« アニポケSM感想:切れ味バツグン! カミツルギ見参!! | トップページ | ニチアサ感想・2019/6/9 »

2019年6月 8日 (土)

感想:ウルトラマンニュージェネレーションクロニクル第23話

23話「結束! キボウノカケラ!!」

ペガとブースカが一緒に買い食いしたりフリスビー遊んだり銭湯でさっぱりして。
一日遊んでて楽しそうだけどペガが何か隠してる様子で、その理由はAIB入隊が決まってお別れが迫っていたため。
この番組の終わりが近づいてるから2人もお別れってことですか、寂しい。
別れの報せにさすがにブースカも寂しさを堪えきれてないのが声色にも表れてること、ペガが1日かけてブースカとの思い出作りをしたこと、互いに別れを惜しんでることが伝わってきます。
ブースカのマイペースにペガが振り回されるというのがいつもの2人の光景だったけど、なんだかんだ2人とも仲良くしたもんな。別れが寂しくなるのも当然。


以下本編について。


・ベリアルとの決戦を前に家族との時間を大切にするレイト。
家族を守るために最後の戦いに臨むレイトの決意とそれを家族が見送るという絵に泣いた。
戦いと無縁だったお父さんが家族のためにここまでの強い意志を持つことができた。
ゼロがベリアルに父親面するなと啖呵を切ったのは、父親の強さを、レイトの強さをすぐ傍で見ていたからなんだと思います。

・ベリアルに利用され哀れだと言われても尚忠誠を誓い彼のために行動するケイ。
自分の両親の仇のその哀れな姿にライハの心境は複雑だっただろうなと。
ジード序盤では策士ぶりを見せていたケイがまさかここまで狂い哀れな姿になるとは当時は予想もつかなかったです。

・ゼガン再起動。シャドー星人の悲しい宿命と共に散った怪獣が今度は宇宙を救うための作戦に加わるというのが熱いです。
その作戦の閃きがモアのコーヒーとゼナにキスされるとモアが勘違いする微笑ましいシーンからというのもまた良い。
何でもないような戦いとは関係ないところから平和を守るきっかけが生まれるというのが良いなと思いました。

|

« アニポケSM感想:切れ味バツグン! カミツルギ見参!! | トップページ | ニチアサ感想・2019/6/9 »

ウルトラマン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« アニポケSM感想:切れ味バツグン! カミツルギ見参!! | トップページ | ニチアサ感想・2019/6/9 »