« 感想:ウルトラマンタイガ第10話 | トップページ | アニポケSM感想:決勝戦! 最強ライバル対決!! »

2019年9月12日 (木)

ニチアサ感想・2019/09/08

スター☆トゥインクルプリキュア 31話
騎士竜戦隊リュウソウジャー 25話
仮面ライダーゼロワン 第2話

の感想を。

スター☆トゥインクルプリキュア
31話「守り抜け!最後のプリンセスのペン☆」

プリキュアが星空連合に取り込まれる?トッパーが地球まで追いかけてきて面倒なことになった・・・。
と思ったら えれなと まどかは家の事情であっさり断り ひかるはおにぎりを勧めてきて傍らではララやユニが無心で食べているし大事な話はどこへやら。
ついに12本のプリンセスペンが揃ってプルンスの苦労も報われ・・・たと思ったらフワにご飯を食べさせろとプリンセスたちが真顔で唐突に言い出し、そしてフワは新たな姿に変わって一同驚く。
真面目な話をしてるはずなのに笑いと驚きに引っ張っていく演出の力が強い。土田監督流石だわ。

トッパーの腹をわった話、自分の無力のためにプリンセスを守れなかった後悔と無力でも自分には果たすべき責任があること、力を持つプリキュアにも責任があることを語る。
ペンを狙って現れたガルオウガは ひかると戦いながら守ると軽々しく口にするなと語り彼にも悲しい事情をうかがわせる。
好奇心から宇宙へ飛び出し様々な出会いと経験をしてきた ひかるだけど、好奇心だけではどうにもならないことを突きつけられる。
守ること、力を持つ責任、まだ中学生の ひかるが背負うには重すぎる。
追い詰められた ひかるを助けに仲間たちが駆けつけ、彼女が一人では無い事、一人では背負うのは難しくても仲間がいるから立ち上がれると描いていたのが良かったです。

そんな真面目な話の直後にフワが変わったとギャグで締めるんだからやっぱり演出が強い。


仮面ライダーゼロワン
2話「AIなアイツは敵?味方?」

ヒューマギアを取り締まるA.I.M.S.の不破と刃。
前回の暴走事件のことで或人に事情聴取するが不破は飛電インテリジェンスが黒幕だと決めつけピリピリした空気。
会社を襲撃したマギアを撃退するため或人は変身するが不破はゼロワンもマギアと同類と見なして躊躇いなく撃ってくる。

かつてヒューマギアの暴走によって街一つが壊滅したデイブレイクという事件があり不破はその生き残りだという。
ピリピリした空気もAIは人類の敵と断定するのも納得。
刃の承認なしに力づくでプログライズキーを起動し仮面ライダーバルカンに変身するのも絶対にAIを倒すという強い意志を感じます。
主人公とは対立しするピリピリした感じ、ああ彼は間違いなく2号ライダーだわ。
と思ってたら或人のギャグが彼には受けていて必死に笑いを堪えていたというオチ。これが或人と分かり合うきっかけになるのかどうか。

或人もデイブレイクの被害者で彼は父と呼んでるAIに守られたからこそAIは人類の希望だと信じている。
会社の警備AIのマモルの働きを褒めて彼を家族と呼ぶのもAIに救われた過去があるからだと分かる。
同じ事件に巻き込まれながら不破とは異なる考えを持つ、この対比が良い演出です。

が、AIを信じるからこそ或人は苦しい決断を迫られる。
マモルを気遣うシーンで嫌な予感しかしなかったがやはりマモルが迅に目を付けられマギアに変えられてしまった。
一度変わってしまったら元には戻せず破壊するしかない。イズの淡々とした説明が或人が果たすべき役目を無慈悲に突きつけてるようで辛い。
心を持ったAIと戦う苦悩が描かれるだろうとは思ったけど早くも2話で厳しい状況に置かれるとは。

戦いの後の記者会見で新社長として名乗り出る或人は、会社社長としての責任を背負うだけでなく仮面ライダーとして戦う責任を背負う宣言のようにも感じます。
社長で仮面ライダー、AIを人類の希望とするための或人の戦いが本当に始まったんだと思いました。


騎士竜戦隊リュウソウジャー
25話「踊るクレオン」

ういのチャンネルに投稿するためのダンス動画撮影に協力する一同。
上手く踊れずイライラしてるメルトが自分でやればいいだろと言うが、ういの動画はつまらないと以前描かれてたし自分ではどうにもならないから皆に協力をお願いしてるんじゃないのか。
尚久曰く頑張りすぎる故に友達がいない子だったというし ういにとってはリュウソウジャーの皆が心の支えなんだなと。
メルトの言葉はご尤ものようで ういにとっては友達に見捨てられるような寂しい思いだったんだなと。


動画を見ると魂を抜かれる。
謎の現象を引き起こすのはネット世界に生まれたマイナソーの仕業で、クレオンが動画投稿者のアニキンと動画を作ってたら偶然生まれちゃったらしい。
その動画とマイナソーを自分の人気取りに使おうとワイズルーは考えるが、くだらない動画と言ってしまったためにクレオンが動画を消すという反乱を起こす。
うんやっぱりワイズルーも碌な上司じゃないしクレオンの反乱も当然だわ。
アニキンとクレオンは何の悪意も無くただ気があった友達として一所懸命に動画を作ってたんだと思うし、その成果をくだらないと言われたら腹が立って当然。
間接的に ういの動画投稿も馬鹿にするなと言ってるようにも思える。
周りからつまらない・くだらないと言われようが当人は一所懸命やってるんだという主張のような。


マイナソーをどう倒すかと思えばコスモラプターの力でネットの世界へダイブ。
コスモラプター便利すぎるな。ロボ戦をネットの世界でやるとは斬新な。
コウがネット世界で奮闘する間仲間たちは奪われた魂を取り返すためにワイズルーと戦う、いいチームワークです。

元に戻った ういと一緒に今一度動画を撮る。
メルトの方から撮影再開を促すのが ういへの謝罪の意を含んでいて良い。
そしていつも見ているエンディングへ。リュウソウジャーがケボーンダンスを踊ってみたという体になるわけね。こういうメタな演出好きよ。
始まりからオチまで動画投稿という文化を活かした話で面白かったです。

|

« 感想:ウルトラマンタイガ第10話 | トップページ | アニポケSM感想:決勝戦! 最強ライバル対決!! »

ニチアサ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 感想:ウルトラマンタイガ第10話 | トップページ | アニポケSM感想:決勝戦! 最強ライバル対決!! »