« 感想:ウルトラマンR/B第18話 | トップページ | 感想:ウルトラマンR/B第19話 »

2018年11月 5日 (月)

アニポケSM感想:ヴェラ火山、ゴローン ゴローニャ やまおとこ!

95話
「ヴェラ火山、ゴローン ゴローニャ やまおとこ!」
脚本:藤咲淳一
コンテ:浅田裕二
演出:浅田裕二
作画監督:岩根雅明 志村泉


-磁気異常を調査せよ-

ウルトラガーディアンズに出動要請がかかり、アーカラ島で起きてる磁気異常を調査してほしいとのこと。
ウルトラビーストの出現以外で出動するのは83話でザオボーがやらかした騒動以来。
あれは仕方なくという感じだったけど今回はアローラを守ることに繋がる大事な仕事だし、ウルトラビースト以外のことでも大事なことを任せられるというのが子供たちへの信頼の大きさをうかがえます。


-屁理屈が招くこと-

電気を帯びた鉱石スパークストーンを餌とするイシツブテとゴローン達。
その鉱石を求めて彼らが地上に出てきたことが磁気異常の原因であり、さらに鉱石を手に入れるために彼らを地下から追い出した鉱石ハンターの存在も明らかに。
ハンター曰く鉱石は自然に出てきたもので皆のものだろうと。正しいことを言ったつもりだろうが、イシツブテ達の住処を荒し食事の邪魔までして鉱石を独り占めしようとする奴が言っていい事じゃない。屁理屈だ。

鉱石を独り占めにしたことでポケモンたちの生態が乱れてそれが磁気異常を引き起こし島全土に広がった。
自然の恵みはみんなで分け合っていくのがアローラの心だとこれまで描かれてきましたが、今回のハンターのやってることはその心に反し、独り占めしようと屁理屈をこねたせいで皆が迷惑することに繋がっている。

こういう奴がいることで逆説的に分け合うというアローラの心が大事なことだと改めて分かります。
自然の恵みを分け合うことはつまりポケモンたちの、生き物の生態のバランスを守ることで、分け合わず独り占めしようとすればバランスが崩れて影響はどんどん広がっていくと。
今回の磁気異常の解明は分け合うということがただ良い話ということではなく皆が生きていくために大事なことなんだとかみ砕いて描いてるのだと思いました。


-メタングVSゴローニャ-

住処を荒されて怒るゴローニャは問答無用に岩石を飛ばしてくる。
ピカチュウたちが攻撃の隙をつこうとするが、まさかの岩石の代わりにイシツブテを飛ばしてくるという方法で絶え間ない攻撃が続く。
イシツブテは初代のポケモン図鑑では投げ飛ばされる記述があったりドサイドンにも同じことをされる旨があるんだけど、まさか進化形のゴローニャに撃ち飛ばされるところを見ることになるとは驚きでした。


どうやってゴローニャを止めるのかと思ったらメタングが取っ組み合いを始めた。
互角に渡り合ってる・・・と思ったら密着してたためにゴローニャの砂鉄で出来た眉毛がメタングにくっ付いてしまった。
いやいや何じゃこりゃ?ロトムの解説で眉毛が砂鉄で出来てるって前振りもあったしメタングも磁力に関係するポケモンだから眉毛がくっ付いた理由も分かるけどこんな展開になるなんて思わないでしょ。
眉毛がくっ付いて威厳が出たメタングと眉毛が無くなり可哀そうなことになったゴローニャ。その後も砂鉄が色んな髪形や髭を形どって互いに変な表情をつける様子が描かれて・・・。
やめて、笑い過ぎてお腹痛い。

眉毛が行ったり来たりして最終的にメタングの勝利となったが、メタングは負けたゴローニャに眉毛を返し、2人は熱い友情が芽生えてめでたしめでたし・・・
ってだからナニコレ。突っ込み切れんわ。


-おいでませやまおとこ-

ゲームで多大なインパクトを残していたやまおとこ。アニメでも34話で笑わせてくれましたが今回再び登場。
ポケもんだいで選択肢の3つを埋めていて初っ端からやかましい存在感を発揮してて笑わせる気満々ですこの人。
しかし本編では、鉱石ハンターのことを教えてくれたり今後はヴェラ火山をパトロールし山を守ってくれるというまさかの大事な役割を担ってて驚き。
さらにゴローニャをゲットしちゃったのにもビックリ。ああサブタイトルで一緒に名前が出てたのはそういうことだったの。
Cパートでゴローニャがやまおとこのポーズに合わせようと無理な体勢してたけど、ポケもんだいの選択肢でゴローニャがとってたポーズはこれだったわけね。
なんだよネタキャラだと思ったら(実際ネタまみれではあったけど)本編でもおまけでもがっつり絡んでるじゃないか やまおとこ。

ちなみに、カキがゲームと同じ台詞で「おいでませやまとこ」と言ってましたけど。
昨年のアニポケ1000回記念イベントでカキ役の石川さんがこの台詞言ってみたいとその場で台詞を言うという一幕があったんですが、まさか1年後にアニメ本編で叶うことになるとは。
昨年のイベントに参加してた身としてはこれは書いておかねばなるまい。


-イーブイのマンタインサーフ-

前回マンタインに助けられたイーブイは背中に乗ったままサーフィンを始めた。
ゲームのマンタインサーフをCパートで拾ってきますか。
何度も失敗を繰り返すうちにマンタインとの息が合ってきて見事なジャンプを決めることが出来た。
前回前々回といいとこ無しだったけど今回は頑張りましたね。マンタインとも仲良くなれたし、短い尺でちゃんと物語になってるのが凄いです。


やまおとこ再びとメタングとゴローニャのヘンテコな対決に笑わせていただきました。
が、初見ではちょっと乗り切れなかったのも正直なところで。
ハンターたちのせいで生態が乱れる話とギャグのノリがアンマッチだったかなとは少し思いました。

|

« 感想:ウルトラマンR/B第18話 | トップページ | 感想:ウルトラマンR/B第19話 »

ポケモンアニメSM」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1078701/74536596

この記事へのトラックバック一覧です: アニポケSM感想:ヴェラ火山、ゴローン ゴローニャ やまおとこ!:

« 感想:ウルトラマンR/B第18話 | トップページ | 感想:ウルトラマンR/B第19話 »