« アニポケSM感想:ルガルガン決戦! サトシVSグラジオ!! | トップページ | 感想:ウルトラマンニュージェネレーションクロニクル第5話 »

2019年1月26日 (土)

ミュウツーの逆襲 EVOLUTIONに思うこと

もの凄く今更ですが今年の夏に公開予定のポケモン映画のタイトルが発表されています。
発表されたタイトルについて現時点で自分が思うことを書き残しておきます。

「ミュウツーの逆襲 EVOLUTION」
2019年7月12日公開

監督
湯山邦彦 榊原幹典

脚本
首藤剛志


昨年の劇場版「みんなの物語」の最後に予告が流れ、そこでミュウツーの姿とタイトルが表示されて衝撃を受けてから数か月、ようやくこのタイトルについて語れるようになりました。
いや本当にびっくりしたんだから。ええ本当にやるの?って。


タイトルを知ってから自分が期待してたことは、あの偉大なる作品に今のポケモンはどう向き合ってくれるのか、新しいスタッフが今のポケモンだからこそ描ける「ミュウツーの逆襲」を見せてくれるんじゃないかという思いでした。
かつてのミュウツーは自分を生んだ世界を恨み世界へ逆襲する存在で、そしてサトシは彼に何もしてやれないままで勝手にミュウツーが悟ってどこかへ去っていく結末でした。
自分が子供の時「逆襲」を見た気持ちとしてはサトシがミュウツーに対して無力だったことが不満で。でも今のサトシだったらミュウツーを救ってくれるんじゃないか、それを新しいスタッフが見せてくれるんじゃないか、「逆襲 EVOLUTION」というタイトルを知ってそんな期待を抱いてました。
2015年公開の「光輪の超魔人フーパ」では長らく劇場版の脚本を書いてた園田さんから冨岡さんに交代し、昨年の「みんなの物語」では監督が矢嶋さんに変わるなと徐々にポケモン映画に変化が起きてることは感じていたので、新しいスタッフが「逆襲」を今の世に送り出してくれるのだと当然のように思っていました。

そしてこの度公開された情報、正直せっかく変わり始めてた流れが止まってしまったように思いました。
湯山さんが監督なのは飲み込むにしても脚本が首藤さんのままというのは首をかしげます。
結局首藤さんを誰も超えられない、超えようとしないという諦めのように思えてしまいます。


少し話をそらしますが。
ポケモン映画の1年先輩の劇場版名探偵コナンはここ数年興行成績を更新し続けてて話題に事欠きません。
コナンには7年ごとに監督が交代する法則があり昨年の作品で7年ぶりに監督が変わりましたが興行成績は前年をさらに上回るものでした。
昨年の作品を担当した立川監督が引き続き次回作も担当されると思われてましたが、先日公開された情報によると次回作はまた監督が交代、しかもシリーズ初の女性監督である永岡さんが担当されるという。
これまでの法則を破り大ヒットを記録した監督が続投するより新しい風を起こそうという気概、正直羨ましいです。
コナンの監督交代の報があった直後にポケモンの情報解禁だったので、あっちは変わろうとしてるのにポケモンは変わるのを止めてしまったのかと余計に感じてしまったのです。

隣の芝生は青く見える。
ポケモンとコナンではジャンルも違うし作品を取り巻く状況も違うので単純な比較はナンセンスだと頭では分かっていても。
でもどちらとも1作目からずっと映画館に通って見てきたシリーズなので、ここ数年でポケモンとコナンに大きく差がついてしまってるのは正直悔しい。


どうやら「逆襲 EVOLUTION」はCG映画になるらしくて。
アニポケのアニメーターの一石さんが先月の時点でツイッターでうっかり零してしまったらしく、今年元旦に公開された特報でCGで描かれたミュウツーが映ったことでほぼ確定事項のようで。
榊原監督が連名されてるのも「ルドルフとイッパイアッテナ」で湯山監督と共同監督をやってた縁からだとうかがえます。
CGをやることは全然アリです。「ルドルフとイッパイアッテナ」面白かったしCG良く出来てたし。
既に皆が知ってる物語を別の表現で作るという挑戦は応援したい。

一番不安なのはオリジナルの首藤脚本そのまんまでやること。
前述したとおり「逆襲」を今のポケモン、今のサトシだから出来る物語に昇華して欲しいというのが自分の願いです。
オリジナルとは違う何かしらの変更はあって欲しい。またサトシが石になって動けなくなるのは御免です。

夏になったら杞憂だったと思ってるかもしれませんが、抱いてる不安、期待が外れてしまったという思いは、今自分が思う正直な心です。
どうか今の自分を、心配し過ぎだよと笑って振り返られる未来でありますように。

|

« アニポケSM感想:ルガルガン決戦! サトシVSグラジオ!! | トップページ | 感想:ウルトラマンニュージェネレーションクロニクル第5話 »

ポケモン映画」カテゴリの記事

コメント

僕は劇場ではなく、友人宅でVHSでの視聴でしたが、子どもながらに衝撃をうけた記憶があります。

時を超え、ミュウツーの逆襲の新作が公開されると発表されたとき、えっつまじか!!って思った程うれしかったでず
でも脚本も変わらず、言い方は悪いですけどただCGになっただけになるのかなという不安はあります。

いろんな意味で、アニメシリーズや劇場版においても監督さんが新しくなったりしてポケモンに新しい風が吹いていると思うので残念です。

金銀編で続編を描いたように、完全新作として今のサトシだから描ける、新ミュウツーの逆襲というのを描いて欲しいのが率直な思いです

投稿: リザードン大好き! | 2019年1月28日 (月) 11時00分

コメント返信:ザードン大好き!さん

ただCGになるだけ、それが一番恐れることでそうであって欲しくないと願うばかりです。
やっぱり今のサトシならどうミュウツーと向き合うのかを見せて欲しいので続報に期待したいです。

投稿: んがよぺ | 2019年1月28日 (月) 23時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ミュウツーの逆襲 EVOLUTIONに思うこと:

« アニポケSM感想:ルガルガン決戦! サトシVSグラジオ!! | トップページ | 感想:ウルトラマンニュージェネレーションクロニクル第5話 »