« アニポケSM感想:イーブイどこいくの? あのコに会いにどこまでも! | トップページ | ニチアサ感想・2018/12/09 »

2018年12月 8日 (土)

感想:ウルトラマンR/B第23話

第23話「滅びのクリスタル」

帰ってきたミオに振り回されジャイロを無理やり取り上げられて終わった前回。
あらすじで15年ぶりに玩具を取られたと言ってて、きっと聴してるお子さんの中にはおいたをして実際にルーブジャイロの玩具を取り上げられた子もいたりするんだろうなと思ったり。相変わらずメタいあらすじにクスッとなったけど、そういう親子の光景が15年間も湊家には無かったんだと思うとちょっと切なくなる。


ミオは無理やり集めたジャイロと奇怪な発明でガス状だったルーゴサイトをクリスタルに実体化させる。
発明品はガラクタの寄せ集めのように見えるけどこうして結果を出してるのだから彼女の才がとてつもないことが分かります。
イサミが作ったバイブス派の測定器も変な形だけどちゃんと機能してるし、こういうところも母の才能を継いでるのだと改めて感じます。


ミオの考えはクリスタルを異次元に捨てることで地球を救う事。そして異次元世界でカツミとイサミが戦死する未来を見てしまったためにこれ以上2人を戦わせたくないという思いが明らかに。
我が子を守りたい必死の思い。質問を受け付けず計画の進行を急いだりジャイロを無理やり取り上げたのも納得です。

しかし完全に葬らなければ根本的な解決にはならない、サキの言うこともごもっとも。
でもそのためにサキは自分も地球も消し去るつもりでそんなこと認められないし、ミオの方法は今すぐ子供たちを戦いから遠ざけても一時しのぎでしかない。
やっぱりこの2人の考えだけでは本当の解決にはならない、アサヒの言葉を借りるならハッピーじゃないんだな。


アサヒと初めて出会った場所でサキはたい焼きを注文して待っていた。
アサヒにたい焼きを口に押し込まれ話を遮られる演出につい笑っちゃいましたが、涙を流すアサヒを見て即笑いがひっこみました。
アサヒだけは本当の友と思ってるから初めて会った場所を選び逃げるように告げるサキ、サキが別れを告げに来たと分かってるから無理にでも話を遮り引き止めたいアサヒ。
互いを思う気持ちに目頭が熱くなります。


サキはグルジオの最終形態グルジオレギーナに変身し計画を遂行しようとする。
1話から登場してる怪獣が強化を重ねて最終形態にというシチュエーションは面白い。
ただし戦いはもの哀しい。一緒に脅威に立ち向かえるはずなのに使命のために自ら消滅しようとしてるんだから。
ルーブの必殺技でも倒れず返り討ちにするとてつもない強さ。それだけサキの決意が固い表れでもあり、どうあっても使命に殉じようとするのが悲しい。


クリスタルになったルーゴサイトだが自らジャイロを起動し怪獣の形となって現れる。
サキのジャイロを乗っ取てしまうのも恐ろしいし実体を持ったその姿も恐い。
一体こんな恐ろしい奴をどうやって倒すのか。この番組も残り2回、要注目です。

|

« アニポケSM感想:イーブイどこいくの? あのコに会いにどこまでも! | トップページ | ニチアサ感想・2018/12/09 »

ウルトラマン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1078701/74736722

この記事へのトラックバック一覧です: 感想:ウルトラマンR/B第23話:

« アニポケSM感想:イーブイどこいくの? あのコに会いにどこまでも! | トップページ | ニチアサ感想・2018/12/09 »