« 感想:ウルトラマンR/B第20話 | トップページ | アニポケSM感想:匠のフクスロー!!! 眠りのモクローZZZ »

2018年11月18日 (日)

ニチアサ感想・2018/11/18

HUGっと!プリキュア 40話
仮面ライダージオウ 11話
快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー 40話

の感想を。

HUGっと!プリキュア
40話「ルールーのパパ!?アムール、それは…」

トラウムが未来で起きた出来事を話し、ハリーも隠し続けてきた秘密を打ち明ける。
未来の世界で戦ってた4人のプリキュアのうちの一人キュアトゥモローにハリーは助けられ、そのキュアトゥモローこそ はぐたんだということ。
はなは 秘密を知って尚はぐたんを守ると気持ちを引き締めるが ほまれは心中穏やかではなさそうで。
ハリーを助けた恩人でその人をずっとハリーは守ってきたわけで、そこに自分の想いが入り込む余地はないと悟ってしまったんじゃないだろうか。


回想でキュアトゥモローがハリーに言った言葉、過去は返してあげられないというのがドキッとしました。
起きてしまった辛いことはどうやったって覆せない、マザーの力を持つ彼女にもそれは不可能だということ。
だからこそ明日を、未来を諦めるわけにはいかない。辛いことを受け入れた上で前に進むのだという強い思いを感じるし、そんな彼女に会えたからハリーがクライアス社を裏切ったのも納得です。


いつも饒舌なトラウムがおそるおそるルールーの誕生から自分が離れていった理由を語り始める。
一瞬映った女の子、あれはトラウムの本当の娘でその子の代わりになる存在としてルールーを作ったということなんでしょうね。
その子の代わりとしてではなくルールーとして向き合うことが出来ないから離れていったと。
変な発明ばかりする面白いおじさんかと思ったら思い過去背負い過ぎじゃないですか、辛い。

でもルールーとこうして話をして自分の娘だと言って守ってもくれた。
ルールーもその心が分かったから今度一緒に食事をしようと誘ってくれた。
父と呼ぶことは断りながらも少しずつ親子として向き合おうと前に進んでいるのが素敵です。
前述したキュアトゥモローの言葉のように、過去は変えられないけどこの親子にも未来があると希望が持てる話でした。

・・・と、いい話で終わるかと思ったらいずれルールーは未来に帰ることになるという事実を知って叫ぶえみる。
いやいや今まで全くその可能性を考えてなかったんかいと突っ込みつつ、やっぱりその問題は避けて通れないよねと。


仮面ライダージオウ
11話「ジオウ・オン・パレード2018」

いきなりアナザーガイムと戦ってるシーンから始まり、早くもジオウが鎧武アーマーを装備する。
頭からアーマーを被ったり果汁が飛び散ったり、本家の変身シーンリスペクトだけどやっぱり凄いインパクトだわ。
鎧武の頭から果物を被って鎧になるって本当にとんでもない発想だったなあと改めて思います。


アナザーガイムを倒したと思ったところでソウゴに語りかけるは神様になった紘汰。
王になりたいのなら何でも一人で背負うな、仲間の力を信じろとソウゴを諭し、その言葉がソウゴを動かしややこしい状況を作ってしまう。

少し先の時間のソウゴと今のソウゴが交互に現れツクヨミとウォズを混乱させる。
未来のソウゴの介入でアナザーガイムの正体は突き止められたが、2人のソウゴ、2人のジオウが同時に並び立つというややこしい状況に。
ただでさえタイムジャッカーの介入で歴史がおかしくなってるのに、自分自身の時間に介入したらさらに大変なことになるのでは。
からくりに気付いたツクヨミの憤りを見てもとんでもないことをやらかしたんだなと思います。
でも当のソウゴはもう一人の自分が現れても一緒に戦おうと軽いノリだし未来のソウゴは今のソウゴに何くわぬ顔で挨拶してるし。
ダメだこの王様、誰かがついてなきゃ簡単に暴走するぞ。


ソウゴから離れたゲイツはヘルヘイムの森に閉じ込められて戒斗と出会う。
こちらはゲイツに迷いが見えると核心を突くことをズバッと言ってくれちゃって。
運命に抗い続けた彼の言葉は力強いです。紘汰の言葉もそうだし、レジェンドライダーから大事なことを教えられるというのはグッときます。

ちなみに、戒斗役の小林さんが同日放送のポケモンの家あつまる?にも出演されてたようで。
小林さんの素と戒斗が全然違うキャラというのは知ってましたけど、久しぶりに戒斗に会えてやっぱりそのギャップが凄まじいと改めて思いました。


快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー
40話「心配が止まらない」

最近の魁利の様子がおかしいと後を付けてた透真と初美花。
尾行をしてるうちにギャングラー・ジュゴーンに出くわしその力で過剰な心配性になってしまいあらぬ妄想をしてしまう。
スピード結婚に食べ過ぎで腹が膨れたりキツツキが飛んで来て爆発したり殺し屋に狙われたり。
妄想とはいえシュールすぎる映像のラッシュにお腹が痛い、笑い殺す気ですか。
それといつかのエアロビクスをさらっと拾って透真を苦しめないでください。

敵の能力があったとはいえ根本は透真と初美花の魁利への気遣いによるもの。
互いの事情には深入りしないと快盗のルールを決めていたのに一番に心配してくれる仲間になってるのがグッときますね。
その様子に羨ましいと零すノエル。さらっと距離を感じること言わないで、寂しいなあ。


魁利は捨て犬を拾って飼い主を探していたという、蓋を開ければ妄想とは遥かにかけ離れた優しい秘密でした。
何だよやっぱり優しいところあるじゃん。なのに兄や圭一郎とは違うと自分を卑しく思っちゃってるんだから面倒くさい。
自分を心配してくれる人がいると分かったことで今回少しだけ圭一郎に歩み寄ったけど、これがさらに良い方向に進んでくれるだろうか。


ジュゴーンは快盗も警察も研究してると知識を自慢してたが、まさかそれを試すためにルパンカイザー揃い踏みで間違い探しをやるとは。
一旦CMを挟んでから解答とクイズ番組のノリだし、妄想といい遊びすぎ。
まあ番組終盤だし今やっておかないと遊ぶ暇ないもんね。

ところでジュゴーンさんよ、あなたが持ってる快盗と警察の研究ファイルって銀色の海賊が持ってたスーパー戦隊大百科に似てるんですけどお知り合いだったりします?

|

« 感想:ウルトラマンR/B第20話 | トップページ | アニポケSM感想:匠のフクスロー!!! 眠りのモクローZZZ »

ニチアサ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1078701/74624029

この記事へのトラックバック一覧です: ニチアサ感想・2018/11/18:

« 感想:ウルトラマンR/B第20話 | トップページ | アニポケSM感想:匠のフクスロー!!! 眠りのモクローZZZ »