« アニポケSM感想:ククイ絶対絶命! もう一人のロイヤルマスク!! | トップページ | ニチアサ感想・2018/10/21 »

2018年10月20日 (土)

感想:ウルトラマンR/B第16話

第16話「この瞬間が絆」

祝ウルトラマンルーブ降臨な前回のあらすじでお気楽なイサミと真面目なカツミといういつものやりとり。
本編の空気が重めなのであらすじだけでもいつものノリがあるのは癒しです。


写真も母子手帳も無い、アサヒの存在を証明できる物が無いと抱いた疑惑をカツミとイサミに打ち明けるウシオ。
口論になってしまったけどそれはアサヒの事を信じたい気持ちの裏返し。アサヒが存在しないという疑惑を一人抱えてた辛さ故に声を荒げてしまったんじゃないかな。
カツミとイサミはアサヒを探しに行くけど、いざ会おうとすればどう接すればいいのか戸惑いを隠せず。
思い出があるのに、家族なのに存在しないなんて事実を前に動揺しないわけがないよな。


当のアサヒは思い出の場所を巡ることで自分が何者か確かめようとするけど一人では不安で。
そこで付き添いにとサキを呼び出し2人の道中。甘えるなと言ったのに結局付き合うサキ、親切か。
そもそもアサヒの呼び出しに応じちゃうところで相当アサヒには甘いよね。
たった1度の接触がサキに影響を与えちゃってたのか。若者言葉もどんどん覚えちゃってるし。
それはアサヒに何か隠された力があるのか、純粋にアサヒ自身の心がサキの心を動かしてるのか。

天国に行くには地獄を知れと厳しいことを言うサキと、ハッピーは世界を救う幸福あってこそとアサヒの主張が対立。
アサヒの言葉を友の言葉として覚えておこうと言うサキ、対立しながらもアサヒの考えに動かされ始めてるのかな。
クリスタルをわざと渡すために接触したのにサキ自身が想定してなかった影響が出ていて、アサヒにとっては今回の道中で不安を和らげる良き話し相手になっていて。立場的には敵対するはずなのになんとも不思議な関係です。
これから2人の関係がどう進展していくのか気になります。


透明になれる力を持つネロンガに苦戦するロッソとブルだがアサヒの声援を受けて立ち上がる。
アサヒの存在に半信半疑で戸惑いを隠せなかった2人が今ここで自分たちを支える声を信じてアサヒを守ろうと奮起するのが熱い。
アサヒも戦う2人を応援することで今目の前にいるのが兄だと信じられる。そしてウシオもアサヒを抱きしめこの瞬間こそが絆だと言ってくれた。
写真は無くても互いに思いあう心が今ここにあるから信じられる、その絆が家族であるということ。
思いあって信じる心が家族の証明。今回からOPが2番の歌詞に変わりましたが、その歌詞とリンクするように信じあう家族の姿が描かれたのが素敵すぎます。


まだアサヒの秘密が明らかになったわけじゃないけど、家族であるということを皆で確かめられてひとまずはホッとした。
と、思ってたら、サキがアイゼンテック社を完全に乗っ取った不穏な空気にぞっとして、間髪入れずにチェレーザが抜け落ちて旅に出るマコトに不意を突かれて思わず笑ってしまい。
さっきまでの感動の空気が吹き飛んだ。いやこういうテンションの切り替えも楽しいんですけどね。

そしてさらに次回予告で面食らう。
予告で映った絵がハロウィンだからって賑やか過ぎません?楽しみすぎるんですけど。

|

« アニポケSM感想:ククイ絶対絶命! もう一人のロイヤルマスク!! | トップページ | ニチアサ感想・2018/10/21 »

ウルトラマン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1078701/74440214

この記事へのトラックバック一覧です: 感想:ウルトラマンR/B第16話:

« アニポケSM感想:ククイ絶対絶命! もう一人のロイヤルマスク!! | トップページ | ニチアサ感想・2018/10/21 »