« ニチアサ感想・2019/6/30 | トップページ | 感想:ウルトラマンタイガ第1話 »

2019年7月 2日 (火)

アニポケSM感想:開幕! アローラポケモンリーグ!!

128話
「開幕! アローラポケモンリーグ!!」
脚本:面出明美
コンテ:樋口香里
演出:ウヱノ史博
作画監督:篠原隆

-大会への意気込み-

船でマナーロスタジアムへ向かう子供たち。リーリエはがんばリーリエの姿になって気合十分。サトシは会場に着くなりバトルフィールドを見たいと急かす。
開催が待ち遠しい思いがよく分かります。教え子がこんなに楽しみにしてくれてククイ博士も嬉しいことでしょう。
忙しくて自分が会場を案内出来ないのを残念そうにしてたのもその表れじゃないかな。

先に会場入りしてたロケット団は今日も稼ぐぞと大張り切り。しかしヌイコグマの姿を見て例によって連れ戻される・・・と冷や汗をかいたが関係ない別の子で胸を撫でおろす。
日頃の感謝の思いと称して温泉をキテルグマにプレゼントして時間稼ぎはしてきたとのこと。
86話で温泉好きだって分かったからね。ここでそれを拾ってくるとは驚いた。

気合十分の子供たち。キテルグマ対策をして大会に臨むロケット団。目的は違えどどちらもこの大会にかける意気込みが表れてて良いです。


-皆でバトル-

久々登場のハウ。彼もリーグ参加のためにやってきて、相棒のフクスローをジュナイパーに進化させ念願のZリングも手に入れていて自信たっぷりの様子。
ハラは島巡りの一歩目を踏み出しただけだと調子に乗らないよう釘を刺すが、孫が成長を見せているのは嬉しかったんじゃないかな。ハラに頬ずりしてるところは島の長というよりおじいちゃんって感じ。

パーティーにはイリマやオーキド校長の姿もあって皆大会参加者の模様。
ショッピングモールにはいつの間にか帰ってきたウルが店を出しててバトル以外の場でも懐かしい顔ぶれ。
次回予告や公開されてるPVを見るとこれまで関わってきた人が皆この大会に集まるようだし本当に集大成って感じがしてワクワクします。

これだけの参加者がいて肝心のバトルはどうなるかと思えばバトルロイヤルで一気にトーナメント進出者を決めるとのこと。
アローラのポケモンリーグなんだからこの地独自のバトルを取り入れるのは当然か。
普段アローラで楽しまれてることを大規模でやろうというのが誰でも参加して皆で楽しもうという今大会のコンセプトに合ってて良いと思います。


-招かれざる参加者-

ポケモンリーグをぶっ潰す。グズマの発言を言葉通りに受け取ったスカルダン下っ端たちが会場で騒ぎを起こす。
落書きにごみのまき散らしに喧嘩。決して見過ごせない事態ではあるけど、歴代の悪の組織に比べてやってることショボい感じは否めず。
そんな彼らが実力行使に出たところでサトシ達にもロケット団にも敵うはずもなく。バトルシーンがカットされたりあっさり決着が付いたり悲しいくらいに弱い。
あっさり決着がついてしまってマーマネとクワガノンが戦う気満々だったのに出番がなかったのが可哀そう。
グラジオの後にロケット団が映ってグラジオと同じ台詞を言うものだからロケット団が強者っぽく見える。
実際ロケット団も本気出したら強いんだろうけど、今回は相手が弱すぎただけなのに強者のように映るのが演出の巧いところだなと思い。
ロケット団が何で同じ台詞しか言えないんだと言うが、それ所謂ブーメラン発言で自分たちにも刺さってるよ。傍らでソーナンスの吹き出しにブーメンランが回ってるのが可笑しすぎた。これも面白い演出。

ポケモンリーグをぶっ潰すと発言した当人も会場に到着。
グズマの狙いは自分が優勝しククイ博士を黙らせて2度とポケモンリーグを開催させないということ。
誰でも参加できると公言した以上ククイ博士は彼の参加を拒めない、痛いところを突いてくるな。
下っ端どもは頭が回らなくてもさすがにグズマはそんな間抜けではなく合法的にククイ博士の夢を潰す手段を得てしまうのが悪どい。
懐に飛び込んで夢を潰すと宣言する、そんな大胆で悪質な手段に出るのはククイ博士への恨みが大きい故なんだろうと考えます。


-夢を支える思い-

ククイ博士もグズマもハラに師事した兄弟弟子だったが、伝統を重んじ常に正しく振舞うククイ博士をグズマは快く思わず反発し袂を分かったと。
教え方が悪かった、もっと話すべきだった、ハラもククイ博士も彼を救えなかった後悔を抱いている。
いつも子供たちを優しく見守ってきた2人にもくすぶる思いがあったんだ。いや、それがあったから子供たちと真摯に向き合ってきたのかも。

サトシはアローラに来てからたくさんの良いところを知ることが出来たと語り、それをグズマは知らないんだと彼に負けないという思いを新たにする。
アローラ出身ではないサトシがいの一番にアローラの良さを信じる発言をしてククイ博士の夢を守ろうとしている、素敵。
125話でサトシが幼いククイに夢を持つことを教えてたことが分かり、今また大人になったククイ博士の夢を守ろうとしてる、熱いな。

サトシの言葉にカキは感激の涙を流す。カキの泣き顔に真面目な話してるのについ笑っちゃった。
でも出会ったばかりの頃のカキが余所者のサトシにZワザを軽く考えるなと釘を刺してたことを思うと、アローラを思うサトシの言葉に涙してる今は良い友達になったんだなと感慨深くなる。

子供たちはポケモンリーグを潰させないとこの大会にかける思いをさらに強くする。
グズマの事は改めてククイ博士が向き合い解決するべきことだけど、子供たちの思いは救いになっただろうしグズマと改めて向き合うために子供たちの思いが支えになってくれるでしょう。
大会目前に改めてククイ博士と子供たちの絆が表れてて良かったです。

|

« ニチアサ感想・2019/6/30 | トップページ | 感想:ウルトラマンタイガ第1話 »

ポケモンアニメSM」カテゴリの記事

コメント

とうとうこの時期が来ましたね。同時にリーグが開催された事でサン&ムーンの終わりが近づいて来てるのが感じられて寂しいです。ようやくハウが再登場しましたね。フクスローもジュナイパーに進化していて彼も成長しているんだなと感じました。

ハラさん(自分的にハラ単体だと言いにくいから便宜上さん付け)はようやくハウが自分に勝ってリーグに出場出来たのがスリスリしてる所に現れていましたね。この辺は後述するグズマの一件で思う所あったのかもしれませんが。

ジュナイパーを初めて見たとき仮面ライダーゴーストを浮かべてしまったのは僕だけでしょうか?フードを被っているようなデザインとゴーストタイプなのもあって余計にそう思ってしまうんですよね(アイリスやってた悠木碧さんゴーストに出てたそうですね)。ガイム以降仮面ライダー見てない僕が言うのもなんだけど。

他にもイリマやオーキド校長等沢山参加者がいたりウルも来ているのがますますお祭り感あって楽しいです。ですが楽しい事ばかりではなくスカル団が出てきた途端に一転して空気が変わり周りの人達に迷惑をかけているのが不快極まりないですね。やってた事は低レベルでしたが、なんか文化祭を台無しに現れた不良のような感覚があって正直不愉快だっただけにサトシ達やグラジオ、そしてロケット団にさえやられていたのはスカっとしましたね。

その後現れたグズマはなんていうかもう出てきただけでギスギスした空気がありましたね。こういうとあれですがグズマはこのように出てくる事で話の空気を大きく変えた上で引っ掻き回すという意味では結構好きなタイプの悪役ですね。ククイ博士にやたらガン付けていましたしリーグに出場すると言ってたが故に不安感半端なかったからこいつに優勝させるわけには行かない空気が出て来ていたと思います。

ククイ博士とハラさんの回想にしても考え方の違いからグズマが非行に走ってしまったのは二人共に自責の念を感じていたのが印象的でしたし、グズマはそもそもの話不良集団とはいえ何かのリーダーになれる程の統制力持っているんだからそれを正しい方向に動かせないのかよとも思いましたし、でもやっぱりククイ博士にコンプレックス抱いているのも伺えて哀れにすらなりました。前作のフレア団ボスフラダリは事件を起こした末にシトロイドのような犠牲を出して結果消えていきましたが、救う事が出来なかったし、グズマの方はそれほどの事を起こしてないためまだ引き返す余地はあるからどうすれば救えるのかこの辺は僕の人生経験が足りないのもあってわからないです。

でもサトシの発言はやっぱり様々な地方で旅をしてきてアローラで色んな思いや苦労をしながらも切り抜けてきたが故の頼もしさが感じられましたしなんと言えばいいかわからないけど、彼らならなんとかしてくれる安心感もありました。サトシだけでなくリーリエ達クラスメイトも現在に至るまで悲しい事や大変な事を沢山経験してきて現在リーグに来ている訳ですし、死力を尽くして戦い抜いてもらいたいです。

投稿: アルター | 2019年7月 3日 (水) 01時11分

訂正 グズマの方はそれほどの事を起こしてないためまだ引き返す余地はあるものの、どうすれば救えるのかこの辺は僕の人生経験が足りないのもあってわからないです。

投稿: アルター  | 2019年7月 3日 (水) 01時32分

コメント返信:アルターさん

>仮面ライダーゴースト
ジュナイパーが公式発表された時にそんな感想を見た覚えがあります。確かに似てるんですよね。

>文化祭を台無しに
なんかしっくりくる表現です。授業参観を邪魔したこともあったし彼らにとってはあの時と同じノリ、楽しんでる人を邪魔したいだけなんだなと思います。
規模は小さくても迷惑に変わりはないのでビシッと懲らしめる描写はスッとしましたね。

>グズマ
彼の狙いは許されませんが同じ舞台でサトシ達と戦えるのがまだ対話の可能性があって彼を救う希望だと思います。
分かちあえず消えていったフラダリの二の舞を避けるためにもサトシと子供たちが積み重ねてきたことがバトルを通して彼に伝わることを願います。

投稿: んがよぺ | 2019年7月 4日 (木) 08時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ニチアサ感想・2019/6/30 | トップページ | 感想:ウルトラマンタイガ第1話 »