« アニポケSM感想:勇者リリエルとアローラの杖! | トップページ | ニチアサ感想・2018/10/28 »

2018年10月27日 (土)

感想:ウルトラマンR/B第17話

第17話「みんなが友だち」

アサヒに彼氏がいたら絶対認めないだろうとイサミが冗談で言ったことに本気で心配するカツミ、またまた賑やかなあらすじに笑っちゃって。
その後間髪入れずにダダの独白と今回の騒動の発端となる慰労パーティーについて語られる。
宇宙人が集まってパーティーしていること自体が面白いし予算と尺があれば是非その場面を映像で見たかったよ。
そして今回のダダは”大御所様”のために代わりのパーティーを開きたかっただけで悪意は全然ない話だったのがまた面白い。
ハロウィンを宇宙人の慰労と絡める発想に脱帽だし、OPは一瞬放送事故かと思わせてハロウィンに合わせた特別仕様というサプライズ、最初の数分でめっちゃニコニコしましたよ。楽しい。


ハロウィンパーティーを開きたいアサヒとその友達がピグモンに連れられてダダとご対面。
ダダとピグモンをハロウィンの仮装だと思い込んだまま一緒にパーティーの準備を始めてそこにサキも居合わせちゃって。
あれよあれよという間にパーティーを開く流れになってサキも逆らえずに巻き込まれてるのが面白い。

さらにバイブス波の反応を追ってたカツミとイサミも合流しちゃって、それがちょうどサキがアサヒに乗せられてぶりっ子ポーズをしていたタイミングというのが可笑しすぎて。
カツミとイサミがウルトラマンと知ったダダがこれではパーティーが上手くいかないとヤケになって暴れ出し、応戦しようとしたイサミがジャイロと計測器を間違えるという初代オマージュ、こういうハチャメチャなノリ良いですわ。


戦闘シーンはブルの頭が燃えたりロッソの頭に岩が落ちたりダダが出した銃にどこから出したのと2人が突っ込んだりとコミカルで。
ダダ相手にルーブで戦うのはオーバーキルじゃないの?と思ったらダダの銃をはたき落としてダダ自身に光線を浴びせて小さくするという、最強形態で大技を使ったのに爆殺はせずこじんまりとした決着というギャップが面白い。
今回セットもミニチュアもだいぶ作り込まれてて目を見張ったんですが、そこでやってることは激しい戦闘ではなくコミカルなやりとりというのが楽しかったです。


ダダが大慌てする”大御所様”の来訪。ダダの狼狽えとカツミとイサミが追ってたバイブス派の反応からもよっぽど恐ろしいものが来るのかと思ったら・・・。
現れたのは怪獣ブースカ。いや確かに大御所だけど全然怖くないし。
しかもウルトラマンも怪獣もみんな仲良く出来ればいいと崇高な理想を持っていてダダの懸念は全くの杞憂だったというオチ。
ブースカの登場にも驚いたけどすごく大事なメッセージを伝えてくれたのも良かった。


アサヒと話しながら兄弟がいたことと身内のミスを挽回するために行動してることを仄めかすサキ。
ダダの攻撃からアサヒを守った場面もあり、自分の身の上話をしたことと言いアサヒに心動かされてるのは間違いないようで。
本当の家族なのか疑惑があるのに兄を信じて真っすぐに幸福を願うアサヒが羨ましかったりするんでしょうか。
湊家が真っすぐに身内を信じる家族の理想形ならサキは家族を信じられない負の側面を表してるのかなあとふと考えました。

皆と仲良くすることをずっと続けていきたいしサキともそうなれればと願いを語るアサヒ。
良い事言うなと思ってたら当のサキがテレビに映って、殲滅作戦によって地球が滅ぶという恐ろしいことを話す。
アサヒから伝授された笑顔をここで使うという感覚のズレにズッコケるし、笑顔で恐ろしいことを語るというシチュエーションがカオスで、笑ったらいいのか驚いたらいいのか。


冒頭の楽しいシーンからコミカルなバトル、大御所怪獣からの大事なメッセージと最後に今後の展開の重要な布石を打つ。
いやあ凄まじい回だったわ。予告を見た時から面白い予感しかしなかったけど想像以上でした。

|

« アニポケSM感想:勇者リリエルとアローラの杖! | トップページ | ニチアサ感想・2018/10/28 »

ウルトラマン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1078701/74483891

この記事へのトラックバック一覧です: 感想:ウルトラマンR/B第17話:

« アニポケSM感想:勇者リリエルとアローラの杖! | トップページ | ニチアサ感想・2018/10/28 »