« ニチアサ感想・2019/08/18 | トップページ | 仮面ライダージオウ最終回感想 »

2019年8月24日 (土)

感想:ウルトラマンタイガ第8話

8話「悪魔を討て!」
監督:神谷 誠
脚本:林 壮太郎

赤目様ことナイトファングは人々の苦しみを糧にして力を増す。
それを破るにはナイトファングを封印した大地の力とウルトラマンの光の力を一つにするしかない。
タイタスの解説は分かりやすく博識であるところが賢者だなと思いました。
が、喋りながら藍の肩でスクワットしないでください。変な光景だし藍もタイタスの存在を感じて肩に違和感覚えてるし笑うしかないでしょこれ。

ナイトファングの出す音波で人々は悪夢に苦しめられる。
E.G.I.S.の面々にかつて救えなかった者たちのトラウマが蘇る。
こうして振り返ると皆痛みを抱えてるんだなと改めて思う。厳しい。
そして藍もまた特殊な力のせいで苦しい思いをしたことをうかがわせる光景が。
その力を当人は忌み嫌っているけど、ネットアイドルの売りとして霊能力者を名乗っているとこが矛盾しているというか、嫌っていながらもその力を持つ自分を誰かに認めてもらいたかった複雑な思いがあったのかな。

今ならその力で人々を助けられるとヒロユキの言葉。苦戦しながらもナイトファングに立ち向かうタイガの姿。
それに心動かされ藍はキャラ作りのための衣装を捨てて人々を救うために自分の力を使う。
認めてもらうために取り繕うのではなくありのまま自分の出来ることをやる。
ベタですけど自分の殻を破り一歩踏み出す姿はカッコいいです。

藍が引き出した大地の力とタイガの光が一つとなり新たな姿フォトンアースへ変身する。
ウルフェスのライブステージ思いっきりネタバレされちゃったので新鮮さは無いんですが新フォームで強敵を破る展開はやっぱり燃えます。

ナイトファングを撃破した後ちょっかいを出してきて即退場するトレギア。
勝利の余韻に浸る間もなく水を差してくるところが嫌らしく、本気でタイガと戦おうとしてないところが何か思惑がありそうで怪しい。

ヒロユキの中にいるウルトラマンの存在を感じて守護霊がついてると話す藍。
タイタスは星の人でフーマは青い人とたとえたのにタイガだけ牛と言われてヒロユキはそのたとえにタイガのことだと気づかないというオチ。
牛はひどいたとえだけど長いこと一緒にいるんだからそこは気づいてあげようよヒロユキ。

|

« ニチアサ感想・2019/08/18 | トップページ | 仮面ライダージオウ最終回感想 »

ウルトラマン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ニチアサ感想・2019/08/18 | トップページ | 仮面ライダージオウ最終回感想 »