« スーパー戦隊最強バトル:第1話感想 | トップページ | アニポケSM感想:しまクイーン誕生! サトシの大試練!! »

2019年2月20日 (水)

ニチアサ感想・2019/2/17

スター☆トゥインクルプリキュア 3話
仮面ライダージオウ 23話

の感想を。

スター☆トゥインクルプリキュア
3話「プリキュア解散!?スタープリンセスの力を探せ」

ペンダントが何かに反応してることに気付き調べ始める一同。
ララはAIの分析結果を待とうとするが ひかるはじっとしてられず外へ飛び出す。
分析・効率を重視するララとまずは行動の ひかる、意見が対立し次第に名前の呼び方についても文句を言い始める。
ララは大人だと前回示されたのでちゃん付けで呼ばれるのを嫌がり無暗に飛び出していく ひかるにイライラするのも道理。
ひかるは噂話に何かヒントが無いかと考えて街へ出てプルンスを風船に見立てて人混みをやり過ごすフォローをしたりと決して考えなしでは無いことも描かれてるけど、考えの固いララにはその思いは伝わらず。
プリキュア恒例の喧嘩回でちゃんと仲直りもするんだろうと予想はできるけど、考えが噛み合わず2人ともイライラを募らせていくのはもどかしい。
そして売り言葉に買い言葉でひかるがララに大嫌いと言いかけたのはヒヤッとしたよ。
せっかく出来た友達にその言葉だけは言っちゃいけないよ。その言葉を止めたフワもそれだけは言っちゃいけないって本能的に察したのかな。


道中出会った えれなの言葉を思い出し互いの話をちゃんと聞くことで噂話の正体、おうし座のプリンセスの力が宿ったスターカラーペンを見つけられた。
新たに現れたノットレイダーのテンジョウに一度は奪われるものの、2人の連携で奪還に成功。
仲直りと協力して敵に立ち向かう、ベタだけど良いじゃない。

ひかるはララの分析なら敵の陣形を攻略できると信じて、ララは効率が良いから呼び捨てでいいと名前で呼ぶことを許す。
互いに歩み寄りが見られて良かった。

それと2人一緒の変身。
2人の歌声が重ることでさらに可愛さが増した気がします。


仮面ライダージオウ
23話「キカイだー!2121」

今回ソウゴが出会うライダーはキカイダー・・・じゃなくてキカイだ。
キカイ=真紀那レントを演じるのは入江甚儀さん。
ついこの間までルパパトでザミーゴ役やってたばかりなのに早くもニチアサにご帰還です。
キカイダーREBOOTもやってた入江さんがキカイ役になるのではと冗談みたいに噂されましたがまさか本当に呼んでくるとは。やるじゃないか東映さん。


キカイが存在するのは2121年という遥か先の未来。ソウゴは夢の中でその未来へ行ってキカイと接触。
シノビのことを夢に見たようにまた夢オチですか?と思ったら白ウォズ曰くこれは予知夢だそうな。
前回も戦闘中に未来予知してた事を思えばこの説明も納得。

ツクヨミは白ウォズと一緒にいてソウゴを倒すべきだとゲイツに迫る。
前回のことでツクヨミは打倒オーマジオウに傾いちゃったのね。それだけ魔王の力が恐ろしいということなんだろうけど。
最初はソウゴを倒すより理解しようと歩み寄りを見せていて倒そうとしてたのはゲイツの方なのに。
そしてそのゲイツはソウゴの追試の心配をしたり予知夢の事を知ってアナザーキカイ攻略の手がかりを得るためにソウゴに眠ってもらおうとしたり彼にベッタリなのであった。
オーマジオウの事がなければ世話好きな友達にしか見えない。
彼がこんなにソウゴに近づいてるのにツクヨミは離れていくのが皮肉だ。


スウォルツはキカイの力を手に入れるためにウールをアナザーキカイにしてしまう。
謎の生物が寄生して生まれるアナザーキカイ、凄く気持ち悪いです。
スウォルツが力を手に入れるために仲間をあっさり犠牲にしたことも併せて怖い。

誰がキカイの力を手に入れるか争奪戦が始まり、気が付けばソウゴの周りには誰もいない。
黒ウォズ曰くその孤独もまた魔王に至る道らしいが。
ツクヨミとゲイツを仲間と思い信頼しそれが裏切られることもソウゴの運命だとしたら辛い。
夢の中の未来世界でも仲良くなれたレントに異変が起きたようだし、夢でも現実でも親しくした者と敵対するなんて厳しすぎる。

|

« スーパー戦隊最強バトル:第1話感想 | トップページ | アニポケSM感想:しまクイーン誕生! サトシの大試練!! »

ニチアサ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ニチアサ感想・2019/2/17:

« スーパー戦隊最強バトル:第1話感想 | トップページ | アニポケSM感想:しまクイーン誕生! サトシの大試練!! »