« アニポケSM感想:準決勝! カキVSグラジオ!! | トップページ | 感想:ウルトラマンタイガ第8話 »

2019年8月22日 (木)

ニチアサ感想・2019/08/18

スター☆トゥインクルプリキュア 28話
仮面ライダージオウ 48話
騎士竜戦隊リュウソウジャー 22話
の感想を。

スター☆トゥインクルプリキュア
28話「燃やせハート!職人フレアとロケット修理☆」

ロケットの修理のため職人のいる町まで進む一同。
海の生物の姿をしてる町人を見て美味しそうとユニ。猫の本能に逆らえないところに思わず笑っちゃったけど下手すりゃカニバリズムになっちゃうよね危ない危ない。

修理に必要な火をおこすため えれなと まどかが力仕事を受け持つがあまりの重労働に音を上げてしまう。
弱音を吐いたことに互いに意外だと驚く2人。自分は凄くないあなたの方が凄いと本音を言い合って自分のことは自分でも分からないことがあるのだと気付く。
職人のフレアは周囲の反対を押し切って火の星から水の星へやってきたという。
水の星で生きていくのは無理だという固定観念を覆してフレアはこうして健在。その背景があるから えれなと まどかに仕事を任せて自分と同じように自身の可能性を決めつけないで欲しかったのかな。
えれなも まどかも家のことに縛られて自分はこうあるべきと決めつけてるところがあるから、フレアは感覚的にそれを捉えてその固定観念を破らせようとしたのかなと。


水の星で活き活きとして力を増したカッパードが襲ってくる。
いつものイマジネーションを塗りつぶして利用する戦い方ではなく自力で戦うのが趣が違って面白い。
対するプリキュアはというと、ソレイユとセレーネが自分の限界を超えた一撃でカッパードを退ける。
合体技や新アイテムの技で決着というパターンから偶には外れるのも面白いです。

最近体張ってばかりのプルンス、別れ際にヤンヤンにキスして貰えてやっと報われて良かった。


仮面ライダージオウ
48話「2068: オーマ・タイム」

矛盾を指摘され動けなくなったチェイスは自分でも理解できぬままツクヨミを助けてしまう。
ドライブの世界で生粋の仮面ライダーだった彼はやはり人間を守るために動くんだな。
で、本来の歴史で心無い人間・蛮野に倒されてしまったように今度も自分のことしか考えてないスウォルツにやられてしまって。
ゲイツはお前を救おうとしてる友がいるとこちらの世界のチェイスが出会ってない剛のことを伝えて彼の最期を看取る。
人を守り心無い人間に倒され友を思って逝く。ジオウ最終回目前でここまでチェイスの最期を再現されるとは意外、そして悲しかった。

世界は破壊するが人々は救わなくては。士の破壊宣言にギョッとしたけど人々を守ろうという意思はあってホッとした。言動は物騒でもやっぱり士も仮面ライダーなんだな。
士には状況を打開する策があるようだけどソウゴだけは助からないかもしれない?
それでもやるのかとソウゴに問うのは、かつて自分が何も知らないまま世界に忌み嫌われ排除されそうになった経験があればこそなんだろうな。
今まで散々引っかき回してたけど結局ソウゴのことを気遣ってくれてんだなと。

ソウゴは最後の戦いの前に順一郎に自分が仮面ライダーだと明かす。
衝撃の事実のはずなのにジオウの姿を見た時点でソウゴだと気付き、ソウゴの告白を受け入れ行ってらっしゃいと順一郎は送り出す。
行ってらっしゃいと言ったのはそう言えばソウゴが帰ってこれると思ったから、ソウゴが大きな覚悟を抱いてると僅かな会話から察したのかなと。
ソウゴのやるべき事を後押ししながらも無事に帰ってきてほしい親心もあったんだろうと思います。おじさん本当にいい人すぎる。


50年後の時代へ飛んだソウゴはオーマジオウと戦うレジスタンスを助けてこっそりツクヨミにブランクウォッチを渡す。
ブランクウォッチは現代にいるツクヨミの手の中にもあり彼女を仮面ライダーに変身させる。
仮面ライダーツクヨミ。彼女も変身するのではと噂は聞いてたけどまさか最終回直前でやるとは驚き。
しかし何故ツクヨミが変身する必要があるのか、何故ソウゴだけ助からない可能性があるという話になってるのか分からないことだらけ。
そして東映公式ホームページではプロデューサー自ら尺が足りなくていろいろ入りきらなかったと白状しちゃってて、最終回がどうなるのか全く読めないです。


騎士竜戦隊リュウソウジャー
22話「死者の生命!?」

死者の蘇りのカラクリはマイナソーの力によるもの、そしてそのマイナソーを生んだのはマスターピンクだった。
じゃあそもそもマスターピンクはどうやって蘇ったのと疑問だけど、教え子のアスナを思う心が強すぎて死者でありながらマイナソーを生み出したってことなのかなと思いました。
シャインラプターとシャドーラプターは時空を超える力があるみたいだし、その影響であの世からマスターピンクの強い思いが現世に届いてマイナソーを生んだのかなと。
何にしても蘇りとマイナソーの関係が説明不足というかロジックの組み方が上手とは言えなくて惜しい。

真実を知ったアスナは自分たちが決着をつけると宣言。
師匠の悲しい真実を知っても今を生きる自分たちがやるべきことをやると言い切れるアスナが逞しい。
その宣言通りタンクジョウを倒すアスナ。マスターから託された剣に仲間たちの力を集めて放つ一撃がカッコ良すぎました。
教え子の中で一番駄目だったけど心は誰よりも強かったというマスターピンクは彼女を褒めて天に還っていく。
アスナの事が心残りで現世に帰ってきたんだろうし教え子の強さを見届けることが出来て彼女の心は救われたんだなと思う。
マスターから褒められたことを隠すアスナにコウがメルトの悪口言ってたんだろうと場の空気を変える一言。
アスナの心情を察してわざと言ったのかそれとも天然なのか。でもメルトも弄られてるのに会話に交じってるし2人でアスナのことを気遣ったように見えて良かった。

ういは母に教えてもらったハンバーグを作りながら母の声を背に受け涙を流す。
皆はういの母親も消えてしまうとマイナソーを倒すことに躊躇いを見せていたど うい自身は再びの別れは覚悟の上だったんだろうなと。
天に還る母の声に振り向かなかったのがその覚悟の表れだったんじゃないかな。自分の成長を母が喜んでくれた事と母の味を受け継いだことで今の自分がしっかり生きていこうと思ったのかなと。

コスモラプターと合体したキシリュウオーと共に異空間でマイナソーと戦うコウ。命の尊さとそれを守るために戦うんだと叫ぶ。
戦いの後 ういが母から受け継いだ料理を振舞い皆で食卓を囲む。食事は生きてる証、命は消えてもそこに心は残っていて今を生きる者の支えになってる表われのようで良い。
最初にロジックが上手くないとは書きましたが、亡くなった人たちの心が今を生きる者の支えになってること、ありきたりな言葉でもコウが命の尊厳を叫んでくれたのは凄く良かったです。

|

« アニポケSM感想:準決勝! カキVSグラジオ!! | トップページ | 感想:ウルトラマンタイガ第8話 »

ニチアサ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« アニポケSM感想:準決勝! カキVSグラジオ!! | トップページ | 感想:ウルトラマンタイガ第8話 »