« 感想:ミュウツーの逆襲 EVOLUTION | トップページ | ニチアサ感想・2019/07/14 »

2019年7月13日 (土)

感想:ウルトラマンタイガ第2話

2話「トレギア」
監督:市野 龍一
特技監督:神谷 誠
脚本:中野 貴雄


ヒロユキが幼い頃にちび助と呼んで可愛がってた怪獣が兵器として改造され現れる。
時を超えての再会と悲劇。予想できた展開だけどやっぱりキツイ。
1話の冒頭でトレギアにタイガが敗れ、2話でもトレギアに歯が立たず、厳しい展開が続くな。

ちび助を攫うレキューム人にしがみつき抵抗して見せた幼いヒロユキ。それが12年前のことであり、その勇気に触れたタイガは彼を助け彼の中で回復を待っていたとのこと。
ヒロユキの勇気と無茶な行動に驚き、タイガと一体になったのがそんなに前の事だったのにも驚きだ。
え、ということはタロウは息子を目の前で消されて12年も行方を知らないってことじゃん。辛い。
ウルトラ戦士にとっては10年単位の時間なんて些細なものかもしれないけどさ。ずっと息子の安否が分からないなんて悲しい事だよ。


目の前で苦しむ人を助けたいヒロユキと怪獣を倒すのが先決だというタイガ。どちらの意見も間違ってないが若さゆえにすれ違ってる感じ。
2人の間に確かな信頼が生まれるにはまだ時間がかかりそう。
トレギアは2人のそんな未熟な心を見抜いているからこそキングゲスラを目の前でいたぶり煽る言葉を投げたんだろうな。ゲスい。
キングゲスラを殺された怒り、タイガの名前を呼ばずタロウの息子と煽られた怒り、ヒロユキもタイガも頭に血が上ってどちらもブレーキが効かなくなっている。
トレギアの悪辣さも表れてるし2人の未熟さ・危うさも露呈した厳しい場面でした。

ドラマとしては厳しい回ですが。
掃除中に叱られてヒロユキと一緒に振りむいちゃうタイガとか、仕事の依頼を受けるか渋ってたのに焼肉であっさり引き受けたヒロユキの表情とか、笑えるところもあったのは癒しでした。

|

« 感想:ミュウツーの逆襲 EVOLUTION | トップページ | ニチアサ感想・2019/07/14 »

ウルトラマン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 感想:ミュウツーの逆襲 EVOLUTION | トップページ | ニチアサ感想・2019/07/14 »