« 感想:ウルトラマンニュージェネレーションクロニクル第17話 | トップページ | ニチアサ感想・2019/4/28 »

2019年4月30日 (火)

アニポケSM感想:超速のクワガノン! マーマネ覚醒!!

119話
「超速のクワガノン! マーマネ覚醒!!」
脚本:大久保昌弘
コンテ:若林厚史
演出:ウヱノ史博
作画監督:篠原隆

-挑戦クワガノンレース-

以前挑戦したデンヂムシカーレースに代わり今回マーマネが挑むのはクワガノンレース。
クワガノンにアーマーを装着し飛行中の光景をVRゴーグルで体感できるそうな。
デンヂムシカーレースがミニ四駆的な往年のホビーだとすればクワガノンレースは最新ホビーと言ったところか。
ポケモンの進化に合わせて遊びも進化してるみたいで良いですね。

授業中も街中を歩いててもVRゴーグルを外さないマーマネ。新しい玩具を手に入れたらずっと身に着けていたい、行儀は良くないけど分かるぞその気持ち。

実際の競技ではクワガノンを模したマシンに搭乗し視覚だけでなく体感もクワガノンと一体になる。
クワガノンにマーマネが乗っているように見えるシーンがあったのが、実際に乗っているわけではなくても一緒に頑張ってるということが伝わる良い演出でした。
こんな競技が本当にあったら滅茶苦茶楽しいだろうな。


ロケット団も例によって悪だくみがあってレースに参加。
ドライバーはコジロウだけど、レース中に顔が別のアニメになってましたね。
もしかしなくても頭文字Dのパロディ。三木さん頭文字Dで主演だったし三間音響監督も関わってた作品だし、今回のアフレコはノリノリだったんじゃないでしょうか。


-ライバル再び-

マーマネに勝負を挑んでくるのは3度目の登場となるハヤテ。
過去2回の登場では金にものを言わせて嫌味な印象だったが今回はマーマネをライバルと意識し正々堂々と決着をつけようと強い意気込みを見せる。
特訓の末デンヂムシから進化し白い彗星となったクワガノンが彼が以前とは違うことを如実に表しています。
過去2回の対決もズルはしてなかったのでいつかマーマネと真剣勝負が出来る見込みはあると思ってたけど、いざ実現したとなると感慨深い。

レース中もマーマネの事を気にかけててロケット団の襲撃にも一緒に立ち向かってくれた。
レースの後は握手を交わして次は勝つと誓いを新たに。
たった3回の登場なのにライバルの成長も見せてくれる、素敵です。


-恐怖を乗り越えて-

順調にレースを続けてたマーマネだがロケット団のせいで洞窟内の照明が落ちて暗闇に怯えてしまう。
VRによる体感がリアルだからこそ実際に洞窟に居るわけじゃないのに怖くなるし、恐怖を和らげようとクワガノンの励ましも本当に傍にいてくれるように感じるわけだ。
VRというギミックを心の動きに活かしてるのが上手くて感心します。

夢は宇宙飛行士になること。そのためにはいつまでも暗闇を恐れてはいられない。
クワガノンの励ましを受けたマーマネは自分の夢を語って暗闇の中を進んでいくと意を決する。
恐怖を超えて進む決意をするマーマネの声色、武隈さんの演技が凄く良かったです。

星を見るのが好きなマーマネが宇宙飛行士を夢見るのも納得だしその夢を恐怖の克服と絡めたのも上手い。
VRを活かしたシチュエーションと心の動き、そして夢の宣言、良く出来てると本当に感心します。


-夢に近づく一歩-

ロケット団を退けてレースは仕切り直し。
洞窟の出口から全員で一斉に再スタートするのが良いですね。
最終的にはマーマネとハヤテの一騎打ちにはなったけど、ロケット団相手に活躍した2人を優遇するわけじゃなく皆の合意の元で公平に競技を再開したんだなとうかがえます。

レースは僅差でマーマネのクワガノンが勝利を納め優勝賞品のムシZを手に入れることが出来た。
ポケもんだいの出題でこの結果は想定通りだったけど、それからさらにZリングまで手に入れる展開は予想がつかなくて驚いた。
ハプウからマーマネに贈られたZリング、洞窟内の騒動で皆を助けた活躍を称えてとのこと。
しまクイーンとしてマーマネの勇気を認めたことはもちろん、以前ポニ島に滞在中に世話になったお礼の意も含んでZリングを贈ったんでしょうね。

ライバルとの真剣勝負によって自分の夢を叶えるために恐怖を克服しZワザを使いたいという目標にも近づけた。
クラスメイトが応援に徹してて見せ場が無かったのは寂しいですが、マーマネの成長は十分に見せてくれた素敵な話でした。

|

« 感想:ウルトラマンニュージェネレーションクロニクル第17話 | トップページ | ニチアサ感想・2019/4/28 »

ポケモンアニメSM」カテゴリの記事

コメント

嫌味なライバルといえばサトシの最初のライバルだったシゲルもそんな感じでしたね。彼の場合、当時のポケモンがそこまでバトル重視で無かった都合上そんなにストーリーには絡まなかったけど、割れたモンスターボールの過去とか色々あったしジョウトリーグでも見事なバトルをしてお互いを認め合いましたよね。今回のマーマネとハヤテの最後の握手はなんとなくそれを思い出しました。

サトシとロトムの喧嘩の時みたくまた夢が話を動かしましたね。暗いのを怖がるマーマネを励ますクワガノンに絆を感じましたし、マーマネの独白は武隈さんの演技も相まってグッときました。かなえたい夢が彼らに力を与えてくれる展開は本当に感動します。

ハヤテも初めて会った時こそ金に物言わせていましたが、ポニ島での一件があったからかあの後相当特訓してデンヂムシをクワガノンに進化させたのが伺えましたし、ロケット団が邪魔した時もマーマネを助けに戻った辺り彼らにも戦う中で絆が産まれていたのだと思います。

最後にハプウがマーマネにZリングを渡していましたが、僕ポケもんだいを映画の情報の関係で観れてないんですよね。実はポケもんだいの後日談でマーマネがZワザ発動してたりしますか?なんとか観たいのですがよくわからなくて。

まだZリングとクリスタル手に入れてないのはマオですが彼女にもそれを手に入れる為の試練と素晴らしいドラマが与えられることを期待したいですね。個人的に彼女がクリスタル手に入れるならエスパーかフェアリーがいいですね。

投稿: アルター  | 2019年4月30日 (火) 00時46分

コメント返信:アルターさん

シゲルも良いライバルでした。ジョウトリーグの決戦は彼の成長も感じられた名勝負です。

マーマネが夢のために振り絞った勇気に心が熱くなりました。
何かを目指す、やりたい事のために頑張れる姿は素晴らしいです。

ポケもんだいCパートは、Zリングを着けたまま眠ってるマーマネにクワガノンが圧し掛かってトゲデマルと合わせて3人で仲良くベッドで眠る微笑ましい光景でした。

投稿: んがよぺ | 2019年4月30日 (火) 16時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 感想:ウルトラマンニュージェネレーションクロニクル第17話 | トップページ | ニチアサ感想・2019/4/28 »