« 感想:ウルトラマンニュージェネレーションクロニクル第8話 | トップページ | アニポケSM感想:ポケゴルフでホールインワン! »

2019年2月24日 (日)

スーパー戦隊最強バトル:第2話感想

一生の不覚。今週の回を冒頭の1分ほど録画し損ねた。
毎週録画予約のチェックしてニチアサの放送を迎えてたのに何で今日に限ってチェックを漏らした、馬鹿ヤロー今朝の自分。
幸いすぐに予約漏れに気付いてレコーダーを操作しOPからは録画出来て、本編の視聴中は気持ちが乗れていたから救いがあった。
これがもし視聴終了後に録画漏れに気付いてたらショックで一日寝込んでしまったに違いない。
皆さま大好きな番組は録画予約のチェックをお忘れないように。

4週連続スペシャル スーパー戦隊最強バトル!!
2話「暗躍する謎の鎧」

ガイソーグに突撃するマーベラスを庇って天晴が負傷。
マーベラスは邪魔をするなと助けて貰った天晴にキツイことを言うものだからその態度に大和が怒り不穏な空気に。
かつてマーベラスと出会った時に表向き悪ぶってても本当は良い奴だと知ったのにこれは看過できず。知ってるからこそ酷い態度がショックで怒ったのだろうし、大和が抱えてる切実な願いを叶えるためにもチームの輪を乱されたら勝てないという焦りもあってマーベラスを許せなかったのかなと。

怪我をした当人は場を和ませマーベラスの心を解きほぐそうと働きかける。
変なギャグを見せてマーベラスに馬鹿だろと言われるが、そうだよ馬鹿正直で本音を隠して悶々としてる奴を放っておけないんですよ天晴という男は。
天晴は自分の宝は家族だと言ってマーベラスが宝を手にれるところ見たいと話す。その言葉にマーベラスも自分の仲間たちの事を思い浮かべ。
回想だけでもニンニンジャーとゴーカイジャーの仲間たちの姿が見られたのが感激。
ストレートに家族を宝だと言える天晴が素敵だし素直じゃなくても仲間を思うマーベラスも良い。
天晴が先輩戦士を諭すところが見られたのも彼の成長を感じられて嬉しいし、ひたすら馬鹿正直な彼だからこそ素直じゃないマーベラスもつい笑みを浮かべてちゃうのも納得。
ああもう適切な言葉が思い浮かばないのがもどかしい!とにかく天晴とマーベラスの絡みが最高過ぎた。


今の状況では勝てるわけがないと2試合目は3人を相手に1人で挑む大和。
対するはガオレッド・ギンガグリーン・バルシャーク、陸海空の動物混合チーム良いぞ!
そしてガオレッド・走はご本人キャストなのが嬉しい。
アニバーサリー作品で動物モチーフ戦隊のレッド同士の対決は夢のカード!感謝しかない。

流石に分が悪く追い込まれていく大和だが叶えたい願い、約束のために奮起する。
大草原でたくさんの動物と触れ合う、その約束を果たせずに病気で亡くなった少年の魂を一時的に呼び戻して約束を果たしたい、それが大和の切なる願い。
子供のために立つヒーローという図に泣けてしまうし大和の切なる思いにも泣けてしまう。
生き返らせたいではなく一時的にというのが命の尊厳を守ろうとしてる、動物学者としての大和の本分をわきまえながらも少年の願いを叶えたいという葛藤の末の結論でもあるんだろうなと、そう考えるとまた泣けてしまう。

そんな思いに泣いた直後にジュウオウジャーの主題歌が流れて一気に逆転の流れになるのだから今度は熱いこと熱いこと。
野生解放でフォームチェンジを駆使し、イーグルはギンガグリーン、ゴリラはガオレッド、ホエールはバルシャークをそれぞれ相手にして。
陸海空を制覇したジュウオウジャー、主題歌の2番の歌詞の通りの図が歴代戦士を相手に見られるとは感無量。
主題歌に乗せてフォームチェンジを駆使する坂本演出の十八番をジュウオウジャーで見られたのも熱すぎた。最高です。


不利な状況から逆転した大和を走は熱い奴だと評する、スーパー戦隊のレッドはそうでなくてはと。
スーパー戦隊のレッドは皆熱いがそう見えない奴もいると。大和が思い浮かべたのはマーベラス、もちろん走も彼の事を思ったでしょうね。
走はゴーカイジャー本編にも出ていてマーベラスと会ってるし、その時素直じゃないだけで本当は熱い奴だって知ってるもんね。
勝ち残った大和にエールを送る。スーパー戦隊は仲間との信頼あってこそ、レッドは仲間を信じていればいいと。
そして「ネバギバ」「やる気満々だぜ」とガオレンジャーの名セリフを言って去っていく、最高か!
偉大な先輩からの熱いメッセージ、それによって大和は自分が見落としてたことに気付きマーベラスに謝る。
前回は大和が圭一郎を諭したけど今度は大和が諭されるという構成も良いし同じ動物の戦隊の先輩から教えられるというのも凄く良い。


再び現れたガイソーグに挑むマーベラス。今度はゴーカイチェンジを駆使してガイソーグを追い詰めていく。
デカレッドのジュークンドー、ハリケンレッドの影の舞、それぞれの特徴的な演出が見られて嬉しい。
決め技はファイナルウェーブ、関さんの必殺音声はやっぱりカッコいいのだ。

と、今度こそ勝てるかと思ったところでガイソーグの鎧の中にいたのは天晴という衝撃の光景が映り次回へ続く。
何となく予想はついてましたけどね。これ鎧の方が本体で人を乗っ取るタイプかな。
え~と荒川さんが手がけた某戦隊でそんなのありましたよね。その戦隊のモチーフとリタの正体におそらく関わってる某戦隊も同じモチーフ、そしてひっそりリュウソウルを探している新戦士2人も同モチーフ・・・。
こういうネタを探るの楽しいしそういう読み方が出来るように作ってあるこの番組が本当に楽しいです。


リュウレンジャーとニンジャホワイトは声だけですがご本人。
ほんのちょっとだけど和田さんと広瀬さんの声が聞けて感無量。
対決してるように見せてガイソーグが現れるのを待ってたというのが良かった。
スティンガーだけじゃなく今回の事を不審に思い動いてる戦士もいることを見せてくれたのが良かった。

カレー好きのイエローはキレンジャーとバルパンサーだけだと話すイエローオウル。
そうそう大食いキャラはたくさんいるけどカレー好きはその2人だけなんですよ。
それを黄色の戦士にハッキリ言わせるのが世間一般の戦隊へのイメージに対する制作陣からのカウンターのように思えました。

天晴が場を和ませようとやった「おしり」はハリケンジャー25話のネタですね。
荒川さんの脚本回。セルフオマージュ且つ忍者繋がりにニヤリ。
カグラは気持ち悪いとバッサリだけど、ハリケンイエロー・吼太にとっては大切なおばあちゃんとの思い出なんだよ。
天晴は忍者の先輩として吼太に会って話を聞いたりしたのかななんて想像するのも楽しい。


いや~今週も楽しすぎた。
最初に書いた録画ミスの件が本当に悔やまれますが、そのモヤモヤを吹き飛ばして視聴中はずっと心の中でキャーキャー言ってました。
ご近所迷惑考えなくていいなら本当に叫んじゃいそうな勢いでのめり込んでました。

|

« 感想:ウルトラマンニュージェネレーションクロニクル第8話 | トップページ | アニポケSM感想:ポケゴルフでホールインワン! »

ニチアサ」カテゴリの記事

コメント

イヤー本当素晴らしかった!チームとしては最悪の状況でバラバラ感があったチームでしたが、さすがはたかはるのおかげもあり、チームとしても絆が感じられるようになるまでになりました
全戦隊を観てはいないので、んがよぺさんのコメントで本当になるほどと自分が観ていて、気づかなかったところをおしゃってくれて奥が深いなと感じました。ありがとうございます。

大和の願いが明かされるシーンは感動しましたし、まさにジュウオウジャーて感じで描かれていてよかったです

そこからジュウオウジャーのopeningにのせての野生解放
イーグル→ゴリラ→ホエールは激あつでした!

ジュウオウジャーの最終回であったスーパー変身(イーグル、ゴリラ、ホエール)の全合体はさすがになかったですね(^_^;)

前回は先輩として教え、今回はスーパー戦隊の大先輩から教わるという展開もよかったな~
マーベラスは本当は良いやつとしっていながら、信じきれず自分を見失いかけていた大和が改めて気づかされる展開もよかった~

マーベラスのゴーカイチェンジ格好よすぎであれは反則ですわ(^_^;)

ゴーカイジャーを最近DVDで37くらいから見直したんですが改めて本当よかったですし、今作とリンクしてる部分だったり、そのときに気づかなかったことなども感じることができ、50話ラストのマーベラスの「 死ぬきわねーな、だが、命をかけてこの星を守る!それがスーパー戦隊ってもんだろ!」ていうセリフはやっぱりいつ聞いても胸に突き刺さる素晴らしいセリフです!
まさにゴーカイジャーがゴーカイジャー本編で言っていた守るかちというのを今回の話でマーベラスがみつけたようなセリフがスーパー戦隊最強バトルの次回予告のマーベラスの言葉にありましたね!

投稿: | 2019年2月25日 (月) 19時17分

また間違って投稿を押してしまいました(^_^;)続きから
予告のマーベラスの言葉で「おまえらの願いを守ってやるぜ!」と言っていて本当格好よすぎですし、今回の回で守るかちをみつけたのかなと思っています!

いろんな伏線があり今後どう描かれていき、どう回収されていくのか本当楽しみです

マーベラスが仲間かといって、ゴーカイジャーの回想になるシーン、おそらくですが、あれシンケン回の後編のように思ったんですが、どうでしょうか?
あのシンケン回後編はシド先輩のことで改めて、マーベラスとジョーのの絆が感じられる回で、ジョーが吹っ切れた感じよな様子でメンバーと合流するシーンだったと想います。あのシーンもジーんとくるのでやばいです(^_^;) 


 

投稿: リザードン大好き! | 2019年2月25日 (月) 19時30分

コメント返信:リザードン大好き!さん

いつも熱いコメントありがとうございます。

大和の願いには泣きました。
その後のアクションもカッコいいし本当に胸が熱くなりましたよ。
最終回で見せた野生大解放形態は、残り2回で出番あるかどうか。
坂本監督ならやってくれそうな気がします。

坂本監督と言えばゴーカイジャーのシンケンジャー編も担当されてるので、マーベラスが仲間と聞いて回想したのは仰るように後編のそのシーンで間違いないです。
演出家繋がりですね。こういう小ネタ探しが楽しいです。

ゴーカイジャー終盤は、もともと地球を守るつもりが無かった彼らが守るために立ち上がるのが本当にカッコ良くて熱かったですね。
悪ぶってても彼らもヒーローなんだと分かるし、この最強バトルでもその熱さを次回以降見せてくれそうで楽しみです。

投稿: んがよぺ | 2019年2月28日 (木) 09時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: スーパー戦隊最強バトル:第2話感想:

« 感想:ウルトラマンニュージェネレーションクロニクル第8話 | トップページ | アニポケSM感想:ポケゴルフでホールインワン! »