« 新シリーズ「ポケットモンスター」に思う事 | トップページ | アニポケSM感想:燃える! みなぎる!! フルバトル!!! »

2019年10月 5日 (土)

感想:ウルトラマンタイガ第14話

14話「護る力と闘う力」
監督:市野 龍一
脚本:勝冶 京子

 

タイガの様子がおかしい。本人曰く激しい感情が湧いているというしヒロユキに声が届かなかったり戦闘中は怒りに飲まれて荒れてるし。
これまで霧崎=トレギアが何か仕込んでる様子だったがついにその影響が表れ始めたようで不安しかない。
今回はヒロユキの呼びかけが何とか届いて正気を取り戻したけど、次回予告が滅茶苦茶不穏です。

突然ヒロユキを攫い力を奪ったのは科学者のイルト。
彼はある科学者が人々の願いを受けて守護神として作ったマシンがいつの間にか全てを滅ぼす破壊神になってしまった悲劇を語る。
その科学者とはイルト自身で自分が作ったギガデロスを回収するために宇宙を旅していた。
いきなり人攫いをするものだから悪い人かと思ったら自分の行いを悔いて責任を果たそうとするまともな科学者でした。
守るはずの力が破壊をもたらす、今見えてる景色が明日も続くとは限らない。厳しい言葉に彼がどれだけの絶望を味わってきたのかうかがえます。
一方でタイガに仲間を信じるよう伝えてくれと優しい言葉をヒロユキに残してもいる。
自分と同じ末路を辿って欲しくない、未来ある若者への願いなんだろうなと思い。

ギガデロス、めっちゃカッコいいデザインです。でも破壊神として暴れる姿は恐ろしさしかない。
カッコいいヒーロー然としたマシンが敵として現れることこそタイガが今抱えてる危うさの示唆なんだなと。

 

ギガデロスが破壊神に変わったのはトレギアの仕業。
しかしそもそもは人々が強大な力を望んだからこそギガデロスは生まれたのだし、願いが良い結果をもたらすとは限らない、人の望みが持つ危うさも表してるように思います。

|

« 新シリーズ「ポケットモンスター」に思う事 | トップページ | アニポケSM感想:燃える! みなぎる!! フルバトル!!! »

ウルトラマン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 新シリーズ「ポケットモンスター」に思う事 | トップページ | アニポケSM感想:燃える! みなぎる!! フルバトル!!! »