« アニポケSM感想:ポニ島の自由研究! しまキングをさがせ!! | トップページ | ニチアサ感想・2019/1/20 »

2019年1月19日 (土)

感想:ウルトラマンニュージェネレーションクロニクル第3話

手短ですが今週も感想を。

3話「覚悟を決めろ! 秘密基地へようこそ!!」

今週もブースカ劇場で・・・と思ったらラーメン屋に居るし。
ウルトラマンの活躍はどうやって見るのかと思ったら店内のテレビでウルトラマンジード始まってるし。
ラーメン食べながらウルトラマンジード1話を振り返る。ずっと劇場が舞台というわけじゃないのは面白い。
再編集番組でも飽きさせない工夫が楽しいです。


・スカルゴモラによって町が破壊され逃げ惑う人々。怪獣の恐ろしさとその光景を前にして己の無力を痛感するリクの描写が良いです。
人々を苦しめる存在があるからこそヒーローは立ち上がるんだということをしっかり描いてます。
でもこうやってリクがヒーローになっていくことこそがアイツの計画のうちだったんだよなと。

・いつの間にか溶けていたアイス、スカルゴモラが狙っている光、ジードの物語の鍵となるリトルスターの描写が1話からちゃんとあったんだと改めて見て気付く。

・闇夜に立つジード。怪獣を倒したのに喜んでるのは子供だけで市民から歓声が上がることはなく。
登場した時の空気も不穏で、ヒーローの登場が全然歓迎ムードじゃないウルトラマンというのが放送当時も印象的でした。
視聴者目線では父親がベリアルだと知ってるから、人々が不安や恐れの眼差しで見てるのがやっぱりなあという思いでした。

・リクを秘密基地に誘いウルトラマンへの変身を促すレム。ペガはリクを止めようとするけどリクは変身し戦うことを選ぶ。ジードの必殺光線のおどろおどろしいエフェクト。
当初はこれらの描写がとにかく不穏で不安だったなあと思い出す。
でもリクは道を間違えることはないんだよね。ペガを始めたくさんの出会いが彼を支えていくんだよなあと。

|

« アニポケSM感想:ポニ島の自由研究! しまキングをさがせ!! | トップページ | ニチアサ感想・2019/1/20 »

ウルトラマン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 感想:ウルトラマンニュージェネレーションクロニクル第3話:

« アニポケSM感想:ポニ島の自由研究! しまキングをさがせ!! | トップページ | ニチアサ感想・2019/1/20 »