« アニポケSM感想:監視します! ロケット団アローラのすがた!! | トップページ | ニチアサ感想・2019/5/26 »

2019年5月25日 (土)

感想:ウルトラマンニュージェネレーションクロニクル第21話

今週はブースカが劇場の外で思わぬ出会いをして・・・?

21話「計略! サクリファイス!!」

ゼロと共に戦ったサラリーマンでお父さんのレイトとブースカが出会った。
レイトは仕事中なのについゼロのことを口にしてしまうのが、離れていても大切な仲間なんだなとうかがえて良い。

苦しい戦いを乗り越えたその思い出をブースカ劇場で上映・・・ではなくてレイトがブースカに語って本人の熱演によるシーンの再現というオチに吹き出した。
ブースカとペガがアスナの真似したりマコトがガイの真似をしたりとシーン再現オチが続いてたけどまさか本人直々にネタにするなんて思わないじゃないか。
で、ペガにしてみれば久々に会った仲間が謎の行動をしてるという困惑する状況。
毎度寸劇で予想もつかない笑いを提供してくれますね。楽しい。


以下本編について。


・オーブが苦戦したギャラクトロンを召喚しジードに差し向けるケイ。
強敵を簡単に呼び出せてしまうって改めて怪獣カプセルはとんでもないアイテムだったなあと思います。
ジードはこんなヤバい奴らばかりと番組序盤から戦ってたんだなあと。

・ゼロとベリアルの戦いを主役と悪役を反転させた小説に書いて世間から称賛されているケイ。
講演会の場でファンの熱気と眼差しをカモフラージュにしてレイトの中にいるゼロを挑発そして脅迫し自分の思い通りに事を運ぶのが嫌らしく且つ狡猾さにゾッとする。
ストレートに力を振るう悪役も恐いが、世間体を利用する狡猾さを持つ悪役もまた恐ろしいです。

・小説を読む読まないでゼロと喧嘩になり何故かパントマイム状態になるレイト。
絵面も2人の会話も可笑しいしこれを見事演じきった小澤さんの力量に脱帽する。
講演会の場面でのシリアスな芝居もまた違った味わいで、この回に限らずレイトとゼロ憑依状態の演じ分けは本当に凄かったです。

・ジードと人々を守るためにケイの言うとおりにするゼロ。
レイトの目の前でゼロが消えていき、ジード=リクはヒーローとして何も出来ない自分の無力を痛感する。
本来戦いと無縁だったサラリーマンと若き戦士にとってあまりにも辛い出来事。
初見の時もこんな厳しい展開を序盤からやるのかと驚いたけど今見てもキツイですね。

|

« アニポケSM感想:監視します! ロケット団アローラのすがた!! | トップページ | ニチアサ感想・2019/5/26 »

ウルトラマン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« アニポケSM感想:監視します! ロケット団アローラのすがた!! | トップページ | ニチアサ感想・2019/5/26 »