« ニチアサ感想・2018/11/25 | トップページ | 感想:ウルトラマンR/B第22話 »

2018年11月29日 (木)

アニポケSM感想:コンビ解散!? サトシとロトム

遅くなりすぎですが今週のアニポケの感想です。
今週のアニポケは半年以上間を開けて久々の面出さんの脚本回でした。

98話
「コンビ解散!? サトシとロトム」
脚本:面出明美
コンテ:尼野浩正
演出:ウヱノ史博
作画監督:篠原隆

-祝番組出演-

崖の上で推理を披露するアローラ探偵ラキ。サスペンスのクライマックスは崖の上、アローラでもそれはお約束なのねとちょっと笑っちゃいました。
過去の事件を引用するラキにロトムから待ったが入り台詞の間違いが発覚。スタッフでも気付かなかった間違いを指摘するとはラキへの思い入れが半端じゃないことが改めて分かります。

ラキ本人とついにご対面となり意気投合、プロデューサーのジョージからも気に入られて番組出演へとあっという間に話が進む。
番組の事を深く理解しててポケモンでありながら図鑑としてあらゆるデータも完備してる、これ以上ない稀有な存在だしロトムが気に入られるのも納得です。

ジョージがマンネリを打破したいと零したこと、アニポケを作ってきた方々がずっと戦ってきたことだと思うと凄く説得力ある言葉です。
浪川さんラキとロトムの2役お疲れ様です。


-応援する仲間-

番組出演が決まったロトムはラキの真似をしてウキウキで。
調子に乗ってボイスサンプリング機能を使ってサトシたちの真似まで始めて。
この機能久々に使いましたね。マオの真似は本人のキャラと全然違ってて不評だけどおかげで赤面するマオが見られて眼福でした。グッジョブロトム。

マーマネから真似では個性がなく一流の役者になれないと厳しい言葉が。
中の人、武隈さんの実体験込みの本音なのではと思ってしまう。
先のジョージの言葉や浪川さんの2役といい今回メタ的に面白い部分があって楽しい。


厳しいことを言いながらもありのままのロトムでいいんだと即興の芝居を始めて練習に協力する一同。
なんだかんだとやりたいこと、夢を応援してくれる。本当に素敵な仲間たちだと改めて思います。

主役はロトムなのにそれを喰ってしまいそうなカキのノリノリの芝居とグダグダなサトシ。
さらに本当にバトルを始めそうになっちゃって。こらこらロトムを立てなきゃいかんでしょうに。
芝居はグダグダだけど個々のキャラが立ってて楽しい場面でした。


-認めたくない別れ-

練習の成果があったのかアローラ探偵の撮影は順調でますます気に入られるロトム。
機嫌を良くしたジョージが番組の海外展開を発表しロトムも意欲満々だがそれを聞いたサトシは衝撃を受けて。
お別れになるのかとか細い声でロトムを問い詰め段々と語気を荒くしていくサトシ、皆と離れても平気だと言ってるのと同じだと責め立て、ロトムは自分はサトシのポケモンじゃないから自由だろうと売り言葉に買い言葉で喧嘩になってしまう。

この喧嘩のシーンは目を見張りました。

まず梨香さんの演技が凄い。ロトムが離れていくことが信じれず湧き上がる寂しさに戸惑う心が声に表れ、そして別れが納得できず徐々に怒りに変わっていく表現が素晴らしかったです。

これまで何度もポケモンや仲間たちとの別れを経験してるサトシがここまで感情を表に出して別れを拒んだのが衝撃。
ロトムをゲットしようとモンスターボールを投げるのも、頭に血が上ってたのもあるけど離れたくないという気持ちの表れ、そこまでするのかと驚きでした。


サトシがそこまでする理由、アローラがサトシの家でありロトムも家族の一員だからなのかなと。
ベベノムとの別れは緊急事態だったのと元居た世界を救うためいうことで受け入れるしかなかった。
でもロトムの場合は自分の意思で家から出て家族と離れようとしているから、それが別れを惜しんでないように思えて認めたくなかったのかなと。
自ら進んで家族と離れることを選ぶなんて信じられない、ゲットされてないんだから自由だろとロトムが返すものだから余計にその思いが過熱しちゃったんじゃないかな。
これまでのシリーズでは旅をしていたサトシが今シリーズでは帰る家があって一緒に生活する家族がいる。その家と家族から誰かがいなくなるのは、これまでのシリーズで経験してきた別れとはまた違った寂しさがあり、そのために別れを拒む気持ちをこうもハッキリと表に出したんだろうと思いました。


-ちゃんと話そう-

サトシの様子がおかしいことはクラスメイトにはすぐ分かってしまい、事情を知ったリーリエは下校するサトシを待って話しかける。
リーリエもルザミーネと離れることになって寂しい思いをしたこと、ロトムは自由だからこそサトシと一緒に居たんだと話しサトシとロトムも話し合うべきだと背中を押す。
リーリエとルザミーネは今でこそ良い関係でいるけど、やっぱり離れ離れの寂しさはあったんだよなと考えてみれば当然のことを改めて言及していたのが良かった。
ちゃんと話し合ったからこそお互いの気持ちを知り大切に思いあってる事が分かった。リーリエの思いを明かすと同時に今のサトシに必要なことを気付かせるというのが丁寧な描写でした。


大好きな番組に出てるというのに気持ちが晴れないロトム。ラキが自分の演技がどうだったと聞いても空返事、ラキを前にしてこの様子では喧嘩したことが相当ショックだったことが明らかです。
ラキはロトムを自宅に招き、自分が売れなかった時もあったが夢を諦めずにいたからこそ今の自分があることを語る。
ロトムの夢は?と問い、翌日撮影現場を訪ねてきたサトシから隠れようとするロトムを引きずり出しちゃんと話し合うようにと背中を押す。
ラキは喧嘩の様子を見た時からロトムが誰の傍にいるべきか分かっていたんでしょうね。
夢について語ったのもロトムが何をしたいのか、自分の本当の気持ちに気付かせるため。
多くは語らずにそっと仲直りの手助けをしてくれる、素敵です。

リーリエとラキ、どちらもちゃんと話し合って気持ちを伝えるべきという答えは同じ。
答えは同じでもそれぞれ違うアプローチでサトシとロトムを助けているのが良かったです。


-仲直り-

まずサトシが謝り自分の気持ちを伝える。一緒に居るのが当たり前だと思ってたけどロトムがやりたい事なら応援したいと。
ロトムは番組に出ることは諦める、宇宙一のポケモン図鑑になる夢のためサトシの傍にいた方がいいしサトシが心配だから一緒に居てあげると返す。
ロトムの事を応援しなくちゃと言うサトシが寂しい気持ちを何とか抑えようとしてるのがうかがえるのが良いし、ロトムはサトシが心配だからと言うのはサトシが好きだからという気持ちの照れ隠しなんだろなと思います。
なんだよお互いのこと大好きじゃないか、仲直りした途端イチャついちゃって。
その様子にラキはいいコンビだと言って、ルガルガンやニャヒートはヤレヤレと言いたげな表情、周りの皆はこの2人が本当に離れるなんて思ってなかったんだなとうかがえます。
全くハラハラさせてくれちゃって。仲直り出来て本当に良かったよ・・・グスン


ロトムが抜けて番組はどうなったかと言えば、ペラップが代わりに新レギュラーとなり海外展開は1回で終わってすぐにアローラに帰ってくるというオチ。
アローラ探偵なんだからアローラに帰ってくるのは当然。元の場所に戻るというのが、喧嘩して離れたサトシとロトムが元のさやに収まることと重なって良いオチです。


-一人ぼっちのイーブイ-

浜辺でピカチュウたちと遊ぶイーブイ。
とても楽しそうだけど夕暮れになると皆は家に帰りイーブイは一人だけ木の下で眠る。
楽しい時間はあっという間、一人だけ浜辺に残されるイーブイが寂しい。
アシマリはイーブイが気に入ったようで、これが次回の本編に繋がるのかな。

6回に渡ってイーブイの活躍が描かれこの短編、面白かったです。
ポケモンたちだけで話が進んでいくのが短編劇場版の雰囲気が漂ってたし、遊び終わったポケモンたちが帰っていくのも短編劇場版みたいでこの感覚久しぶりだなと思いました。

|

« ニチアサ感想・2018/11/25 | トップページ | 感想:ウルトラマンR/B第22話 »

ポケモンアニメSM」カテゴリの記事

コメント

サトシがロトムとの別れについて感情的になっていたのが引っ掛かりましたが、相手側の態度とか納得できるか否かとかその辺の違いはあるかもですね。 最後にお互いがお互いに謝って元の鞘に収まりましたし。 この辺は色々とメタな理由はあるかもですが、上手くは言えないもののロトムがこのままいなくなるのは僕としても嫌でした。多少ウザさはあるけどロトムもサン&ムーンの一員ですし。 とにかく終盤の夢に関するやり取りは夢に突っ走る事を約20年にわたって描いてきたアニポケならではですし、サン&ムーンを良い評価を聞かないとか言ってる人はこれらのシーンを見てもそう思っていられるのかと感じましたね(てかサン&ムーン普通に良い評価聞きますよね?)

この他アローラ探偵ラキのスタッフのマンネリに対する姿勢やマーマネの役者の心得、ロトム演じる浪川さんの一人二役等アニポケスタッフのある意味での自虐ともとれるセリフが面白かったりマーマネの声をやってる武隈さんが舞台役者なのもあってセリフに妙な重みがあったり、浪川さんの演じ分け(ロケット団のミミッキュもやってるんですよね)まで沢山見所があって面白かったです。 

先ほども言ったようにサン&ムーンに未だに文句言う人いますけど、それでもこういう夢を諦めずに挑み続けるサトシ達の姿勢や彼ら仲間達の繋がりを無印からサン&ムーンまでちゃんと大切にしてるからやっぱりアニポケ好きでいられるんだろうなと思いました
おまけコーナーのイーブイとアシマリのやり取り見るにスイレンがイーブイゲットするんでしょうか?てっきりサトシがゲットするのかと思いましたが、スイレンはZワザ会得した以外何も変化が無かったし正直言うとアローラの女子組がライドポケモンのラプラス以外手持ちが1匹だけなの気になってたのでまあ歓迎は出来ますね。 とはいっても本当にスイレンがゲットするかわかってないので来週実際に観ないとわからないですね。

投稿: アルター  | 2018年11月29日 (木) 23時42分

コメント返信:アルターさん

仲直りのきっかけが夢は何かという問いだったのが良かったです。
夢を追い続けることを描いてきてるアニポケだからできる仲直りだったと思います。

女子組に新規ゲットが無いのは旅をするのではなく一緒に生活するのが特徴の今作故の弊害なのかなと思います。
下手に新しいポケモンを増やしても一緒に生活する様子を描くのが難しいという製作上の都合もあるのかなと。
邪推しましたがイーブイは誰がゲットするのか、次回の内容が気になります。


良い評価を聞かないと言ってる奴はそもそも今作を評価するつもりがなくフィルターかけてるだけだと思うので相手にするだけ損ですよ。
アルターさんもそして自分もこの作品に心動かされてるんですから、サン&ムーンは良いアニメだっていくらでも言ってやりましょうよ。

投稿: んがよぺ | 2018年12月 2日 (日) 10時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1078701/74686377

この記事へのトラックバック一覧です: アニポケSM感想:コンビ解散!? サトシとロトム:

« ニチアサ感想・2018/11/25 | トップページ | 感想:ウルトラマンR/B第22話 »