« アニポケSM感想:ムサシVSコジロウ! 愛と真実のバトルフィールド!! | トップページ | 感想:ウルトラマンタイガ第4話 »

2019年7月26日 (金)

劇場版ジオウ・リュウソウジャー感想

毎年恒例スーパー戦隊と仮面ライダーの夏の劇場版。
今年は騎士竜戦隊リュウソウジャーと仮面ライダージオウの2本立て。

以下感想です。

「騎士竜戦隊リュウソウジャー THE MOVIE タイムスリップ!恐竜パニック!!」

リュウソウ族とドルイドンの合戦の様子、キシリュウジンとタンクジョウ・ガチレウスの巨大戦の迫力、のっけから目を見張るシーンでした。
6500万円前の恐竜時代が舞台という事で、何もない荒野の中での特撮とアクションが普段のテレビでは見られない光景で大スクリーンで見る価値はあったなと。
リュウソウレッドとガイソーグの一騎打ちが決着し、雪山をバックに振り返るレッドが美しかった。
現代に戻っても巨大戦があり、ファイブナイツとマイナソーの戦いがまあ凄いこと。テレビ1話でもあまりの凄さに目を見張ったが今作も凄い特撮だったよ。

ガイソーグの鎧とキシリュウジンを作ったヴァルマ。
強い者だけ生き残ればいいと選民思想で娘のユノは変わり果てた父に心を痛めていた。
ヴァルマの技術が現代のリュウソウジャーや騎士竜に繋がるんだろうけど、そもそもの発案者がこの有様ではテレビ本編でモサレックスが陸のリュウソウ族を警戒してたのも納得。

強い者が世界を支配すると豪語するヴァルマに、コウは皆笑顔で一緒に未来を見たいのだと叫び戦う。
もう手加減は出来ないとユノに断りを入れていたあたり、コウなりにご先祖様への敬意や親子で争うことになったユノへの気遣いがあったんだろうとうかがえる。
でも力による支配に憑りつかれたヴァルマの言葉にいよいよ抑えが効かなくなったんだなと。
ヴァルマを睨むコウの眼光の力強さよ。一ノ瀬君演技頑張ってるなあと感心。

隕石を破壊するため他の4人はキシリュウジンで宇宙へ飛び出す。
変身が解除されても限界を超えようと力を振り絞る4人の叫びもカッコよかった。

破壊された隕石が地上に降り注いだことで歴史の通り恐竜は絶滅し現代へ繋がる。
コウの思いはヴァルマに届き後のリュウソウ族へ、巡り巡って今のリュウソウジャーへソウルが受け継がれている。
過去へ介入することで歴史の通りのことが起きるというベタな展開ではあるけど人の思いは時代を超えて継がれていくというのはやっぱりいいものです。
現代のリュウソウジャーが信じる正義、ソウルは昔も今も変わらず繋がってるんだと。

カナロは今作では変身して戦わず。でもテレビ同様女性に声をかけて振られるお馴染みの光景があったので不遇とは思わず。やっぱり婚活中の追加戦知って設定が強すぎるわ。
で、声をかけた博物館の職員がシンケンイエローだった森田涼花ちゃん。さり気にレジェンドと共演、やっぱりかつてのヒーローにお目にかかれるのは嬉しい。

エンディングダンスのノリはやっぱり楽しい。
劇場の大スクリーンでこれが見られて良かった。


「劇場版 仮面ライダージオウ Over Quartzer」

令和の新ライダー・ゼロワンの生誕を祝ウォズ。いきなり新ライダーの顔見せかと思ったらソウゴの夢落ち。
新しいライダーが始まるってメタい台詞を言ってくるしいきなり笑わせてくれます。

ウォズが世界観が統一されてなくてややこしいとか言ったり、カメラ目線で視聴者に語り掛ける話し方だったり、服装がそのままなのは分かりやすくするためだと説明したり、とにかくメタな演出やセリフがてんこ盛り。
RXがモチーフのバールクスが強敵として立ちはだかるのはRXが昭和と平成の過渡期のライダーだからだろうし、時代を跨いだ先輩にはそりゃ苦戦するよね。
巨大化したバールクスが光る板を持ってて何してんだと思ったら平成ライダーキックを喰らって平成の文字に、ああ元号の発表会見に重ねたネタね。
平成ライダーの各作品の番組タイトルを表示しながらのライダーキックとかよくそんなこと思いついて実際に映像にしたなと。ここまで振り切ったら白けるよりも感心しちゃうわ。
他にも漫画版クウガまで出して漫画のコマや吹き出しが戦ったり舞台作品の斬月カチドキアームズを出したり本当の令和最初のライダー・ブレンを出したりともうとにかくやりたい放題、凄いわ。


クリムの先祖を守るため戦国時代へ時を渡る一同。
そこで出会った信長はゲイツを影武者にして自分が思いを寄せる女性にうつつを抜かすというやりたい放題。
現代に伝わる歴史とは全然違う信長像だがソウゴは今やりたいことをやればいい、後の歴史で語られることと今この瞬間を生きてる人は違うんだと語る。
これは革新を突いてるなと。平成ライダーの歴史もいつか後世で語られることとリアルタイムで見てきた人たちの感じたものは別物になるんだろうな。

歴史の管理者と称して平成の時代をやり直そうとするクォーツァーの企み。
不揃いな平成の時代をスッキリさせる、昨今の現実の情勢を思うと耳が痛い。
しかしソウゴはそれをよしとせずみんなバラバラでよいじゃないか、今を懸命に生きていることは歴史書で語られるように綺麗じゃなくてもよいとリセットを拒む。
平成ライダーというシリーズも平成の時代を生きてきた現実の私たちをも肯定するような言葉、胸が熱くなります。


影武者の魔王として平成ライダーの力を集めるためにソウゴは利用されウォズはその計画を記した本に従って動いてきたというのが真相。
だがソウゴの人柄に惹かれた自分たちは似た者同士だというゲイツの言葉に動かされウォズは計画書を破り捨てる。
ゲイツがソウゴへの思いを口にしたこともウォズも自分のやりたいようにすると自分の意思を貫いたのも熱い。

誰が何と言おうと王になりたいのは自分の意志。幼いころの家族の光景を思い出しその時から自分の願いは変わってないことを改めて確認したソウゴはオーマジオウの力で新たな姿へ変身する。
ジオウオーマフォーム。オーマジオウとは違う今のソウゴが辿り着いた姿。
この姿もまた今を思うように生きるというメッセージを体現してるようです。

平成のリセットを回避したことで未来が変わりゲイツもツクヨミも消えて・・・いなかった。
腹を貫かれたはずのウォズも生きてるし過去から付いてきちゃった牛三も一緒にいるし、再びクジゴジ堂は賑やかでカオスな光景。
でもこの賑やかさがジオウの好きなところ。何で皆いるのか詳しい説明もしないところが却ってよいんです。

マッハ・剛とクリムが出てくることは事前に宣伝があって、でも今回も何か隠し玉あるんだろうなと思ったらまさかのノリダーで場内大爆笑でしたよ。
ちびっ子のあの人誰ー?という当然の反応も聞こえてさらに笑っちゃった。
本当か分からないけどノリダーがふざけすぎたせいでRXの後に続くはずだった企画がダメになったなんて話も聞いたことがあって、そんな存在をよく出せたなあとただただビックリだわ。

メタネタばかりのシュールな光景でありながら今この瞬間を精一杯生きるというメッセージやソウゴが自分の意志で王になると立ち上がる熱さもある、このごちゃまぜ感が好き。
平成ライダーを締めくくる作品がこれで良いのか。良いんですよ。


タイムスリップというネタが被った2作品。
方や直球に正しき心を描き方やカオス、凄い組み合わせの2作品が並んだなあと。
何とも表現が難しいんだけど凄く印象に残る映画体験でした。

|

« アニポケSM感想:ムサシVSコジロウ! 愛と真実のバトルフィールド!! | トップページ | 感想:ウルトラマンタイガ第4話 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

ニチアサ」カテゴリの記事

特撮」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« アニポケSM感想:ムサシVSコジロウ! 愛と真実のバトルフィールド!! | トップページ | 感想:ウルトラマンタイガ第4話 »