« ニチアサ感想・2018/09/09 | トップページ | 感想:ウルトラマンR/B第11話 »

2018年9月14日 (金)

アニポケSM感想:未来へつなげ! かがやきさまの伝説!!

毎週木曜日の夕方に放送してたアニポケですが、その放送も今週で最後となり来月から日曜日の夕方にお引越しとなります。
ポケモンショックから復活して以降20年以上続いた放送枠から移動するというのは衝撃のニュースでした。
引っ越し前最後の話で且つベベノムとの出会いから始まった物語の終幕でもあります。
正座しながらしかと目に焼き付けさせていただきました。

90話
「未来へつなげ! かがやきさまの伝説!!」
脚本:米村正二
コンテ:毛利和昭
演出:毛利和昭
作画監督:安田周平 村田理


-伝説と肩を並べるキテルグマ-

ポケもんだいの選択肢にソルガレオとルナアーラとネクロズマと・・・いつかのプリンに落書きされて恐ろしい顔になったキテルグマが。
伝説のポケモンと並んでるだけでも笑っちゃうのによりによってその顔を選ぶあたりスタッフの遊び心がうかがえます。
実際本気出せば伝説のポケモンとタメ張れそうだよなあキテルグマ。

ウルトラホールの近くで待ち伏せするロケット団を地上に引きずり降ろし一緒に祈りを捧げるよう促したり、サトシたちが帰ってきていざポケモン強奪をしようとしたところで強制的に連れ帰ったり。
めっちゃ空気読んでますねキテルグマ。初めて日輪の祭壇を訪れた時もこんな感じだったなと思い出す。
ロケット団にも協力を促すということは彼らを分かち合って共に生きていくアローラの家族と思ってるということでいいのかな。


-意外に名コンビ?-

ゴズのメガボスゴドラに一蹴されて追い込まれたククイ博士とザオボー。
ザオボーは負けた者を心配しても敵は待ってくれないと、冷たいようだけどククイ博士を鼓舞するためにいいことを言ってるなと感心した。
・・・のに、もう手持ちのポケモンがいないと自分は戦えなくてククイ博士に丸投げしてるのにズッコケた。
どうしても小物っぽさが漂うのねこの人は。

仕方ないとククイ博士はガオガエンを出してZワザを使いメガボスゴドラを一撃で倒す。
ここでロイヤルマスクの正体がククイ博士だとザオボーにバレてしまう。
まさか正体を最初に知られるのがザオボーとは思わなかったなあ。
リングの上でしか姿を現すことが出来ないガオガエンだけど非常時だからこそ最後の切り札として活躍するというシチュエーションも良いね。

ロイヤルマスクの正体を知ったザオボーは一緒にポーズを決めてご満悦。
ノリいいな。というかついさっきまで真剣な戦いをしてたのにスイッチの切り替え早い。
この空気の切り替えには思わず笑っちゃいましたよ。
ククイ博士とザオボーという意外な組み合わせがこんなに面白くなるとはね。


-守り神の思い-

ロケット団精鋭部隊がウルトラホールへ突入しようとしたところへカプ・コケコの一撃が飛空艇を貫き突入を阻止する。
邪なる者の介入を許さないという守り神の怒りがうかがえます。

また、ウルトラホールの向こうにいる子供たちを守るための行動でもあると思って、子供たちがかがやき様を救ってくれると信じてその邪魔をさせないという意思もあったのかと想像します。
ウルトラガーディアンズの活躍を見守る場面もあったし、子供たちの活躍を見て今回の事態も解決の導き手になってくれると思ったんじゃないかな。


-分からないけど分かった-

サトシたちのZワザでネクロズマに光を与えるがそれでもネクロズマはソルガレオを放してくれず。
方法は間違ってないけど子供たちだけでは光が足りない。アローラの皆の光も必要で、皆で分かち合うというテーマとしてもここで子供たちだけで解決させなかったのは誠実な話の流れだと思います。

次の手が思いつかないサトシだが諦めちゃいけないことだけは分かったという。
理屈としては変だけど諦めない気持ちは皆一緒で大変な状況なのに誰も落ち込んではいないのが凄い。
グラジオもその思いは同じみたいで、ウルトラガーディアンズとして新入りなのにサトシの熱意に染まってきてるなあと。


-届ける光-

カプ・コケコが祈りのポーズで光をネクロズマに届け、その様子を見ていた大人たちがアローラの皆で光を届けるために動き出す。
ルザミーネから連絡を受けたしまキングとしまクイーンが呼びかけることで祈りのポーズが広がっていきアローラ全土からウルトラホールに光が注がれる。

人もポケモンも皆が呼びかけに応じて力を貸してくれてるのが素敵すぎる。
前回までの子供たちの行動でも分かち合うというアローラの精神が十分描かれてましたが、ここまでのスケールに広がると本当にこの地方は分かち合うことを皆で実践できる温かい心に溢れてるんだと感じます。素晴らしい。

ちなみに。
群衆の中に主題歌を歌ってるЯeaLのメンバーと劇場版でモブで映ってる母娘がいましたよね。
小ネタが仕込まれてるのが楽しいです。


しまキングとしまクイーンがZワザを放ちその光もネクロズマに届けられる。
それでもまだ光を求めて暴れるネクロズマに最後の一押しとしてサトシとグラジオが並び立ちソルガレオとルナアーラのZワザを同時に放つ。
Zワザの応酬だけでも盛り上がるのに伝説のポケモンに認められたサトシとグラジオが並ぶという絵面が半端なくカッコ良すぎる。
サトシが正統派ヒーローでグラジオがダークヒーロー的な出で立ちで、こういう並び大好物なのでテンション上がりました。
グラジオが相変わらず中二病な台詞を言っててちょっと笑っちゃいましたけど。

強力なワザの応酬を敵を倒すためではなく救うために放つという構成が面白い。
人とポケモンが皆で光を届けてから最後の一押しとして放つことで話としても盛り上がるし皆で分かち合うというテーマからも外れてないしお見事です。


-かがやき様-

たくさんの光を注がれたネクロズマはついに本来のかがやき様の姿を取り戻す。
体が分離してかがやき様の形を成していく演出が神秘的でもあり変形ロボットのようでもあり見応えありました。

かがやき様の復活によりベベノム達の世界は一瞬で光に満たされさっきまでの暗闇が嘘のような自然豊かな世界になりました。
これだけの力を持つのだからそりゃ皆からたくさん光を分けて貰わなければ復活できないのも納得だし光を求めて暴れてたのも今となっては致し方無かったんだなと思います。

ベベノム達の世界を救ってくれたかがやき様だけど、前々回まではアローラの大人たちの気力を奪う驚異の存在だったわけで、強大な力は恵みをもたらすことも脅威になることもある。
良い事と悪い事、光と闇は表裏一体でどちらか一方だけということはない。
謎のウルトラビーストとしての登場からかがやき様として復活するまでの変遷はそういうことを表してるのかと思います。


-見つけた光-

ベベノム達の世界に光が戻るのと同時にアローラと繋がるウルトラホールが閉じ始め、そしてベベノムとの別れがやってきた。
世界を救うという使命を果たしたんだから別れが来るのは必然。だけど分かってても悲しい。
目を潤ませて涙をこぼさないよう堪えてるサトシに見てるこっちが泣きたくなります。
ベベノムが付けてるウルトラガーディアンズのペンダントに触れるのが別れを惜しんでる表われでもあり離れてても仲間であり家族だと伝えてるようでさらに心揺さぶられます。


涙を見せてたべベノムは泣くのを止めて最後にありったけの思いをサトシとピカチュウへ伝える。
地面に二人の顔を描いて大好きのマークをつけて好き好き大好きと。
今回OPが流れずにサブタイトルが表示されておや?と思ったら、ベベノムが絵を描き始めるのに合わせて流れ始め、そしてこれまで過ごした日々の回想をしてから大好きの絵ですよ。これで泣くなというのが無理な話。この流れを思い返すだけでも涙が滲んできます。

「未来コネクション」
この歌はベベノムの視点で作られたものというのはリリース時から言われてて、OPの演出もベベノムが知らない世界にやってきてサトシとピカチュウに出会うことを印象付けるものになってました。
前述したクライマックスでこの歌が流れたことで改めてベベノムの思いとシンクロしていたと感じたし、重い使命を背負ってて不安もあったであろうベベノムにとってサトシとピカチュウとの出会いは未来へ繋がる一筋の光だったんだなと思って。

サトシとピカチュウという光を見つられてよかったねベベノム。
ベベノムに光を与えてくれてありがとうサトシ、ピカチュウ。
この光を見つけたことが巡り巡ってベベノムの世界を救いアローラの危機も救ったんだよ、最高じゃないか。


はあ~~本当に素晴らしい話だった。
長年続いた木曜日夕方のアニポケが今週で終わるのは寂しいけど、最後にこんなに温かい気持ちにさせていただいて大満足です。
10月からは日曜日の夕方にお会いしましょう。
また素敵な話が見られると信じて。
これからもよろしくお願いします。

|

« ニチアサ感想・2018/09/09 | トップページ | 感想:ウルトラマンR/B第11話 »

ポケモンアニメSM」カテゴリの記事

コメント

今回最終回じゃないかと思うぐらいよかったです。 OPがないからあれ?と思ったらベベノムが絵を描いたタイミングで流れたのがね・・・なんでグラジオがルナアーラのZワザ名知ってるの?とかZリング改造したの?みたいなツッコミ所があったはずなのに、今回盛り上がりが凄かったのとOPの流れたタイミングで色々吹っ飛びました。 ベベノムはサトシ達の所で学んだ事を胸に皆を守ってほしいです。

投稿: アルター | 2018年9月14日 (金) 11時56分

コメント返信:アルターさん

グラジオのZリングとZワザの名前など仰るように説明がない部分は突っ込みどころなんですが、それを粗と感じさせないほど満足した話でした。
ベベノムがアローラで学んだことはきっと彼らの世界に明るい未来をもたらすことでしょう。
そう思えるくらいベベノムがアローラで過ごした時間は輝いていたと思います。

投稿: んがよぺ | 2018年9月15日 (土) 22時57分

後で調べたところグラジオのZリングちゃんとパワーアップしてたそうです。 すいませんでした。

投稿: アルター  | 2018年9月19日 (水) 22時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1078701/74206029

この記事へのトラックバック一覧です: アニポケSM感想:未来へつなげ! かがやきさまの伝説!!:

« ニチアサ感想・2018/09/09 | トップページ | 感想:ウルトラマンR/B第11話 »