« ニチアサ感想・2019/09/22 | トップページ | ニチアサ感想・2019/09/29 »

2019年9月28日 (土)

感想:ウルトラマンタイガ第13話


13話「イージス超会議」
監督:越 知靖
脚本:足木 淳一郎

2クール目の後半戦の前に恒例の総集編。
カナがイージスのイメージキャラクターを決めるために皆でプレゼンをしようという体で3人のウルトラマンの戦いを振り返る。そういえばイメージキャラクターにしたいって1話で言ってたんだと振り返って気付く。
ホマレはフーマ、ピリカはタイタス、カナはタイガをそれぞれプレゼン。いろんな戦いがあったなあとしみじみ。

プレゼンに熱がこもりヒロユキの中にいる当のウルトラマンたちも盛り上がってたのに、プレゼンは体裁だけでカナは最初からタイガに決めるつもりでいたと種明かし。ホマレとピリカが抗議しヒロユキの中でも3人のウルトラマンが我を我をと主張し大騒ぎ。
実質ヒロユキに決定権が握られてる状況で上司・先輩と内なる声からの板挟み、本当にお疲れ様です。
ここで誰がいいと決めないヒロユキは優柔不断・・・・ではなくて、イージスの仲間もウルトラマンも皆大切だから誰がいいとは決めたくない彼の思いやりなんだと思います。

騒がしさから一転、霧崎がヒロユキに接触し不穏な空気に。
またタイガスパークはタロウが友人と作ったものだと新たな事実も判明。
え、じゃあ怪獣の力も使えるのってトレギアが何か仕込んだってこと?
タイガの戦いを見物しながら何度も勝ち誇ったような表情を見せて怪しいとは思ってたけどやっぱり何かあるんだ。

後半戦、トレギアとの戦いはもちろんタロウとタイガの親子の話もどうなるのかも気になるところです。

|

« ニチアサ感想・2019/09/22 | トップページ | ニチアサ感想・2019/09/29 »

ウルトラマン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ニチアサ感想・2019/09/22 | トップページ | ニチアサ感想・2019/09/29 »