« 感想:ウルトラマンニュージェネレーションクロニクル第12話 | トップページ | アニポケSM感想:ビューティー・アンド・ニャース! »

2019年3月26日 (火)

ニチアサ感想・2019/03/24

スター☆トゥインクルプリキュア 8話
仮面ライダージオウ 28話
騎士竜戦隊リュウソウジャー 2話
の感想を。

スター☆トゥインクルプリキュア
8話「宇宙へGO☆ケンネル星はワンダフル!」

ロケットに乗って辿り着いたのは骨型の星ケンネル星。
骨が散乱し ひかる達を呼ぶ声がワンワン言ってたので犬型の宇宙人がいるのかと思ったら、姿を見せたのは毛むくじゃらの宇宙人。
毛が多いほど美しいという価値観を持ち挨拶は逆立ち。毛むくじゃらなのは骨が降ってくるので毛が多いほど体を守ってくれるから。
地球とは全然違うということを面白いビジュアルで見せていて好感触。
ひかるは挨拶を真似て えれなは地球の挨拶はこうするんだと握手を。別々のアプローチだけどドギーたち仲良くなりたいと歩み寄りを見せてるのが良かったです。


探してるペンは彼らが大事にしてる像に突き刺さっていて、それを取ることは彼らの笑顔を奪うことだと えれなは躊躇う。
友達になれたと思ったドギーには非難され、ペンを奪いに現れたカッパードと同類だと厳しい言葉がかけられる。
プリキュアの使命が他の星の者を苦しめることもある。宇宙を救うため知らない星へ飛び出していくとてもワクワクする体験も、少し間違えれば侵略者と同じになってしまうと描いたのはドキッとしました。
使命のために早くペンを取るんだと急かしていたプルンスは自分の配慮のなさを悔いてドギーに謝り、プリキュアを助けるために今だけでもペンの力を貸してほしいと頭を下げてたのが良かった。
挨拶にしても自分の振る舞いが悪かったと反省するのも異文化との交流において大事なこと。それを面白い絵を挟みながら描いていたのが面白かったです。

毛生え薬、何に使うんだと思ったらプルンスがカッパードの攻撃を防ぐためにというのは膝を打ったし、天秤座のプリンセスが毛むくじゃらのプルンスをスルーしようとしたのは笑っちゃった。


仮面ライダージオウ
28話「オレたちのゴール2019」

ソウゴの過去を見た士とツクヨミ。世界が破壊されるところを選ばれた子供たちに見せ、その中で王の資質を目覚めさせたソウゴにスウォルツが何かを仕組んだ。
全て仕組まれていたんだと分かる衝撃の展開なんだけど、ソウゴが叫んだ「アブナイ」がそのまま実体化したのは笑っちゃった。ドラえもんのコエカタマリンかよ。

士はソウゴが本当に魔王になる男なのか見極めようとしてたのね。
事故に巻き込まれたツクヨミを助けて元の時代に帰してくれたし、何か企んでると疑って本当にごめん。


白ウォズ曰くジオウ・ゲイツ・アナザージオウの誰が勝ち残っても計画に支障は無い。
我々、と言ってるのはスウォルツとグルということでいいのかな。魔王の擁立と救世主の擁立は対立する計画だと思ってたけどどちらも同じ目的のために仕組まれてるということなのだろうか。


ソウゴは約束の場所でゲイツと再会。
飛流と一戦交えて既にボロボロで何故そうまでしてとゲイツは問うが、ゲイツだって黒ウォズの忠告を受けたのにリバイブの力を使ってボロボロの状態でこの場に来ている。
2人ともボロボロになっても互いの約束を信じてるのが泣けてしまう。

ここに来ればゲイツに会えるから、ツクヨミとゲイツが来るまで友達がいなかったんだと自分の思いを正直に打ち明け、2人を友達だと思うから倒されることになっても会いたかったのだとソウゴは語る。
その思いを知ったゲイツは横やりを入れてきた飛流を止めて、ソウゴは優しくて頼りになる男で自分の友達だと叫ぶ。
ソウゴとゲイツの思いの吐露、胸が熱くなり泣けました
そして2人で協力してアナザーライダー軍団と戦う。フォームチェンジと必殺技の応酬、そしてジオウⅡとゲイツリバイブの連携でアナザージオウもついに倒す。
熱い、熱すぎるよこの戦い。


敗れた飛流にソウゴは自分にはどうすることもできない、それでも過去のためじゃなく今のために生きようと諭す。
飛流へ語りかけながら、それは自分自身にも言い聞かせてるようにも思える。
ソウゴ自身も事故で親を失った過去から解き放たれたいと思っていて、ゲイツとツクヨミと出会えたことは悲しい過去から前に進むための希望なんだろうなと。


改めて決着をつけようとするゲイツにソウゴはクジゴジ堂がゲイツとツクヨミの家で2人がいないと寂しいから帰ってきてほしいと伝える。
そしてゲイツが死んだと思いこんでたツクヨミが帰還したことで3人が再び揃う。
この瞬間、ソウゴとゲイツの戦いを止めようと必死のツクヨミに対し2人が安堵の笑みを浮かべてるのがとても良い絵でした。

クジゴジ堂にゲイツとツクヨミが帰ってきたことを順一郎も喜び張り切って夕食を準備する。ここの順一郎の喜びようもグッときます。
黒ウォズが既に部屋を借りててゲイツと相部屋になるというまさかのオチがつき、クジゴジ堂は以前にも増して賑やかに。
キカイ編からソウゴの周りが寂しくなっていくのが辛かっただけに、このオチはソウゴの心を久しぶりに明るく照らしてくれたと思います。

良かった良かったと安堵してたところに、出ましたもう一人の通りすがりの仮面ライダーが。
つい先日までお隣の番組で快盗が活躍しててこっちにも快盗が登場って。キカイ役が入江さんだったことといい狙ってるでしょ東映さん。
なんて思ってたら予告で衝撃。2度と出会ってはいけない運命にあった2人の仮面ライダーがいるんですけど!?
通りすがりの仮面ライダーの登場を事前告知しておいて本命のサプライズはこっちですか。オーズ編のサプライズといい見事に踊らされてます。


騎士竜戦隊リュウソウジャー
2話「ソウルをひとつに」

アパン無しですぐにOPが流れる、この感じ久しぶりだなあ。
EDはまたダンスかよと放送前は思いましたけど、いざテレビで流れるとつい歌につられて体を動かしたくなっちゃう。
王道路線はやっぱ強いわと思った次第です。


姿の見えない騎士竜を探して村の外へ出る騎士たち。
行くあてのない彼らの助けたのは龍井家の親子。ういが3人を家に招き研究の過程で騎士竜の存在を知った尚久が神殿と思われる場所を教えてくれた。
他にもマイナソーの元にされてしまった三島に寄り添い事情を聞き出したり、戦えない彼女でも騎士たちの支えになってるところが早速描かれてるのが良かったです。
でも次回は彼女の事でトラブル起きそうですが。

マイナソーは人の心から生み出される。
フェンシングの選手で一番を目指す三島の心から生まれたマイナソーは同じ剣の使い手としてリュウソウジャーを苦しめ、一番になるという欲望はマイナソーを巨大化させた。
人の心から怪物が生まれるのはお隣のプリキュアシリーズでお馴染みですが戦隊だと珍しい。
こういうキャラクターを出すということは今作は一般市民との交流も多く描かれると期待して良いんでしょうか。
怪物退治と心の交流、マイナソーの設定を上手いこと活かして欲しいです。


コウがティラミーゴを探してる間にメルトとアスナは巨大マイナソーを足止めする。
前回もそうだったけど相手が巨大でも怖気ず立ち向かうのはカッコいい。
巨大な敵とも戦える戦士というアピールにもなるしリュウソウルをバンバン使って販促にもなるし良いですね。

ティラミーゴVS巨大マイナソー、街中でのバトルが前回の巨大戦とはまた違った趣で見入ります。
さらにキシリュウオーに変形し走って跳んで武装を組み替えて戦う。いやいやカッコいいしギミックをバンバン見せてくれるし面白いな。

|

« 感想:ウルトラマンニュージェネレーションクロニクル第12話 | トップページ | アニポケSM感想:ビューティー・アンド・ニャース! »

ニチアサ」カテゴリの記事

コメント

1話の序盤からWレッドの登場で激あつな展開しかもレッドだけでなくブルー、ピンクもWで登場!本当テンションアゲアゲ!

かと思えば、若き継承者を守るためマスターたちが!1話から本当重いですね

でもそこからマスターたちの想いもひきづき継承を決意するところ、格好いい!

そしていきなりキシリュウオースリーナイツで大暴れ!なの俊敏な動きはびっくりでした!

2話目はポケモンを感じだというか、序盤は、言うことを聞いてないというわけではないと思いますが、やる気のない感じでいたところレッドのあきらめない気持ちというのを感じ取り、気持ちが通じて一緒に闘うこと決意したのかなと思ったり。

キシリュウオーのさまざまな変形で闘うのは本当格好いい!

そして改めて家族関係のお話は僕自身弱いだなと改めて感じました(^_^;)


今回の主題歌CD購入しました。
CD購入はゴーバスターズの前期、トッキュウ、ジュウオー以来で、トッキュウは終盤あたりでの購入で、ジュウオーはスーパー戦隊ヒーローゲッター16が聴きたいなと思っての購入で、後はデジタル配信でしたので、発売当初とすればゴーバスターズ以来です

どちらかといえば、最強バトルが聴きたくての購入!でしたが、リュウソウジャーのオープニングもド直球で格好いいですし、詩もめちゃくちゃ素晴らしい!どこかポケモンバトルやゲーム上でのメガシンカをかんじさせるところもあって格好いいです

エンディングも、バストアムーブをかんじさせるくらい本当踊りたくなるような曲ですし、女性アーティストさんが歌うのは前作を除けばなかなかないので、今回も女性アーティストさんが担当ということで、本当よかったですし、戦隊や戦隊主題歌でももっと女性アーティストさんが担当するのが増えていけばなと感じました

最高最強バトルSUPERSTARSはもう格好よすぎでリピートしまくりです

これぞ王道てかんじで良いです!
今年のスーパー戦隊もめがはなせません!

投稿: リザードン大好き! | 2019年3月28日 (木) 13時26分

熱い熱い1話~2話!前回の恐竜モチーフのキョウリュウジャーの暴れるぜ!とめてみな!に負けないくらい今作の恐竜モチーフであるリュウソウジャーも初回から大暴れ!でしたね。

1話から本当凄く展開が重くて観ていて辛い部分はありましたが、マスターたちの想いを胸に神殿の大いなる力はなくなりましたけど、マスターたちの魂を力にかえリュウソウジャーに変身するのは本当今作のモチーフのひとつでもある騎士とつながっている感じがして熱い!
初回からWレッド、Wブルー、Wピンクが観れるとは本当驚き!

今作は最強バトルとつながっているのかなと感じていて、変身アイテムやリュウソウルがゴウカイジャーのレンジャーキーに似ていますし、最強バトルでゴウカイジャーが1番始めに出ていたこと、そして大いなる力というワードが出てきて、リュウソウルに魂の大いなる力をやどしたと考えると今後、ゴウカイジャーとのエピソードもあるんじゃないかなと思うような感じを個人的にはしています

2話目はポケモンをを感じさせるような感じがしました。
言うことを聞いてないというわけではないと思いますが、ティラミーゴは全然やる気を見せずでした。
やる気を見せたのも、リザードンがグレンジムの件をきっかけにサトシを信頼してるわけでなく、あくまで炎タイプだけメラメラと闘志をもやしてるだけといのがあってティラミーゴもそれに近い感じがあるのかなと感じました
ただレッドのあきらめないまっすぐな気持ちがティラミーゴに伝わり心をひとつにできて闘えたんじゃないかなと。

1話からいきなりキシリュウオースリーナイツでアクティブに大暴れしていましたが、今回はキシリュウオーとしてアクティブかつ俊敏に動き、怒濤の変形ラッシュでの攻撃も本当格好よく熱い!

2話目は家族関係に関するお話でしたけど、やっぱり年齢を重ねるごとに家族関係に関するお話は本当まじで弱くなってきているなと改めて実感しました。感動しますよ!

今作の主題歌CD購入しました!
今まではデジタル配信での購入が多く、CD購入をしたのは、ゴーバスターズ前期が収録されているCD、トッキュウジャー、ジュウオウジャー、以来ですかね。トッキュウジャーは終盤あたりでの購入でしたし、ジュウオウジャーはスーパー戦隊ヒーローゲッター16目当てで購入でしたので、発売当初とすればゴーバスターズ以来の発売当初での購入!

今回の主題歌CDはどちらかといえば、最高最強SUPERSTARSを聴きたいなと思っての購入でしたが、オープニングの騎士竜リュウソウジャーも本当ド直球のまさに戦隊ソングていう感じで格好いいですし、詩も凄く素晴らしい!
どことなく2番の後の間奏部分がゲーム上のオンラインのポケモンバトルやメガシンカを彷彿とさせる感じがしてうまく表現できませんが、ポケモンと通じる絆で心をひとつにして、あきらめず立ち向かうというのが感じられ本当熱い!

エンディング曲はバストアムーブを感じさせる曲で本当踊りたくなるような楽曲!ルパパトを除けば、戦隊ソング主題歌としては女性アーティストさんが担当するということは今までにあまりなかったと思うので、今回のエンディングを聴いて改めて戦隊や戦隊主題歌でも女性レッドの主役だったり、女性アーティストさんが主題歌を担当するのというのが今後もっと増えていってくれればなと感じました

最高最強SUPERSTARSはもう格好よすぎで、リピートしまくりです!
本当王道の戦隊ソングという感じで最高です!

投稿: リザードン大好き! | 2019年3月28日 (木) 19時29分

最初コメントが投稿されてなかったので、改めて書き直したんですが、二回目に投稿したら前回分も一緒に投稿になっておなじようなコメントがつづいてしまいました。(^_^;)申し訳ないです

投稿: リザードン大好き! | 2019年3月28日 (木) 19時32分

コメント返信:リザードン大好き!さん

連投の件は気になさらずに。いつも熱いコメントありがとうございます。


リュウソウル、名前の通り魂を宿した物なのでレンジャーキー的な使い方、ゴーカイジャーとのコラボが有っても無くても誰かから思いを継ぐという形で活かしてくれたらいいなと期待してます。
1話で早速先代のリュウソウジャーから思いを継いでいるので大事な心を託されたということをこれからのドラマに活きてくるといいなと。

>ポケモンみたい
ああ言われてみれば似てるかもですね。
いきなりティラミーゴがいなくなってどうしたんだと思ったんですが、まだコウを信頼してなかったけど懸命に戦う姿を見てまた一緒に戦う気になったと考えれば辻褄は合いそうですね。

自分も年食ったせいで家族の話は弱いですね。


CD購入されましたか。自分はレンタルで済ませちゃったのでスーパー戦隊最強バトルの主題歌は聞けてないんですよ。
リュウソウジャーのエンディングは女性単独ボーカルだとマジレンジャーのエンディング以来になりますかね。
オープニングの熱さと対照的につい体が動きそうなノリが癖になりそうです。

投稿: んがよぺ | 2019年3月28日 (木) 20時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 感想:ウルトラマンニュージェネレーションクロニクル第12話 | トップページ | アニポケSM感想:ビューティー・アンド・ニャース! »