« 感想:ウルトラマンニュージェネレーションクロニクル第15話 | トップページ | アニポケSM感想:シェイミ、メルタン、ナギサ! 迷子の探検隊!! »

2019年4月18日 (木)

ニチアサ感想・2019/4/14

スター☆トゥインクルプリキュア 11話
仮面ライダージオウ 31話
騎士竜戦隊リュウソウジャー 5話
の感想を。

スター☆トゥインクルプリキュア
11話「輝け☆サザンクロスの力!」

クマリン星から逃げ帰ってきた一同だが遼じいに秘密がバレてまどかの父・冬貴にも危うく見つかりそうになり苦しい状況は続く。
冬貴が隠れてる皆に少しずつ近づいてところはハラハラしたよ。
遼じいは秘密を守ってくれる味方で冬貴が秘密を暴こうとする怖い存在と描かれてるのが対照的。
プリキュアの身内の大人が一番厄介な存在と描かれてるのは珍しいなと思い。

アイワーンはダークペンを3人で使うことを思いつきカッパードとテンジョウを巻き込んで3人一体のノットリーガーへ姿を変える。
お隣のジオウでトリニティタイムやったばかりじゃん。何この偶然。
敵が3人で一体ならプリキュアは4人で力を合わせて新技決めるよってことね。


不安を抱く ひかるにプリキュアとして戦わなくてはと鼓舞するララ。
プリキュアになれないと諦めてたララが真っ先にプリキュアの責任を自覚し前に出ていくのが感慨深いね。
想像力が無いと痛いところを突かれた ひかるにそんなことは無く自分がプリキュアになれたのは ひかるのおかげだと励ますのも良かった。

カッパードやテンジョウが苦しい環境で生きてきた過去を匂わせそれが他の星を侵略する理由だと語られるが、ひかるはそれは嫌だと言って再び立ち上がる。
「許せない」ではなく「嫌」というのが敵の事情を完全に否定しきってはいないように感じた。
彼らの過去や心情が今後掘り下げられるのかどうか気になるところ。


新たなアイテム・トゥインクルステッが出現しサザンクロスショットでノットリガーを倒す。
おうし座のペンは奪還したがもう一つのペンは奪われたまま。ペンの争奪戦の緊張感を保ってほしいところ。

強化された敵に力を合わせて立ち向かうというシチュエーションは良かったんだけど、技の名前にもなってるサザンクロスと4人の心の絡め方がちょっと物足りなかった気がします。


仮面ライダージオウ
31話「2001: めざめろ、そのアギト!」

いつものウォズのあらすじで始まるのに映ったのはG3ユニットの演習の様子。
そこへアナザーアギトの襲撃とそれがニュースになって事件を知るソウゴ達。
ここでウォズの語りが始まるといういつもと違う導入がおしゃれで良かったです。

G3の装着シーン、ベルトを光らせ闇の中から翔一がゆっくり歩いてきて変身、出世してる尾室、今でも連絡を取り合ってる翔一と真魚。
アギト本編を思い起こす演出に各キャラクターの今の姿が描かれてて感無量。
ツクヨミのピンチに現れスタイリッシュな動きでアナザーアギトと戦うアギトがカッコ良すぎた。


アナザーアギトに襲われた者もアナザーアギトになってしまう。
所謂ゾンビもの。流血表現こそないものの、襲われた隊員がG3の装甲を剥がして姿が変わってしまうのはなかなかに怖かったよ。
アギトは人間の進化で誰でもなれる可能性があるとはアギト本編で示唆されてたけど、まさかこんな形で複数のアギトが現れる状況になるとは。

アナザーアギトというキャラクター自体既にいて、今作のアナザーライダーとの兼ね合いどうすんのと思ってましたけど、アギト本編に出てきたアナザーアギトと今回のアナザーアギトはちょっとデザイン違うし別の存在ってことみたいですね。


ツクヨミにはレジスタンスに参加する以前の記憶が無い。
ツクヨミという名前も便宜上のもの。ゲイツには名字があるのに彼女に無いのはそいういうことだったのね。
そしてアギト編に掛けて記憶喪失だったと明かしたわけね。
翔一も本当は翔一という名前じゃないし、じゃあツクヨミの本当の名前と正体は・・・?


アギトを探してレストランを訪ねたソウゴがストレートにアギト居ますかと聞いたり王様になりたいと自己紹介してそこにゲイツが突っ込んでで大笑い。
ゲイツがソウゴの保護者みたいになってるのが可笑しすぎて面白い。
トリニティタイム再び。前回は戸惑いながらの口上だったウォズが改めてジオウトリニティの紹介をするけど周囲はポカーン。
戦闘中でましてその変な姿で堂々と語り始めたらそりゃそうういう反応になるわ。
ゲイツもウォズもすっかりソウゴの愉快なお供みたいになっちゃってる様子が楽しすぎた。

ソウゴ達がアナザーアギトに攻撃するがそれに目もくれずアナザーアギトはG3を狙い混沌とした状況。
入り乱れた戦闘は2大戦隊のVSを撮ってた杉原監督流石の手腕だなと思いました。


騎士竜戦隊リュウソウジャー
5話「地獄の番犬」

バンバがリュウソウルの力で ういの記憶を呼び覚ましどうやってマイナソーが生まれるのかを探る。
人間の心に付け込んでいるのはクレオンだと分かりリュウソウジャーの狙いが彼に絞られる。
3話で ういが狙われた時の様子が全く映らなくてどうしたんだと思ったらここで拾ってくれて良かった。
そして敵のマスコット的なキャラクター、怪人を作ったり巨大化させるポジションのキャラクターに早々に狙いを定めてアイツさえ倒せば全部解決じゃないかって話になるとは珍しい。
もっともそうさせないためにタンクジョウという強敵がいるわけですが。


タンクジョウにマスターを殺された恨み晴らさねばと怒りで戦うコウ。
リュウソウルの連続使用による攻めが鬼気迫るもので見応えあり。
だが個人の感情だけで戦っても勝てないのがヒーローのお約束。
メルトとアスナに諭されて改めて気持ちを一つにして巨大化したタンクジョウに立ち向かう。うんうん戦隊はこうでないと。

巨大タンクジョウとキシリュウオーが戦ってる間にバンバがケルベロスマイナソーを追跡し一人で撃破する。
バンバの実力がうかがえるのと毒に侵されたトワを助けたい必死の思いが力になったんだろうなと。

トワが出会った早苗がマイナソーの元だったが彼女の事は斬れないと躊躇う。
誰にでも失いたくない大切な人がいる、それを知ったトワはコウ達が ういを守ろうとした気持ちを理解する。
トワが早苗にそう感じたようにバンバにとっては弟のトワを失うわけにはいかない。
誰かを守るために戦う。その気持ちを知ったことでバンバもキシリュウオーと共に戦うことを選び新たな合体が完成するという流れが良かった。

キシリュウオーミルニードル。タンクジョウにも負けてない力強い戦いぶりがカッコいい。
夕焼けの中のロボ戦という絵も良い。この絵の撮り方は渡辺監督流石の手腕だなあと。

|

« 感想:ウルトラマンニュージェネレーションクロニクル第15話 | トップページ | アニポケSM感想:シェイミ、メルタン、ナギサ! 迷子の探検隊!! »

ニチアサ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 感想:ウルトラマンニュージェネレーションクロニクル第15話 | トップページ | アニポケSM感想:シェイミ、メルタン、ナギサ! 迷子の探検隊!! »