« 感想:ウルトラマンニュージェネレーションクロニクル第7話 | トップページ | ニチアサ感想・2019/2/17 »

2019年2月17日 (日)

スーパー戦隊最強バトル:第1話感想

ルパンレンジャーvsパトレンジャーが完結し新たなスーパー戦隊の活躍が始まる・・・その前に。
平成が終わる前にスーパー戦隊最強の座をかけたスペシャル番組が今週から始まりました。
全4回の放送とはいえ歴代戦士に再会できるなんて嬉しいことこの上ない。

「4週連続スペシャル スーパー戦隊最強バトル‼」
以下感想です。

1話「史上最強は誰だ!?」

謎の戦士ガイソーグの攻撃に倒れるゴーカイジャー。
ゴーカイジャーがやられるって相当ヤバいのでは。
そしてルカの姿だけ無くガイソーグはルカの技を使っている、怪しい。


関さんのナレーションと共に歴代レッドが映りそしてオープニングへ。
歴代レッドが年代順に映るだけでもテンションあがるのに最後にルパンレッドとパトレン1号は並んで映ってるのがさらに熱かった。
先週のルパパト最終回から間もなくこの2人の並びが一瞬でもまた見られて嬉しいのです。


謎の女リタによって惑星ネメシスに集められる歴代戦士たち。
どんな願いでも叶えられると戦士たちを招待し最強を決める戦いを主催する。
試合はバトルフィールドにあるジェムを取り合うというもので殺伐とした戦いではないけど、まあ怪しいですわ。
ジェムの色が禍々しくとても素直に願いを叶えてくれそうにないし、リタという名前も惑星ネメシスという舞台もある戦隊のある敵キャラに関わるものだし。
試合中もサージェスと通信が取れないとか炎神の力が使えないとか不穏な描写もあり、スティンガーはそのことに気付いて真相を探ろうとしてるみたいで。
ガイソーグの登場にリタは想定外という様子だけど果たして本当かどうか、次回以降も彼女の動向は要注目です。


怪しいのはともかく、歴代戦士の共演とバトルはめっちゃテンション上がります。
イエローレーサーVSオーイエロー、カーレンVSオーレンでは変な意地の張り合いで対決してたっけ。
ギンガレッドの炎のたてがみVSタイムブルーのベクターハーレー、必殺技の激突が熱いぜ。
ピンクフラッシュが戦うのはキリンレンジャー、時間返し使われるんじゃないかとヒヤヒヤしたよ。あれはヒーローが使うには強すぎる。
・・・え?お隣のジオウは時間操ってるって?あれはしょうがないですわ(諦め

デカマスターとシンケンレッドの剣豪タッグが強すぎるんですが。並び立つのを見ただけでこれに勝てるのはそうそういないと思っちゃったよ。
グリーンサイと同チームなのはブラックバイソン・・・じゃなくてガオブラック。色とモチーフ被りややこしいがな。もちろん坂本監督は確信犯なのでしょうけど。
シュリケンジャーとシグナルマンとニンジャマン、ああ変身前がいない繋がりね。厳密に言えばシュリケンジャーは変身前の姿が誰にも知られてないということなんだけど。
ニンジャマンはレジェンド大戦には欠席だったのに今回は呼ばれたんだ。三神将に封印されるようなおいたをしてないってことだ、ちょっとは成長したのかな。

ボウケンシルバー・映士、ゴーオンレッド・走輔のタッグ。試合は優勢だったのにうっかりぶつかってしまい変身解除。
そして謎の寸劇が始まり野菜を食う映士に走輔が突っ込みを入れる。いやいや何やってるのお二人さん、面白すぎて腹筋崩壊ですわ。
そんなことをしてる間にジェムを取られて試合は負ける。
しかし二人とも自分たちの分まで頑張れとエールを送る。走輔は正義のロードを突き進め、映士は仲間とプレシャスな冒険をとそれぞれを象徴する言葉が嬉しい。

いやいやこれだけ一杯歴代戦士に再会できて幸せです。


そして今作のメインとなるドリームチームの集合がとにかく良かった。
アカニンジャー・天晴、トッキュウ5号・カグラ、サソリオレンジ・スティンガー、ゴーカイレッド・マーベラス、ジュウオウイーグル・大和。
この5人が控室に揃い自己紹介するところで心の中で黄色い歓声をあげちゃいましたよ。

ガイソーグのことでピリピリしてるマーベラスを大和が代わりに紹介。テレビ本編で共演してるから扱いに慣れてるなあ。
欲を言えば大和と天晴にも親密に話すところが見たかった。映画で共演してるじゃないか君たち。

カグラは実年齢が子供だから人懐っこくて。でも叶えたい願いが家族の笑顔と言ってるのが戦いの末に家族との再会を果たした彼女らしくてさらりと答えてるけど泣かせます。

熱いぜ。天晴はこの一言でいつもの天晴だって分かるからずるい。まだ変身してない走輔に結構本気で切りかかってませんでした?猪突猛進なところもああ天晴だわって思って、好き。

スティンガーの尻尾を見てジューマンかと思い大和が興味津々なのが可愛い。

ガイソーグには手を出すと警告するマーベラスに何が言いたげなスティンガー。
兄のスコルピオのことで一人で抱え込んで痛い目を見た経験があるからかつての自分と同じ危うさを感じたのかな。


と、この5人の集合でかなりの密度で目が釘付けだったんですが。
ごめんなさい、今回の個人的ハイライトは大和と圭一郎の共演なんですわ。

チーム分けの前から圭一郎を真面目そうと評する大和、戦う前に礼儀正しく挨拶し先輩への敬意を欠かさない圭一郎。
もうこれだけでニヤニヤもの。
この2人の対決がどう決着するのかと思えば、圭一郎が大真面目に世界平和の願いを口にするものだから大和が変身を解き正座で話し合い平和は皆で掴み取るものだと圭一郎を諭した。
何だこれ、面白すぎる!
意外な決着だけど大真面目に世界平和と言うのは圭一郎らしいし相手との距離を計りながら諭す言葉をかけるのは大和らしいし2人のキャラを考えれば納得できる展開で楽しかった。
そして大和の願いを聞いた圭一郎は試合の勝利を大和に譲る。これも圭一郎らしくて良い。
大和は自分の願いを天晴とカグラにまだ教えず。そうやって自分のことは隠しちゃうのも大和らしい。

今作の監督は坂本さんで脚本は荒川さん。香村さんが育てた大和と圭一郎をどう扱うのか若干不安があったんですが。
蓋を開ければ実にらしい大和と圭一郎のままだったし、2人が正座で話し合うのが納得できる展開だったので不安は吹き飛びました。

圭一郎のデスクの様子から今作の圭一郎はルパパト最終回後なんだと察せられるし、ルパパトスタッフとちゃんと連携取れてるんだなとうかがえます。
お祭り企画ですがルパパトを大事にしてくれてるんだと思えて嬉しかったです。


はあ~~~
先週のルパパト最終回の感動から間を開けずにこんなに素敵なものを見られるなんて嬉しい悲鳴です。
そして新たな戦士の活躍もちょっとだけ先行して見られると。リュウソウジャーのアイテムのギミックも面白そうじゃないですか。楽しみしかない。

|

« 感想:ウルトラマンニュージェネレーションクロニクル第7話 | トップページ | ニチアサ感想・2019/2/17 »

ニチアサ」カテゴリの記事

コメント

ついに始まりましたね!スーパー戦隊バトル!!ゴーカイジャーのナレーションの関さんからスタートしたかと思えば、まるでゴーカイジャーの2期が始まったんじゃないかなと思うような始まりでゴーカイジャーが好きな自分にとってテンションがアゲアゲでした!

間違ってたらすみません。リュウソウジャーも関さんみたいでアイテムも関さんだそうなので本当最高です!

ルパパトを挟みましたがキュウレンとリュウソウでドラえもんですね!

ストーリーは本当最高でスタッフさんの戦隊愛を凄く感じられるような展開で、素晴らしかった!

VSのような豪華で迫力あるバトルだったり、同じくVSで先輩戦隊が現戦隊に先輩として様々なことを教えるというのも凄く感じられました。

それは、パトレン1号VSジュオウイーグルでより感じました。大和と圭一郞の人柄を凄く感じられましたし、先輩として今度は大和が圭一郞にスーパー戦隊としての教えをやってるところが熱くて良いですね!

ジュオウVSキュウレンがなかったのでジュオウが先輩としての行動や言動が観られなく残念だったのでよりうれしかった!


ゴーオン・ボウケンVSアカニンジャー・サソリオレンジは本当笑わせていただきました!
変身解除からのボケ&乗りツッコミにはもう笑わずにはいられませんでした。

でも、派手にいくぜ!
なめるなよ、ロードを突き進め!など
  

投稿: | 2019年2月18日 (月) 18時35分

すみません。コメント中に投稿を押してしまって。続きです
それぞれの戦隊の決めゼリフをきけたのは本当熱いですね!
VSで会っているメンバーもいるので確かにもう少しお久しぶりみたいのは感じはあってもよかったのかなと思いますね
でも本当熱いメンバーですし、大和がVSニンニンで振り回されて今回もなぜかチーム変人にされてしまってましたね

今まではおそらくVSであくまで新戦隊お披露目的な登場だったと思いますが、リュウソウは今回ストーリーに大きくかかるのかなと思うよな登場で本当新鮮~
今後どうなっていくかわかりませんが、リタの目的だったり、今回の敵はたしかリュウソウに出る敵みたいなので、今回のこのスーパー戦隊バトル!!がリュウソウジャーにつながっていくのかなと感じました!

マーベラスは不器用なので第1印象はよくなく大和以外マーベラスに対しあまりよい印象じゃないですが、今後の展開で今回のチームがそれこそ一つのスーパー戦隊としてどう深めあっていくのか非常に楽しみですし、実質のVSであるジュオウVSゴーカイでサプライズしたゴーカイチェンジがあったようにゴーカイチェンジだったりサプライズのゴーカイチェンジがあるかなど本当楽しみです

ただ今回は変身アイテムで変身してるのでそこがきになりますが、もしかしたら敗れた戦隊からレンジャーキーを借りてというのも可能性としてなくはないとおもいます

ただこれは戦隊おじさんのたんなる妄想です(^_^;)

でもスーパー戦隊バトル!が激あつなことに変わりありません!!


投稿: リザードン大好き! | 2019年2月18日 (月) 18時57分

コメント返信:リザードン大好き!さん

ナレーションにガイソーグの声にリュウソウジャーのアイテム音声と関さん大忙し。
関さんのナレーションがゴーカイジャーを彷彿させるのが嬉しいですし、またこうして戦隊に関わっていらっしゃるのがファンとしては嬉しいです。


ジュウオウジャーが後輩戦隊と絡むのが初めてなので大和が圭一郎を諭すところは本当に良かったです。
天晴と特に会話がないのはVS映画の事は除くという扱いなんでしょうね。ちょっと寂しいですが。
また変わり者ばかりと組まされる大和、彼はそういう星の元に生まれたということなんでしょうか。

この番組のことがリュウソウジャー本編にも繋がるかも含めて次回以降も楽しみです。

投稿: んがよぺ | 2019年2月23日 (土) 09時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: スーパー戦隊最強バトル:第1話感想:

« 感想:ウルトラマンニュージェネレーションクロニクル第7話 | トップページ | ニチアサ感想・2019/2/17 »