« もの凄く今さらなコミケ初参加レポート | トップページ | 感想:ウルトラマンR/B第9話 »

2018年9月 1日 (土)

アニポケSM感想:ルナアーラ対UB:BLACK! 満月の戦い!!

今週の話を見る前に10月から日曜日の放送に変わると発表があってショックを受けたんがよぺです。
ニチアサと同じ曜日だとブログ書くのが大変になるじゃん。
個人的な我儘でしかないですが一報を受けて頭を抱えてるのは本当の事です。

それはさておき本編感想です。

88話
「ルナアーラ対UB:BLACK! 満月の戦い!!」
脚本:米村正二
コンテ:尼野浩正
演出:小柴純弥
作画監督:伊藤典子 矢田木瀧

-緊張と笑いの交錯-

こちらの世界へ現れたネクロズマはルナアーラを執拗に追ってウルトラオーラを吸収していく。
ルナアーラを守ってとルザミーネが指示してウルトラガーディアンズは2体を追って飛び立っていく。
シチュエーションはめっちゃ緊迫感あるのに、その直後に大人たちが面倒くさいと零して動けないのがズコーっとなって緊張の糸が途切れてしまうのがおかしかったです。

海を渡って2体はメレメレ島までやってきてそれを目撃したハラはあわやネクロズマの攻撃を受けそうになりカプ・コケコに守られる。
異世界から来た脅威としまキングと守り神との邂逅、これもドキドキするシチュエーション。
なんですがやっぱりハラも異常現象の影響を受けてて気だるい様子が見られるのが笑いを誘っちゃって、緊張と笑いが混じって不思議な感覚です。


-ロケット団精鋭部隊-

マトリが率いるロケット団本部の精鋭部隊もアローラに来たら異常現象の影響は避けられず。
しかし光学迷彩の飛行艇で難なくアローラに侵入し電磁ネットで伝説のポケモンをあっさり捕らえてしまうその手腕は、本部から派遣されてるだけあって伊達じゃないんだと分かります。
これ異常現象の影響がなかったら相当厄介な連中だよ。

マトリの傍にはあのアローラニャースが。
Cパートでは無気力だったマトリ達に代わって飛行艇のメンテナンスなどを済ませてたようで相変わらずの有能ぶり。
ここで自分の力を見せておいてさらに自分の地位を盤石にしようという下心があるんだろうなと思ったり。
ニャースを踏み台にしたように今度はマトリを踏み台にするつもりなんじゃないかと嫌な想像もしちゃった。
異常現象の影響とはいえ有能だと思って取り入ったロケット団本部の者がだらしない姿を見せたんだからここで見切りをつけようと思ってもおかしくないかなと。


-光を飲み込むネクロズマ-

ルナアーラからウルトラオーラを吸い取ってたネクロズマはついにその体そのものを乗っ取ってしまう。
ネクロズマあかつきのつばさ。一度ネクロズマの体がバラバラになってルナアーラの体に合体するのはゲームとは違う演出だったので驚き。
ネクロズマの体そうやって分かれるようになってたんかい。
攻撃を受けて一度ルナアーラから分離してネクロズマがバラバラのまま海に落ちたのも驚きのシーンでしたよ。

ルナアーラを助けに来たソルガレオにも取り付いて ネクロズマたそがれのたてがみ に姿を変えてそのままウルトラホールの向こうへ消えていく。
ルナアーラから切り離されて体がバラバラになってるのにそれでもまだ光を求めて他のポケモンを取り込んでしまうんだから恐ろしい。


-人もポケモンも助け合い-

ネクロズマの攻撃の余波を受けてあわや海に落下するところだったリーリエをルナアーラが助けてくれた。
ウルトラガーディアンズがネクロズマに追われる自分を助けようとしてくれてるのは分かっていただろうし、自分を助けてくれる子供たちを放っておくわけがなかったんでしょう。
あるいはソルガレオ(ほしぐも)からアローラの子供たちの事を聞いてて信頼できる者と思って助けてくれたのかなと想像してみたり。


ルナアーラを助けに現れたソルガレオは詳しい言及こそなかったけど、サトシに頬ずりしてたところを見るとあの ほしぐもだと思っていいんでしょう。
みんなで育てた ほしぐもがピンチの時に駆け付けてくれるとは、あの赤ん坊がこんなに頼もしくなってるとは感慨深い。


傷ついたルナアーラはウルトラガーディアンズの基地で保護して治療にあたる。
グラジオはソルガレオにはルザミーネを、ルナアーラにはリーリエを助けて貰った事を感謝しその恩を返したいと言う。
サトシは俺たちのゼンリョクでソルガレオを助けようと気持ちを引き締め腕を掲げる。
その時Zリングから放たれた光がルナアーラに注がれ傷を癒すことになった。
伝説のポケモンが子供たちを助けてくれて子供たちもまた伝説のポケモンを助ける。
伝説のポケモンは人智を超えた畏れ多い存在だと思いますが、こうやって助け合うことで両者の距離がぐっと近づいてるように感じられるのが良かったです。

気力を取り戻した大人たちは事態の収拾に向けて動き出し、しまキングとしまクイーンは祈りを捧げその様子を守り神も見守っている。
子供に任せてばかりじゃなく本来の力を取り戻して大人たちがやるべき事をやろうと動き出すのが頼もしくてカッコ良かったです。


大人も子供も人もポケモンも皆で力を合わせて助けあう。
伝説のポケモンでもそれは例外じゃなく、前回に続きアローラでマナーロの精神が描かれた話だと思います。

|

« もの凄く今さらなコミケ初参加レポート | トップページ | 感想:ウルトラマンR/B第9話 »

ポケモンアニメSM」カテゴリの記事

コメント

個人的にもう少しあかつきのつばさの力を見たかったですね。

その辺は来週のたそがれのたてがみで見せられるでしょうけど。

投稿: アルター  | 2018年9月 1日 (土) 02時22分

コメント返信:アルターさん

あかつきと たそがれを両方出そうと詰め込んで活躍のシーンが短くなった感は否めないですね。
その分次回はもっと動いてるところを見られると期待したいです。

投稿: んがよぺ | 2018年9月 1日 (土) 19時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1078701/74134262

この記事へのトラックバック一覧です: アニポケSM感想:ルナアーラ対UB:BLACK! 満月の戦い!!:

« もの凄く今さらなコミケ初参加レポート | トップページ | 感想:ウルトラマンR/B第9話 »