« アニポケSM感想:マオとスイレン! 友情のゼンリョクバトル!! | トップページ | ニチアサ感想・2019/07/21 »

2019年7月20日 (土)

感想:ウルトラマンタイガ第3話

3話「星の復讐者」
監督:市野 龍一
特技監督:神谷 誠
脚本:林壮太郎

宇宙飛行士の夫婦が事故に遭い妻を失った男・レントが復讐にやってくる。
ウルトラマンで宇宙飛行士というとジャミラの悲劇が過ってしまうが、さすがにあれよりはまだ救いのある展開でホッとした。
それでも失われた命はウルトラマンの力を以てしても蘇らないというのが厳しいけど。

事故を起こした張本人の新進企業の社長の護衛、ヒロユキは当然納得いかない様子で。
カナやホマレは仕事して割り切る態度で。しかしホマレは依頼人を殴りカナは前金として受け取った小切手を破り捨てた。
ヒロユキを若いと思いつつもその熱さに感化されてるのが良い。


復讐の心に飲まれるレントに力づくでは何も解決しないと諭すヒロユキ。
タイガはトレギアへの憎しみを語ってレントに共感しヒロユキにも同じ思いがあるだろうと憎しみを認める問答があったのが意外。前回のちび助のことも尾を引いている。
だとしてもやはり力での解決はいけないんだと復讐を止めるために行動するヒロユキが凄い。
カナとホマレが感化されたようにヒロユキの思いがまだまだ未熟なタイガを変えていくことになるのかな。

レントの妻・ナナの魂が復讐に飲まれる夫の心を救い出した。
実は生きていた・・・・なんて奇跡は無くて、ナナもレントも既に亡くなっていて強い思いにウルトラマンの力が応えたというのが真相。
愛する人に再会できたと思ったら自分自身が死んでることに気付いてなかったとは怖い、そしてこうなるまで妻が自分を思ってくれていたことに気付けなかったのも悲しい。
でも最後の最後に再会が叶ったのがせめてもの救いです。

方やレントの憎しみを利用して屍を操ったトレギア。方や愛するものを救いたい願いに応え魂を連れてきたタイタス。
同じウルトラマンだというのにこうも正反対の力の使い方。どちらが夫婦の心を救えたのかといえば、当然タイタスの方で。
ヒロユキと生前のナナが力づくではダメと言ってたが、力は使い方次第というメッセージもあったのかなと思ったり。


力の賢者・ウルトラマンタイタスが復活。
強力な武装を持つギャラクトロンを圧倒するパワフルな戦いがカッコいい。
しかし事あるごとにその肉体を誇示するポーズを取るのに笑ってしまう。
同時配信のボイスドラマでは筋トレばっかりしてるしまさに筋肉な戦士なのね。賢者はどこ行った。
賢いところもこれから見せてくれるといいな。

|

« アニポケSM感想:マオとスイレン! 友情のゼンリョクバトル!! | トップページ | ニチアサ感想・2019/07/21 »

ウルトラマン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« アニポケSM感想:マオとスイレン! 友情のゼンリョクバトル!! | トップページ | ニチアサ感想・2019/07/21 »