日々を過ごしてるんだなあと微笑ましい。
そんな平和な日常は歴史が改変されたことで崩れ去る。ヒューマギアが支配する世界に変わったことで人間は滅ぶべき存在として狙わるようになっていた。

不破と刃はレジスタンスになっていて或人の事を覚えていない。
人間が絶滅の危機にあってレジスタンスの活動を見せるのは劇場版ファイズを思い出す。
杉原監督の拘りあって銃器を駆使した抗戦の様子や難民の荒廃した地下生活の様子などよく描けてたなと思います。


記憶を取り戻したソウゴ達は歴史を元に戻すため過去へ飛び或人もそれに同行しゼロワンの原点を知ることになる。
或人の父・其雄がフォースライザーやゼロワンドライバーの原型を設計した。
自分が笑顔になって欲しいと願ったから父が間違った道へ進んでしまったのだと悔いる或人だが、其雄の本当の願いは人もヒューマギアも笑って生きられる世界にすることでそのための力としてゼロワンを作ったのだと真実を知る。
其雄の思いを知った或人は父と共闘しアナザーゼロワンと戦う、1型と001が並ぶ絵がカッコいいし親子のドラマも良いです。

・・と燃えるシーンから一転、アークは打ち上げられ歴史改変を防ぐことは出来なかった。
大切な夢を教えてくれた父が敵になってしまう。ヒューマギアが人間を滅ぼそうとしてるというだけでも或人には苦しいのにさらに追い詰める展開が厳しすぎる。
さらなる追い打ちでイズが囚われて株主総会の場で処刑されようとしていた。
とことん或人を追い詰めていく展開だがそれでも或人は人とヒューマギアが共に笑っていける世界を諦めずその思いを叫ぶ。
その思いに株主たちが同じ夢を持ちたいと応え始めて、或人が改めて飛電の社長になれるかと思いきや、またも其雄が立ちはだかり或人を社長とは認めず採決を否認する。
自分を超えてみせろ、絶望的な状況でもなお夢を諦めないその強い心を見届けるためあえて悪役に徹し続ける、其雄が或人を本当に大切な息子と思うからこそそこまで出来るんだなあと。

やはり其雄はアークに操られた振りをしていただけ。
改変された歴史でも其雄はその身を挺して或人と或人の夢を守る父だった。
父の思いを受け継ぎ或人は再びゼロワンに変身しジオウと共にアナザー1号との戦いに臨む。
不完全な変身体である001で戦い続け立ちはだかる父を超えて再びゼロワンに、仮面ライダーと名乗って改めて変身するという流れが良かったです。


時を同じくして飛電の社員たちがアークを打ち上げ先代社長・是之助から託された夢を叶えた。
レジスタンスも忌み嫌ってたイズを助けに来てくれたり不破と刃はアナザーゼロワンを倒すことが出来た。
最後には全部元には戻るにしてもだからって何もしないままでは無く人々が諦めず世界を変えようとする姿を見せていたのが良かったです。
歴史が元に戻ってその戦いの記憶は無くなるけど、エンディングで僅かにその記憶の断片が残ってる描写も良かった。
諦めずに戦った事は無駄じゃない、夢を諦めないことが大事だと或人以外の人々にもそのメッセージを見せてくれたのが良かったです。


アナザー1号を倒し歴史は元に戻ったが、ソウゴは或人の記憶も消さなくてはと戦いを仕掛ける。
その戦いの結果は不明のまま、ソウゴ達は再びライダーとしての記憶を無くして学校生活に戻る。その様子を見守るウォズ、彼らは新しい時間を生きていくというジオウの物語も元に戻った。
ソウゴが戦いを仕掛けたのは本当は自分たちのいるべき時間に戻るためだったのかなと。
もう一つは或人には平成の時間を生きてきた自分たちとは違う時間を生きてほしい、令和の1号ライダーとして新しい歴史を繋いでいってほしいという思いからあえてこの度のことを忘れるようにしたかったんじゃないかなと。


歴史は戻って記憶は無くなったがイズは或人が語った夢を覚えている。
それを思い出し微笑むイズ。ヒューマギアも笑顔にしたいという或人の願いが少し叶った瞬間、最後にこれを見せてくれたのが良かったです。

テレビでもお馴染みのギャグ「アルトじゃ~、ないと!」で締め。このシーン、鑑賞した劇場で笑い声が聞こえてきたのが良い体験でした。
劇中では笑えないギャグ扱いだけどお客さんにはすっかり受け入れらてるんだなあと実感できたし自分も思わず笑みが零れていました。


タイムトラベルができるジオウと絡むことでゼロワンの誕生秘話と或人と其雄の親子の物語を見せてくれたのが良かったです。
ジオウ組にはドラマらしいドラマはなかったけど、未来は変えられるという或人へのメッセージは自分の運命と戦ってきたソウゴの成長が感じられて良かったです。


最後に。
謎のライダー、台詞で誰が変身してるか丸わかりです。
ヒューマギアになった夢を見たという不破。うわ~やっぱりそういうことですか。

|

« ニチアサ感想・2019/12/15 | トップページ | 感想:ウルトラマンタイガ第25話 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

ニチアサ」カテゴリの記事

特撮」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ニチアサ感想・2019/12/15 | トップページ | 感想:ウルトラマンタイガ第25話 »