« 感想:ウルトラマンニュージェネレーションクロニクル第18話 | トップページ | ニチアサ感想・2019/5/5 »

2019年5月 6日 (月)

アニポケSM感想:スイレン、カイオーガを釣る!?

120話
「スイレン、カイオーガを釣る!?」
脚本:冨岡淳広
コンテ:浅田裕二
演出:浅田裕二
作画監督:岩根雅明 志村泉

-成長した子供たち-

サンゴ礁で釣りをしている子供たち。周りに何にも無い海のど真ん中ですが後でちゃんと迎えは来たんでしょうね。
こんな場所に子供たちだけでいるのは彼らなら大丈夫と信頼されてる証だとあるんだと思います。
5話で釣りをした時はさっぱりでしたが今回は皆それぞれ成果があって成長してるんだとうかがえます。

5話で釣りの講師をしてたスイレンはというと、サトシと一緒にバルーンで海上散歩。
あの時はまだまだ未完成だったバルーンが格段に進化してることが分かります。
渦潮に飲まれた時もバルーンは割れてなかったしあの時とは全然違うんだなと感慨深い。

ところでサトシとスイレンよ。当人達は全くそのつもりは無いんだろうけど海でキャッキャしちゃってデートにしか見えませんよ。


-格が違う-

突然渦潮が発生し海中の闇に飲まれるサトシ達。
助けようとオシャマリが必死に泳いでる背後に巨大な影があり不気味に模様が光る。
予告を見てその影がカイオーガだと知ってはいたけど、この演出は知っててもドキッとしました。

ポケモンハンターに追い詰められ毒を受けていたカイオーガだが、毒が消えると本来の力を発揮し雨を降らせて海は荒れる。
”ぜったいれいど”で海を一瞬で凍らせたりと圧倒的な力を見せる。
伝説のポケモンがポケモンハンターに追い詰められるなんてと思ったけど、やっぱり並外れた力を持ってて伝説と呼ばれるのは伊達じゃないんだと分かります。


-VSポケモンハンター-

カイオーガに毒消しを飲ませるためにスイレンが奮闘する間サトシはポケモンハンターと戦う。
仲間のポケモン全員をモンスターボールから出して総力戦。皆出て来いって今作ではなかなか無いシチュエーション、過去シリーズでは珍しく無かったのに不思議なものです。

カイオーガを追い詰めるほどなんだからポケモンハンターだって相当強いだろうに全員を相手にして負けていない、ポケモンたちに的確な指示を出し戦えるのは積み重ねた経験の強さが出ているなと思います。


-助けたい-

海中に引きずり込まれたスイレンを助けるためオシャマリは必死に彼女を追いかける。
カイオーガのもの凄いパワーに引っ張られてて追いつけそうで追いつけない。それでもオシャマリは諦めずその強い思いが力となりアシレーヌへの進化を促した。
33話でぬしポケモンのヨワシと対決した時以上の危機的状況の中で、あの時は怖がりながらの対決だったのに今回は恐れるよりもスイレンを助けるために真っ先に体が動いていたのだから精神的に大分強くなってることがうかがえます。
その強い心があったからこそ最終進化を果たすことが出来たんだろうなと思います。

進化したアシレーヌと共に再びカイオーガとの対決に臨むスイレンは釣り竿を頑なに離さず一瞬に懸けてカイオーガを見事釣り上げる。
そしてアシレーヌの歌声が怒りを鎮めてカイオーガは海底深くへ帰っていく。
荒れていた海と空が穏やかな光景に戻るのがカイオーガの心を表す良い演出でした。


5話で言ってたカイオーガが釣れるという冗談がまさか今になって現実になった。
でもスイレンとしてはアシマリを助けてパートナーにしたり33話でも傷ついたヨワシを助けたのと同じように苦しんでるカイオーガを助けたい必死の思いで行動していた。
相手が伝説のポケモンであろうと大好きな水ポケモンが傷つくのを見過ごせないというのは一貫して変わってないんだね。
鎮まったカイオーガに触れた時のスイレンの優しい声は、伝説のポケモンを釣った偉業の達成よりも大好きなポケモンが無事だった安堵の思いの方が強かったんだとうかがえます。


オシャマリに進化してから今回に至るまで目立った活躍が無かったのは残念でしたが、最終進化を迎えるシチューションとしては伝説のポケモンが相手になってくれたのは申し分なかったです。
釣りというスイレンの一番の特技を活かしていたのも良かったです。

|

« 感想:ウルトラマンニュージェネレーションクロニクル第18話 | トップページ | ニチアサ感想・2019/5/5 »

ポケモンアニメSM」カテゴリの記事

コメント

オシャマリ期間の活躍が無かったのも確かに残念ではありますが、そうでなくても前回の次回予告でアシレーヌが映っていたのも思うところありますね。こういうのは映さないでおいて実際に本番の放送が始まった時に進化を披露した方が驚きが大きかったと思うので何かサプライズ感が薄くてもどかしかったです。

カイオーガに関しては襲っていたハンターを追い払ったからと言って簡単に怒りが静まる訳ではないところに伝説の貫禄を感じました。欲を言えばゲンシカイキと専用技のこんげんのはどうを撃ってほしかったですね。

今回の悪役は無名のハンター達でしたが、この辺もロケット団を毎回出演させるの辞めたから出来た事ですね。ロケット団の場合憎めない奴らなので彼らなら極力傷つけずに捕獲して紆余曲折あって結局サトシ達に吹っ飛ばされますが、ハンター達は思いっきり傷つけていましたし、結果カイオーガの怒りを買って吹っ飛ばされるに飽き足らずジュンサーさんのお縄になった事が示唆されていたのもロケット団の三人との違いを感じますね。

スイレンに関してはルアーがカスミの物だったのでカスミとの交流が続いているのが伺えましたし、ハンターがいなくなった後も奮闘してカイオーガを落ち着かせることに成功しましたしその頑張りにオシャマリの進化がつながったのだと思うと感慨深いですね。先ほど書いたように次回予告でアシレーヌが映ってなければもう少し感動できたのですが・・・なんかサトシ以外のメンバーの手持ちが殆ど最終進化するのって珍しくないでしょうか?残すところリーリエのシロンのみですしシロンが進化する時は明確にアローラキュウコン映すのではなく進化の最中光ってる程度にしてほしいですね。

マイナスな事も書きましたが、このように彼らが少しずつ一つのゴールに向かってるのも間違いないのは確かですし、マーマネとスイレンのムシZ、アシレーヌZ発動、マオのZリングとクリスタルの習得、リーリエのシロンの進化とマギアナの起動とモーンとの再会も楽しみですし、カキにもまだ何かあるようなので期待したいですね。

投稿: アルター  | 2019年5月 6日 (月) 01時37分

後、サトシのピカチュウ以外の手持ちに関して、モクローはあのままでいいとしてニャヒートとメルタン辺りは進化してほしいのですがどう思いますか?

投稿: アルター  | 2019年5月 6日 (月) 01時51分

すいません ナギサがまだいましたね。ナギサは進化しないでほしいとは言いましたけど、もし進化するとして何がいいと思いますか?スイレンに合いそうなのはシャワーズだと思うのですが。

投稿: アルター  | 2019年5月 6日 (月) 01時53分

コメント返信:アルターさん

予告でアシレーヌを見せちゃったのはマイナスでしたね。
いつ進化するんだろうと気になって却って話に集中できないノイズになってました。

ポケモンハンターは後でジュンサーさんに捕まったんだと想像がつくように吹っ飛ばされた彼らの様子を見せてたのが丁寧でした。
ロケット団以外の悪者ならこうして憎まれ役に徹することが出来るのでロケット団がお休みというのも悪いことばかりじゃないですね。
何度か仰ってたように出番が無さ過ぎても困りますが、今回はロケット団がいないことを上手く生かした好例です。

サトシ以外の手持ちポケモンでここまで進化が多いのも歴代でも珍しいです。
旅をせず定住し、各々の成長をじっくり描く今作だからこそと思います。
ポケモンリーグを控えてるサトシの手持ちは進化するとしてもナギサやシロンは無理に進化させなくても良いかなと思います。
既に最終回までの脚本はもう出来上がって各キャラクターの行く末は決まってると思いますが。
予想通りになるかどうか、慌てず見届けたいと思います。

投稿: んがよぺ | 2019年5月 6日 (月) 18時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 感想:ウルトラマンニュージェネレーションクロニクル第18話 | トップページ | ニチアサ感想・2019/5/5 »