« 感想:ウルトラマンニュージェネレーションクロニクル第26話 | トップページ | アニポケSM感想:開幕! アローラポケモンリーグ!! »

2019年6月30日 (日)

ニチアサ感想・2019/6/30

スター☆トゥインクルプリキュア 21話
仮面ライダージオウ 41話
騎士竜戦隊リュウソウジャー 15話
の感想を。


スター☆トゥインクルプリキュア
21話「虹色のスペクトル☆キュアコスモの力!」

キュアコスモへの変身、改めて見てもカッコいいなあ。戦闘中所々猫っぽい仕草をしてるのが凛々しさの中に愛嬌もあって良い。

新たなプリキュアの誕生に呼応しノットレイダーのボスであるダークネストが姿を現す。
アイワーンの思考を無理やり止めて暴れさせる。カッパードも1話から思考を止めると言ってので、思考を止めるのはイマジネーションと対極になる今作の悪なんだなと改めて思う。

ひかるは苦しむアイワーンを助けたいと再び変身し暴れるノットリガーに立ち向かう。
11話で ひかるに想像力が無いと痛いことをついてきたカッパードとアイワーンが今はダークネストの言われるまま思考を止めて戦っている、皮肉なものです。
今目の前でアイワーンが苦しんでるのは分かるから助けたい。前回ブルーキャットを助けたいと思ったのと同じ、今目の前にあることに思いを巡らせ立ち上がる ひかるの姿がカッコいいです。

10話で奪われたままだった牡羊座のペンをカッパードから取り返しその力とキュアコスモの新たな武器を使ってアイワーンを苦しみから解放する。
ひかるの思いにキュアコスモが心動かされたのも ひかるからペンを託すというのも熱い。
戦いの中で互いの心を感じて力を合わせられるのが素敵。

ブルーキャットの本当の名はユニ。
早速皆から本当の名で呼ばれるようになりプルンスからはドーナツを贈られる。
本当の名を明かしたのがユニが皆を信頼する表れだしプルンスのドーナツはかつて騙されたことを許した表れになってて良い。

アイワーンは恨み言を吐いて去っていくがユニとの今後の関係がどうなるか。
キュアコスモの変身時にバケニャーンのシルエットもあるのが、騙してたとはいえその姿でアイワーンと共にいた事実は無くならないということだと思うし、まだまだ2人の決着は先になるのかな。


仮面ライダージオウ
41話「2019: セカイ、リセット」

オーマジオウに挑むグランドジオウだが、呼び出したドライブを操られて返り討ちにあってしまう。
ドライブウォッチはゲイツがオーマジオウから盗んだものでソウゴ自身がその力を手に入れたわけじゃないというのが敵わなかった理由。
ちゃんとそこは拾ってくれるのねホッとした。そしてもうすぐ公開の劇場版ではドライブから剛が登場するわけでドライブもちゃんと拾いますよというプロモーション、上手いことやってるなあと感心します。

ソウゴを退避させてからオーマジオウの前に跪くウォズ。ずっとソウゴに我が魔王と言ってたけど本来仕えてるのはこっちだもんね、今更ながら新鮮な光景に見える。
かと思えば、改変された現代では飛流に仕えると言い出しソウゴを見捨てちゃうし。
でもずっと我が魔王と言い続けてきた男なのでこれも何か狙いがあってのことなんでしょうね。

飛流が王となり人々を苦しめる世界になってしまいソウゴは誰からも忘れられてしまう。
大根で襲われる絵は可笑しかったけど、唯一の肉親である順一郎にすら忘れられてしまうなんて辛すぎる。
ゲイツはジオウを憎みツクヨミは助けてくれたジオウが本当に悪い人なのか疑問を抱く、番組初期と同じ構図が再び。それから色んなことがあって2人はソウゴの仲間になったのに、その積み上げたものが一瞬にして無くなってしまった、悲しいよ。

飛流は味わった屈辱を晴らすためにソウゴの全てを奪おうとこの世界を創った。
アナザージオウⅡに進化しアナザーライダーを倒しても時間を改変してその事実を無かったことにしてしまう能力を身に着けていて、その力を持ったのは自分に起きた悲劇を無かったことにしたいという思いからなのかなと。
ソウゴが未来を見て王になることを願うのとは別の方向に進んでるから飛流はアナザージオウになったんだなと思いました。

再び通りすがる世界の破壊者。
こんなところで心折れるのか?仲間がいるから王になりたかったのか?順序が違うだろうと次々ソウゴに厳しい言葉をかける。
士も行く先々の世界から拒絶されたり仲間を失いかけたり大変な思いをしてきたからね。言葉は厳しいけどソウゴを奮い立たせるために核心を突くことを言うんでしょうね。


騎士竜戦隊リュウソウジャー
15話「深海の王」

リュウソウジャーの仲間になることを拒むカナロ。その理由は彼らに心許すなと相棒の騎士竜モサレックスの警告あってのことのようで。
バンバ曰く大昔にリュウソウ族が2つに別れて海に身を隠した一族の末裔がカナロとのこと。
陸と海のリュウソウ族の断絶の理由はまた次回。今回は追加戦士が仲間になるかどうか悩むオーソドックスな話で、ベテラン荒川さんが手堅く纏めたなという印象です。
でもOPとEDに早速6人目が映ってて本編をフライングしてたのには笑っちゃった。

失恋したばかりの科学者を宿主に新たなマイナソーが誕生し、磁力の反発で絆の強い人たちを引き離すという騒ぎが起きる。
リュウソウジャーも散り散りになるが、カナロだけはまだ絆が無いから影響無し。しかし助けてくれたコウに心が揺れて少しだけ反発するという絆の芽生え。
さらに騎士竜の合体を封じられたと思いきやカナロの電撃で磁力が発生しくっ付いたという種明かし。
心の動きや合体ギミックを敵の能力と絡めた展開が上手いなあと素直に感心する。

カナロの妹のオトが忠告を無視したためにドルイドンに捕まってしまうが、リュウソウジャーの奮闘とカナロの機転により無事救出される。
水があればモサレックスと交信できる描写を繰り返し挟んでいたのが救出劇に伏線になってたのが上手い。
カナロもオトも今回の事でリュウソウジャーが悪い奴じゃないと知ったがそれでもモサレックスは聞く耳持たず彼らを信じるなと声を荒げる。といったことでまた次回へ続く。

荒川さんアバレンジャー7話でも磁力の反発でメンバーが散り散りにってネタやってましたよね。
同じ恐竜モチーフの戦隊でセルフパロディを見られてクスッとなりました。

今作2度目の坂本組。相変わらずアクションがキレキレだしキャストの皆が慣れてきたのか以前よりカッコよくなってた気がします。

|

« 感想:ウルトラマンニュージェネレーションクロニクル第26話 | トップページ | アニポケSM感想:開幕! アローラポケモンリーグ!! »

ニチアサ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 感想:ウルトラマンニュージェネレーションクロニクル第26話 | トップページ | アニポケSM感想:開幕! アローラポケモンリーグ!! »