« アニポケSM感想:新種発見! メルタン、ゲットだぜ!! | トップページ | ニチアサ感想・2019/03/10 »

2019年3月15日 (金)

スーパー戦隊最強バトル:第4話感想

4週にわたって放送された特別企画もついに終幕。
平成が終わる前の最後のお祭り、堪能いたしました。
ただ感想はちょっと簡易的に。すみません。

4週連続スペシャル スーパー戦隊最強バトル!!
4話「そして明日へ」

・マーベラスに助けて貰うなり踏んづけるルカ、いい蹴りだと返すマーベラス。
乱暴に見えて信頼がうかがえるやり取りが良いです。
ルカは一人で結界を破りマーベラス達が究極大サタンを倒す突破口を開く。
一人でも戦えるところが彼女がガイソーグの鎧に狙われるだけの強さを持つことを証明してて、ただ助けを待つだけじゃない立派な戦士であることが表われててカッコいいです。

・リタが宇宙を滅ぼそうとするのは貧しい自分の星を誰も助けてくれなかったから、正義なんて無くて何も信じられないから。
その彼女を諭そうとし、戦いの後手錠をかけるのはスティンガー。
キュウレンジャーは悪に支配され宇宙を救うため戦ってきた戦隊だし、闇に落ちた兄を救えなかったスティンガーが世界に絶望する彼女を救いたいと思うのは道理。
それと回想にはなかったけど、スティンガーが主役のVシネマでも救えなかった人がいてその彼女の事も脳裏を過ったんじゃないかな。
あれも坂本監督の演出した作品だしその時の事を踏まえた上でスティンガーがリタを説得する展開にしたのかも。

・変わり者チーム5人が集結し素面アクションからの変身と名乗り、王道演出熱いぞ。
さらに強化フォームもお披露目。
ハイパートッキュウ5号はテレビ本編で実は登場してないし、ゴーカイレッドゴールドモードはテレビマガジンの全員サービスのDVDにしか出てなかったやつでは?(間違ってたらゴメンナサイ)。
レアな強化フォームがこうしてテレビで改めて見られるとは嬉しいです。

・究極大サタンへの止めはやっぱり元祖ゴレンジャーの必殺技をリスペクトして。
歴代戦隊の力を結集したスーパー戦隊スペシャルストーム。
トスを回す時に歴代レッドの姿が映るのが熱いです。

・スーパー戦隊なんか終わっちゃえと言うリタに立ち向かうは新戦隊の2人の戦士。
新しいヒーローが本編に先駆け登場するのは東映のお家芸。東映の伝統を踏襲しつつ、リタに終わってしまえと言わせることでまだまだスーパー戦隊は終わんねえぞという製作陣からのメタ的なメッセージなのかなと思いました。
リュウソウルの力を駆使してガイソーグを倒す2人の竜騎士。ギミックをしっかり見せてくるところも坂本監督らしい。
そしてガイソーグの鎧はまだ残っていて何者かが回収し、遺跡の中から始まりのリュウソウルを見つけるマスターの姿も。
この番組はお祭り企画でありながら新戦隊のエピソード0も兼ねているということなんでしょうね。
騎士竜戦隊リュウソウジャー、新たなスーパー戦隊の活躍楽しみにしています。

・結局この戦いに参加した皆の願いは叶わないままなのか。いやジェムが僅かに残っていて天晴が大和にジェムの欠片を託してくれた。
もしかしたら願いが叶うかもしれない。前回カグラが自分でメニューを考えると言ったように少し手助けがあれば後は自分たちで願いを叶えられるはず。
願いを叶ったところを見せるのではなく叶うかもしれない希望を見せたところで終わるのが厳しくもあり、また願いを叶えるため彼らは前進していくだろうという戦士たちの強さを信頼した誠実な結末にも思えます。
リタの境遇といいこの結末といい苦味があるのが荒川さんらしい脚本だなと思います。


僅か4回の放送でしたが歴代戦士との再会に心躍り、聞き慣れた主題歌やBGMにテンションが上がり、回想シーンや切なる思いの告白に涙し、アクションは超カッコ良くて。
とにかく凄い密度の特別企画だったと思います。
こんな素敵な番組を見られて感無量です。
出演者、関係者の皆様、本当にありがとうございました。

|

« アニポケSM感想:新種発見! メルタン、ゲットだぜ!! | トップページ | ニチアサ感想・2019/03/10 »

ニチアサ」カテゴリの記事

コメント

イヤー素晴らしい最高の一言につきます!
最終話にてついに変わりものチームがそろい、やっぱり改めて素面アクション格好いい!て感じました
強化フォームも久しぶりだったり、本編ではなかったりと本当貴重で激あつな強化フォームも観られてテンションアゲアゲでしたね!

必殺技はゴレンジャーや昔の戦隊のみんなでパスをまわしながら攻撃する技で凄くしびれました。
僕はファイブマンのスーパーファイブボールのイメージが凄くつよいです!

42作すべてのスーパー戦隊の想いが大いなる力のようなちからになって生まれた必殺技だったのかなと。

やっぱりVSでもそうですが、名前を呼び合うて本当最高に熱くてぐっときますね!
それこそ変身後でも名前で呼び合うというのはファイブマンがたしか初なので、繫いで、つむいできた歴史の重みを改めて感じました 

今回のゴレンジャー?のレンジャーキーが光ったのは自分のなかではゴレンジャーの大いなる力というよりはすべてのスーパー戦隊の想いの力かなと想っています

ゴレンジャーの大いなる力てメカ関係でしたでしょうか?ゴウカイジャーは本編、劇場版と観ていますが、よくわかってなくて(^_^;)


すべての戦隊が願いを叶えるため、今回の最強バトルに参戦したと考えると、今回の必殺技に繋がったのが新たな大いなる力だとするとゴウカイジャーのお宝だったり、ゴウカイジャーの大いなる力である、夢を掴む力につながってるのかなと想います 
後はあきらめない力、かけがえのない仲間との絆、心をひとつにも今回の大いなる力だとイマジネーションしてみました

ルカもついに本格登場し、ルカの素面アクション、ゴウカイチェンジがついに観られました

リタが今回おこした理由も明らかになり、感じたことはスティンガーだけじゃなくすべてのスーパー戦隊もいろんななことを抱えながら、戦っていた当時や戦いが終わった後も様々な想いをかんじながらきているのかと感じました

ついに、マーベラスたちとリュウソウジャーが本編でつながりましたね!
やっぱり新戦隊のお披露目は熱くて格好いい!

今まではVSでのお披露目で今回はスペシャルのTV本編でしかも新戦隊につながっていくお話での登場だったのでより熱くかった! 
平成の最後にこんなにも素晴らしい作品を観れたことに感謝しかありません!


今回も明言があったマーベラス~格好よすぎ(^_^;) 


 

投稿: リザードン大好き! | 2019年3月17日 (日) 09時09分

連投ですみません。全員集合し素面アクションのシーンで怪人キャラであるファイブマンのばつら兵が出ていて、地味にうれしかった~
ばつら兵はいろいろあった怪人で、ほかのばつら兵よりなにもできないばつら兵がまさかのファイブマンの味方に?だったり、九州だよ~んという話では逆さまデーにより立場が逆転しばつら兵がトップにたつという異色の怪人でした!

ラストシーンで本編同様、オープニングが流れる展開と必殺技時に自分たちそれぞれの戦隊の決め台詞を言いながらパスするシーンも本当熱い!

歴代戦士同士のスペシャル版ということで、もしかしたらスーパー戦隊ヒーローゲッターのアップデート版が聴けるかもと思いましたが、残念~

来年は44作目ですが、東京オリンピックの記念の年となる戦隊ですし、再来年は45作目という記念のとしなので、スーパー戦隊ヒーローゲッターのアップデート版聴きたいな!個人的にはルパパトがどのような歌詞になるか今から本当気になっています(^_^;)

投稿: リザードン大好き! | 2019年3月17日 (日) 11時44分

コメント返信:リザードン大好き!さん

素面アクションは坂本監督の演出はもちろんですが役者さんの動きがカッコよくていいもの見れたなと。

ゴレンジャーから続く伝統の必殺技にはやっぱりテンション上がります。
ゴレンジャーの大いなる力はバリブルーンの召喚だったと思いますが、この番組では必殺技と歴代戦隊を繋ぐ力と解釈してもよさそうですね。


バツラー兵、そういえばそんなエピソードもありましたね。
普段やられっ放しの戦闘員が頑張ってると印象に残ります。

スーパー戦隊ヒーローゲッターのアップデートは楽しみですね。
ルパパトは2つ揃ってこそだと思うので1フレーズで2大戦隊を表現できる歌詞になるか気になります。

投稿: んがよぺ | 2019年3月20日 (水) 17時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: スーパー戦隊最強バトル:第4話感想:

« アニポケSM感想:新種発見! メルタン、ゲットだぜ!! | トップページ | ニチアサ感想・2019/03/10 »