« 感想:ウルトラマンタイガ第13話 | トップページ | アニポケSM感想:ファイナルバトル! サトシ対ククイ!! »

2019年9月29日 (日)

ニチアサ感想・2019/09/29

スター☆トゥインクルプリキュア 34話
仮面ライダーゼロワン 第5話
騎士竜戦隊リュウソウジャー 28話

 

の感想を。

 

 

スター☆トゥインクルプリキュア
34話「つながるキモチ☆えれなとサボテン星人!」

星空連合の視察員サボローが地球に来ると聞いて張り切る一同。
やって来たのはサボテン型の宇宙人で言葉が通じず身振り手振りでコミュニケーションをとるしかない難しい状況。
彼の意思を唯一汲めたのは えれなで、花が好きな気持ちが通じると分かり上手くいくかと思いきや。

花を贈るという行為がサボローを怒らせてしまい えれなはショックを受ける。
植物の宇宙人なんだから花が売られてるのを見たらそりゃ怒って当然。
よくよく考えれば分かることだけど花屋としての習慣でついやってしまったということなんでしょう。
花屋だからこそ花を介して気持ちが通じたのに自分の常識が相手を傷つけてしまうとは皮肉です。

サボローはただの通りすがりで本当の視察員はサボっていたと分かっても えれなはもう一度彼と心を通わすことを諦めない。
ノットリガーから彼を救い出して花を贈ったのはこの星の習慣であることを伝え意図せず傷つけてしまった事を謝る。
その思いに応えてサボローは自分の体に咲いた花を えれなに贈る。
一度は傷つけた行いが今度は友好の証として描かれるのが素敵。
諦めずに思いを伝える、ベタだけど良い話です。

 

仮面ライダーゼロワン
5話「カレの情熱まんが道」

人気漫画パフューマン剣の作者の注文を受けて或人がヒューマギアを配達する。
ネットで注文する様子や箱詰めにされてる様子から人型ロボットが商品として浸透してる世界なんだと改めて感じます。
そしてあくまで物でしかなくどう扱うかは人次第なんだということも分かる話になっていました。

漫画家の石墨は漫画を描くどころかストーリーを考えることも放棄して完全にアシスタントAIに任せっきりの状態。使い倒して不具合が出ればすぐ買い替えればいいという考えで愛着などまるで無い。
そんな石墨に上客であってもヒューマギアを提供出来ないと或人は判断し漫画にかける情熱を取り戻してほしいと石墨に説得を試みる。
情熱を持って仕事に臨む人を助けるためにこそヒューマギアは必要。先代社長はその理想をイズに伝えたことがありイズはその記録を理由に正式に石墨の注文を取り消す。
イズが情熱そのものは理解できなくても先代の記録を根拠に或人の判断を後押しするというのが良いし、或人が知らずに先代の理想を継ぐ行動を取っていたというのも良い。

或人の説得とゼロワンの戦いを見て石墨は情熱を取り戻し再び漫画を描き始める。
仕事場に何体もいたアシスタントAIは1体に減りヒューマギアの扱いが明確に変わったことが表われている。
自分の仕事を全部任せてしまうのか助けて貰うのか、ヒューマギアが有用な存在であるからこそそれを扱う人間の心次第で変わるのだと分かります。

情熱をヒントに或人がマギアの攻略法を思いつき炎の力の新フォーム登場。
その文字通り熱い戦いに石墨が心動かされ筆を走らせ戦闘シーンが漫画になるという凝った演出。
新フォームの販促とドラマと独特の演出が絡んでてとても面白かったです。

 

騎士竜戦隊リュウソウジャー
28話「ミクロの攻防」

アスナの体内に小さなマイナソーが侵入した?
コウとメルトも小さくなって倒しに向かうがマイナソーの尻尾が心臓に絡みついてるため攻撃すれば心臓を傷つけてしまうという絶体絶命の状況。

ドッシンソウルの力を使い衝撃波でマイナソーを心臓から引き離す。
ナダが見つけた方法を実行するためコウは水風船を使って特訓を始めるがアスナの命がかかってるため躊躇ってしまい上手くいかない。
前回前々回とコウにとって仲間がどれだけ大切な存在か描かれてるので躊躇うのも無理はない。
だがアスナはコウを信じて命を預けると彼を奮い立たせる。
本当はアスナだって怖くてたまらないはず。コウの一撃を受けるのに正面を向かず背を向け目を閉じてるのがその表れでしょう。
それでもコウならやってくれると信じられるアスナの心が強いと思うしそれに応えるコウもアスナを信じてるんだなと。素晴らしい絆です。

マイナソーは巨大化する寸でのところでアスナの体内からくしゃみによって放り出される。
心臓から引き離した後はどうするんだと思ったらそんな展開かよ。
さっきまでの緊張の糸が切れて一気に空気が変わって和みました。
前回に続きキシリュウオーパキガルーのボクシングでマイナソーはノックアウト。
オチは明日のジョー。素直に笑えました。

 

バンバはマイナソーの巨大化を阻止できなくてアスナがもう駄目だと思っていたので助かって心底安堵した模様。
泣きそうになってるところを皆に茶化される、いい雰囲気でこれも和むわ~。

って思ってたらナダが不穏な表情。
前回はコウがレッドに相応しいと認めたようなことを言ってたのに今回は心折れそうになったコウをレッド失格と言ってて何かおかしいとは思いましたが。
一体何を考えてるのやら。

|

« 感想:ウルトラマンタイガ第13話 | トップページ | アニポケSM感想:ファイナルバトル! サトシ対ククイ!! »

ニチアサ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 感想:ウルトラマンタイガ第13話 | トップページ | アニポケSM感想:ファイナルバトル! サトシ対ククイ!! »