« 感想:ルパンレンジャーVSパトレンジャーVSキュウレンジャー | トップページ | 感想:ウルトラマンニュージェネレーションクロニクル第18話 »

2019年5月 3日 (金)

感想:映画「名探偵ピカチュウ」

ポケモンが実写映画化。しかもハリウッドで制作され日本で先行公開。
凄い時代になったもんだなあとしみじみ。
本日より公開の「名探偵ピカチュウ」吹き替え版で鑑賞してきました。
以下ざっくりとですが感想を。ネタバレ含みます。

今作のポケモンたちのビジュアル。CGで実際の生物っぽくリアルに描かれたその姿に最初はギョッとしましたが、いざ実際の作品を見ると全然違和感は無く。
ふさふさのピカチュウ可愛いし予告でやたら目立ってたバリヤードは表情豊かで面白いし。
色んなポケモンがスクリーンに映るたびにワクワクしていました。多種多様なポケモンが現実の世界に本当にいるような、現実の世界で人のすぐ傍にポケモンが居てくれる感覚を体感できて良かったです。


原作ゲームをプレイ済みでストーリーの大まかなところは知ってるのでそんなに驚くことは無いと思っていました。
ティムの父・ハリーが実は生きてて謎の薬品「R」の秘密を追ってたこと。Rがミュウツーに関わるものでミュウツーは本当は味方だということ。大方ゲーム通りでやっぱりねと思いながら見てましたが、黒幕の真の目的にはギョッとした。
ミュウツーの力を使い人とポケモンを一つにしてしまうこと。ゲームではパニックを起こすまでが黒幕の目的だったので、その先の真の企みには驚きました。
黒幕であるハワードは人とポケモンが共に生きる場所としてライムシティを築きあげたけど一つになるというのはその思想の暴走。最後に彼の企みが阻止されるのは、人とポケモンは一緒に生きていくものであって一つになるのは違うと否定していて、逆説的に人とポケモンは共に生きていくパートナーになれるという証明のように思いました。
ハワードが暴走したのは老いにより体の自由がきかない恐れや不安が引き金だったのかな。


本当は父を思っているのに幼い頃に拒絶してしまったことを悔いてたティム。
ハリーが用意してた部屋の様子から息子を愛していたことも分かる。
原作よりもティムとハリーの親子の思いに焦点が当たっててちょっと泣けました。
この手の話に本当に弱くなりましたよ。
幼い頃は父を拒絶して電車に乗らなかったティムが、最後には父と一緒にいるために電車のチケットを捨てるという演出が素敵。
大冒険を経て親子の絆が再生されるというのが良いじゃないか。そしてその絆を支えたのはパートナーであるピカチュウでありそのピカチュウの中に父の魂がいたという真相、素敵です。

ハリーとティムが親子の絆を再生させたのとハワードの暴走を息子のロジャーが止められなかったのは対になってるんだろうなと。
息子に疑いを向けさせ利用しまんまと計画を実行したハワードは言葉と裏腹に息子の事を何とも思わず自分の事しか考えてなくて、魂となっても息子の傍に居続けて一緒に事件の解決に尽力したハリーはそれほど強く息子を思っていた。
上っ面の繋がりしか持てなかった親子と強い絆で繋がった親子の対決の物語でもあったのかなと。


Rの影響で暴走するポケモンたち。
序盤ではエイパムに襲われ後半ではゲッコウガが不気味に迫ってきて。このあたりの描写はポケモンだって場合によっては危険なモンスターなんだということを感じさせます。
超巨大化したドダイトスはモンスターというより大怪獣でしたが。
研究室で一度ドダイトスの姿を見せていて、まだ実験が成功してないのかと思わせておいて実はとんでもないことになってたという種明かしにはやられました。
たいりくポケモンを本当に大地にしてしまうなんて。このビジュアルは日本映画じゃ出来ない、ハリウッド資本だからこそ出来た映像だなあと思いました。ちょっと悔しい。


吹き替え版にはアニポケで聞き慣れた声が。ロケット団のお三方、現行のサン&ムーンからもお馴染みのキャストが今作にも参加されててニヤリ。
この中に石塚運昇さんもいて欲しかった。エンディング後にそんな思いが湧いてきました。石塚さんの旅立ちは早すぎたよ。

吹き替えのメインキャストにはドラマに映画に大活躍の西島秀俊さんがピカチュウ役で。
竹内涼真くんと飯豊まりえちゃんの参加は公開前から話題でしたが、個人的には東映特撮経験者がポケモンに関わってるのが嬉しくて。
そして世界で活躍する渡辺謙さんまで出演されていて。
改めて凄い人たちが関わってるなと驚きます。

これだけ力の注がれた作品の後では本家本元の日本で作られる映画も霞んでしまう。
そうならないために「ミュウツーの逆襲EVOLUTION」があるんだなと、エンディングの後に予告映像が流れるのを見ながら思いました。
正直「ミュウツーの逆襲」をまたやることにはあまり良い感情は無いのですが、凄まじい実写版ポケモンを見た後だとプロモーションの事を考えれば「ミュウツーの逆襲」を現代に蘇らせるのは当然の選択なんだなと思いました。


最後は毒吐きになっちゃいましたがこの作品については素晴らしい実写映画化だということには微塵も疑いがありません。
白黒画面のゲームから始まったポケモン世界が海を渡り20年以上の時を経て大作映画となって日本へ帰ってきた。凄い事です。
今作に関わった全ての方々へ、素晴らしい映画を本当にありがとうございました。

|

« 感想:ルパンレンジャーVSパトレンジャーVSキュウレンジャー | トップページ | 感想:ウルトラマンニュージェネレーションクロニクル第18話 »

ポケモン映画」カテゴリの記事

コメント

今日、金曜ロードショーで見ましたけど中々面白かったです。去年はスケジュールとかそういうのの関係で見に行けなかったのですが、今回観れたのが本当に嬉しくて。吹き替えの声優には大谷さん初めとするアニポケお馴染みの声優さんが多数いたし、仰るようにこの中に石塚さんがいないのは本当に惜しいです。

どのポケモン達も実写風にアレンジされたデザインですが、それでも現実にいたらこうなんだろうなという絶妙なデザインでした。ピカチュウのモフモフ、コダックのリアル感、エイパムの凶暴さにドダイトスのデカさ、道路で邪魔になってるカビゴンに爬虫類感の凄いゲッコウガ等本当驚きましたよ。

物語の大筋は一人の青年が父親への複雑なおもいを抱えつつ街にやってきて父親の自宅で出会った喋るピカチュウと共に事件を追う末に親子の絆を取り戻して行く話ですが、ティムの父親への複雑な想いを抱いてる様はなんとなくですがアニポケSMでのマオの母親への想いが浮かびましたね。サン&ムーンのテーマは家族でしたし、この映画も親子の絆を描いているのは不思議な気持ちでした。ピカチュウ=ハリーが記憶を失いつつポケモンになっても心を失わなかったのは救助隊を思わせたし、例え見た目が変わっても親子の絆までは無くならなかったのも素敵でした。

ちょっと惜しいと想っているのが公開された後でネタバレを観てしまった為にネタバレ無しで観ればもっと感動が大きかっただろうなって事でしてそこは後悔してます。それでも親子の絆が再生されていくストーリー運びは丁寧だったし、クライマックスで離れた二人が再び元の鞘に戻った場面は感動しました。

ティムの吹き替えをしているのは竹内涼真さんですが、彼は仮面ライダードライブで主演だったそうですね。鎧武以降仮面ライダーは観てませんが、あちらも物語が進む中で親子の想いに触れられる場面があったと聞きますし、いつか観たいと想うのですが、中々に観れる状況になれなくて。でも、時間が出来たら観たいし、ネットの声に惑わされず自分の感じた気持ちを大事にして楽しみたいのでゴースト以降も追いつきたいですね。

いやあ本当に親子の絆は素晴らしい。

投稿: アルター | 2020年5月23日 (土) 00時44分

コメント返信:アルターさん

ご覧になりましたか。楽しめたようで何よりです。

ポケモンのデザインは本当に良くアレンジされてて作り手がとてもこだわりを持って作ったんだなと改めて視聴してもひしひしと感じました。
家族の物語でサン&ムーンと重なるところがあったのは不思議な縁でした。ちょうど公開時期はサン&ムーンも終わりに向かってた頃なので同時期に見られたのは幸運でした。

映画のネタバレは知らない方が感動するのはそうなんですが、知って興味を持つということもあるので難しいところです。
自分は昨年ある映画のネタバレを知ってしまって、それがきっかけで元々見る予定が無かったその映画を観て楽しむことが出来たという経験がありまして。
でもなるべくはネタバレや事前情報は知らない方が良いかな、映画にしてもアニメにしてもそうしたいと自分は思ってます。

仮面ライダードライブは後半が主人公とその父に絡む話になるので親子の話という点でもこの映画と被るんですよね。
ツイッターではそれに絡めたネタを呟く人が多くてつい笑っちゃいました。

ネタは抜きにしてティムとハリー、ハワードとロジャーという親子の対比が見事で親子の絆をドラマの軸にしていたのは本当に良かったと思います。
記事にも書きましたがこの手の話は本当に心に響きます。

投稿: んがよぺ | 2020年5月23日 (土) 19時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 感想:ルパンレンジャーVSパトレンジャーVSキュウレンジャー | トップページ | 感想:ウルトラマンニュージェネレーションクロニクル第18話 »