« ニチアサ感想・2019/3/31 | トップページ | 感想:ウルトラマンニュージェネレーションクロニクル第14話 »

2019年4月 5日 (金)

アニポケSM感想:破壊の帝王グズマ!

115話
「破壊の帝王グズマ!」
脚本:米村正二
コンテ:毛利和昭
演出:毛利和昭
作画監督:志村泉 大橋藍人

-新たなZワザ-

鋼のZワザを練習するサトシとピカチュウ。
”ちょうぜつらせんれんげき”、ピカチュウがドリルみたいになって突撃するとは凄い絵面。
いや一応ゲームと同じ演出なんだけどアニメで見るとまたインパクトあるなと思って。
練習の的である連なる木版を貫通していたのが凄い技を使ってると視覚的に分かりやすく演出されてるのが良いですね。
これがあるから後半のバトルでグソクムシャの防御力の凄さも分かるわけで。良く出来てます。


-発表ポケモンリーグ-

オーキド校長のポケギャグをスルーして一同記者会見の会場へ。さらっと辛辣な態度だなあ。

ククイ博士の夢であるポケモンリーグ設立をついに公に発表。
エーテル財団のバックアップにしまキングとしまクイーンも賛同となり多いに盛り上がる。
失われた風習を蘇らせつつ誰にでもバトルを楽しんでもらうためのポケモンリーグ。
過去のことを踏まえつつ今できる形に昇華するというその設立の理念が素晴らしいし、しまキングとしまクイーンの賛同となれば世間の注目と期待が高まるのも納得です。
ここまでこぎつけるために各方面へ働きかけ奔走してたんだろうし、バーネット博士が夫の晴れ舞台を喜んでるのも彼がどれだけの情熱を注いできたか分かるからなんだろうなと。


うっかりククイ博士がロイヤルマスクの決め台詞を言いかけたのは笑っちゃった。
マイクパフォーマンスがこなれてるのもそっちの顔の活動あってこそだからね。ボロが出そうになるのも納得。

ハプウが他のしまキングしまクイーンと並んでいるのが感慨深い。
名実共に島の長になったんだなと思えるし、かつてのハプウだったら誰にでもバトルを楽しめるようにという考えには賛同しなかっただろうし。
でも記者会見の途中なのにサトシに呼びかけられて反応しちゃうのは年相応な感じがして可愛かったです。

会見中に退屈しているポケモンたち。
シェイミのくしゃみから始まり あくびをしたり駆け回ったりと可愛かったです。
穿った見方かもですが、世間の注目が集まっていても必ずしも皆が乗り気なわけじゃないという表れなんでしょうか。
ポケモンリーグを快く思わないスカル団と合わせて皆同じ気持ちとは限らないよということなのかなと。


-スカル団VSロケット団-

スカル団下っ端のラップに乗せて彼らのボスのグズマが登場。
悪の組織のボスがシリーズ終盤になってようやくの登場とは珍しい。

ポケモンリーグを潰してやるとメレメレ島へやって来たグズマ一行にロケット団が遭遇。
いきなり悪の組織のボスと鉢合わせ、展開早い。
さらにグズマ対ロケット団のバトルの様子は見せずにCM明けにロケット団が既にボロボロという大胆な省略。
新Zワザにポケモンリーグの発表にグズマの登場とイベントが続いてサトシ対グズマという見せ場もある、この詰め込みぶりが凄い。
ロケット団とのバトルを省略したことでグズマがどんなポケモンを持っててどう戦うのかまだ分からなくて、サトシとのバトルでその全貌が分かるという構成が見せ場を盛り上げるのに効果的で、詰込みと省略が上手く活かされてると思いました。

ロケット団もポケモンリーグに出場する気満々。
これまでのシリーズだとポケモンリーグ開催中は基本外野だったけど初代チャンピオンの栄光がかかってる今回は彼らが興味を惹かれて参加するのも納得だし、いきなりグズマに出鼻をくじかれる形にはなったけど彼らのリベンジに期待したいです。


-サトシVSグズマ-

白昼堂々ポケモンスクールに現れたグズマにサトシがバトルを挑む。
バトルの結果は残念だったけど、ククイ博士の夢を守るために名乗り出たことも、バトルをククイ博士が了承したことも、2人が互いを思い信頼してることがうかがえて良かったです。

グズマの相棒ポケモンはグソクムシャ。
ゲームで初めて見た時凄くカッコいいと思ったけどアニメで見ても映えますね。
複雑なデザインなのに絵が動くわワザの演出はカッコいいわで、敵役ながら惚れ惚れする活躍ぶりでした。
ピカチュウのスピードにも対抗して見せてZワザを受けてもそれを弾いてしまう驚異の防御力、強さを印象付ける良い見せ方でした。


バトルは毒を受けたピカチュウが追い込まれてほぼ勝敗が決したように見えたがグソクムシャがモンスターボールに戻ったことでうやむやのまま。
サトシは最後まで望みを捨てず決着をつけたかったがグズマは苦し言い訳をして去っていきククイ博士からはまた逃げるのかと核心をつく言葉が。

グソクムシャが引っ込んだのは体力が減ると後退する特性”ききかいひ”によるものと推測できるし、おそらくサトシとピカチュウが勝てる見込みは薄かっただろうけどグソクムシャも大分追い込まれていたんだと思える。
グズマが決着をつけずに去ったのが負ける可能性を恐れたんだとしたら潔くないし、勝てる可能性の方が大きいのに最後までバトルをやらなかったのはやっぱり臆病な選択だと思う。

あるいはサトシと向き合うのが怖かったのか。
ククイ博士を憎む言動をしていてサトシが似ているとまで言うくらいだから夢に真っすぐ進んて行く熱さを持った人が嫌いなんでしょう。
自分がそういう熱さを持っていないから憎むのか、あるいは自分もかつてそんな心を持ってたけど挫折したからその心と向き合うのが怖いのか。

いずれにしても決着をつけずに去ったことはグズマの矛盾であり弱さだと思うし、彼がそれと向き合うのかそれを抱えたままポケモンリーグを潰す強行に走るのか、彼の心がどう描かれるか要注目です。


-夢-

今回ラップが得意なスカル団員アキトシ役で今作のOPとEDを歌っている岡崎体育さんが出演。
ポケモン大好きで主題歌を歌う夢を叶えて本編にも出演とは本当におめでとうございます。

グズマはゲームの方ではキャプテンになれず島巡りに失敗した過去を匂わせる描写があります。
アニメではどんな背景があるかこれからの話次第ですが、おそらく何らかの挫折を経てるのだと思います。

諦めずに夢を叶えた岡崎さんが出演してる回で夢敗れたグズマが登場するって凄い皮肉。
おそらく偶然の巡り合わせだとは思いますが、それにしたってこのタイミングはとんでもないことだと思います。
グズマが再び夢を諦めずに進んでいくのか、それともサトシや岡崎さんのようにはなれないままなのか、彼のどんな思いを抱いてるのか気になります。

|

« ニチアサ感想・2019/3/31 | トップページ | 感想:ウルトラマンニュージェネレーションクロニクル第14話 »

ポケモンアニメSM」カテゴリの記事

コメント

話の前半こそ楽しい感じでしたが、グズマが出てきた辺りから不穏な空気が出てきましたね・・・サン&ムーンは今回まで楽しんでましたけどこの回のようにピリピリした空気は久しく味わってなかった気がします。グズマが悪の組織ボスという事もあって彼の登場に戦隊や仮面ライダーの悪の組織に新幹部が出てきた時に近い不安感を感じました。

マーマネがZワザを使いたいと言ってましたがやってくれますかね?サン&ムーンが終盤なのでマーマネとマオがZワザ使わないまま終わるのか不安でしたが、態々マーマネにマーマネにああいう台詞を言わせる辺りちゃんと使ってくれそうで安心しました。次回はリーリエが早速コオリZ使う上2匹目をゲットしそうですし。

ロケット団がリーグに出るかもしれないのも斬新ですね。スカル団のしたっぱ達とあれだけ争ったのにお互いが忘れていたのも笑いました。来週は残念ながら出番は無いそうですが、5話ぐらい出たなら十分ですね。これ以上やるとDPまでのようなKY感出ますし、そうでなくてもロケット団ありきのストーリーに成りかねないので。

グソクムシャが強すぎましたね。デザインも技の演出もカッコよくて強敵感出ていたと思います。ピカチュウもききかいひをグソクムシャに発動させる程にはダメージを与えていましたし、次はなんとか勝って欲しいです。

前作のフレア団ボスフラダリはポケモンリーグを進める過程で世界を壊そうとしたのに対してグズマがポケモンリーグ=みんなが楽しみにしているお祭り的な物を壊そうとするのはそれはそれでリアルな不安感がありますね。とはいえ皆が楽しくやろうとしているような空気は下手したら慣れ合いの空気が出るでしょうしそこにグズマのようなリーグ開催を快く思わない奴が出てくるのも話を面白くしているから凄いものです。

グラジオやハウも出てきて欲しいですね。彼らも強くなろうと頑張ってる者達ですし特にハウのフクスローがジュナイパーに進化していたら嬉しいです。

心配なのはXY&Zのリーグ終了後のような大荒れが起こらないかどうかですね。あの時はサトシが歴代でも屈指の実力を身に着けたにも関わらず負けたのが原因で起きてしまいまいたがもう流石にあんな事は起きないで欲しいですね。仮に負けるとしても流石にグズマに負けてそのままグズマが優勝するとかはハッキリ言ってやめて欲しいですし、なるべくカロスリーグの反省を活かした結末にしてほしい所存です。

でもやっぱり楽しみにしたい気持ちもありますし、サトシ達がどのようにしてスカル団に勝利するのか見守っていきたいです。


投稿: アルター  | 2019年4月 5日 (金) 16時00分

コメント返信:アルターさん

やっぱり強い悪役が出てくると緊張感漂い空気が変わりますね。
スカル団が組織としての規模はそれほどでもなくてもボスのグズマが強敵であることが十分に表れていたので、ポケモンリーグを潰すというのも本気でやりかねない怖さを感じます。

グズマとスカル団はどんなに優しくて皆仲良くしてる世界でも一緒に楽しんだりできない者もいるという象徴なんだと思いますし、それ故に皆の楽しみを壊すという行動も納得できるというか。
サトシが彼らの心まで救って見せるのかどうか、グズマに今度は勝ってほしいという思いと合わせて心に寄り添えるのかも気になります。


ポケモンリーグはハウやグラジオの参加と再戦も期待したいですが、やはりククイ博士とのバトルが一番の見せ場になるのかなと予想しています。
ゲームでは博士が最後の壁として立ちはだかったのでアニメでもそうなるのかなと。
今のサトシにとって父のような存在であるククイ博士に勝って優勝の栄冠を手に出来たらこれ以上ない感動だと思うのですが、はてさてどうなるでしょうか。

投稿: | 2019年4月 6日 (土) 02時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ニチアサ感想・2019/3/31 | トップページ | 感想:ウルトラマンニュージェネレーションクロニクル第14話 »