« 感想:ウルトラマンR/B第10話 | トップページ | アニポケSM感想:未来へつなげ! かがやきさまの伝説!! »

2018年9月 9日 (日)

ニチアサ感想・2018/09/09

HUGっと!プリキュア 31話
仮面ライダージオウ 2話
快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー 31話

の感想を。

HUGっと!プリキュア
31話「時よ、すすめ!メモリアルキュアクロック誕生!」

夏休み中に撮った写真を見ながら楽しい思い出を振り返る はな達。
改めて振り返っても本当に充実した日々を過ごしてきたんだなと思います。
内富士先生が子供の写真を見せてくれたり えみるとルールーが学校で話題になってたり、思い出は過去の事だけどそこから今に繋がるものがあると見せているのが良いです。

もう一つ、過去から繋がっていることがありました。
はなが転校することになったきっかけ、23話で示唆されていましたがやはりいじめが原因で、その時助けた友達と再会することになった。

はなが助けた えりはずっと はなに謝りたいと思ってたがいざ本人を前にすると言葉が出てこなくて。
はなも動揺を隠せずそれを誤魔化そうとして仲間たちに勘づかれて。

えりは野々たんと 昔も今も はなをあだ名で呼ぶところから本当に はなを大切な友人と思ってるんだとうかがえます。
それだけに はなを助けられず逃げてしまった後悔も大きくてずっと苦しかったんだなと。
持ち前の明るさで仲間たちを引っ張っていく はなだけど過去を呼び起こされると動揺を隠せない、それだけ はなにとっても辛い出来事だったと分かります。


はなを支え えりと再び友達になる後押しをしてくれたのは今の仲間たち。
さあやと ほまれは えりの気持ちを聞き出して えみるとルールーは歌で はなを元気づける。
今の はなが積み上げてきた仲間との絆が支えになって えりと再び友達になることが出来て、2人の止まってた時間がやっと動き出す。
過去と今、そして未来。辛い過去を変えることは出来ないけど、今この時を頑張れば時間は動き出し辛かった過去も無駄にはならず明るい未来へ進んでいける。
はなと えりが再び友人になれたことはそういう意味なのでしょう。
その支えとなるのは仲間との絆というのも素敵じゃないですか。

この絆と対極になるのが 仲間と言いながらジンジンとタクミを切り捨てたジェロスの行動。
プリキュアの言葉によくある決まり文句だと返すが、それでもこれが私たちの今だと言えるエールの言葉が力強い。
今回の事で仲間との絆を改めて感じ、はなも えりも自分の時間を動かすことが出来たのだからこれが私たちだという言葉も説得力があります。

その心に応えて新たなミライクリスタルが生まれてプリキュアはチアフルフォームへと変身する。
思い出の写真が一杯で仲間との絆を積み上げてきた証となるミライパッドが今のプリキュアに新たな力を与えるというのが、玩具販促とドラマがリンクした見事な構成です。

はなと えりがまた友達になれて本当に良かった。支えてくれる仲間が素敵だ。
・・・と、温かい気持ちになってたところで次回予告、カオスだ。
サブタイトルには人魚とか魔法って入ってるけど、お話しとしてはスマイルプリキュア!にありそうなやつなんですが。


仮面ライダージオウ
2話「ベストマッチ2017」

ウォズが前回のあらすじと、今回のプチネタバレ。
彼が持ってる本に全ての出来事が記されててジオウの誕生もそれからの戦いも全部知ってるという体なのね。
前作がはっちゃけたあらすじだったから今作は意味深なあらすじになってるのね、面白い。
しかし本に書かれていない出来事がいずれ起こるフラグなんじゃないかこれ。


ウォズは歴史の通りソウゴに魔王になって欲しい。
タイムジャッカーのウールは別の魔王を誕生させようと企み。
ゲイツとツクヨミは魔王の誕生を阻止したい。
それぞれの思惑がよりはっきり見えてきましたね。

ソウゴの味方だと言い彼を邪魔しないウォズが一番信頼できる・・・とは思えないよね、魔王の誕生を願ってるんだから。
ソウゴが本当に未来のオーマジオウになるのか疑問を抱き彼の傍で監視することを選んだゲイツとツクヨミ。味方だと言ってるウォズよりも主人公の人となりをちゃんと見ようとしてる2人の方がまだ信頼できるというのが皮肉です。


本来の歴史では事故に遭うはずだった男をアナザービルドにすることで彼の時間を動かしたのだとウールは言う。
それに対しソウゴは叔父の順一郎が前回言ってた言葉を引用しつつ自分で動かさなければ時間は動かないと返す。
順一郎は夢を叶えるチャンスがあったのに諦めてしまったことを話してたけど、夢が叶わなかったとしてもそれは自分で考えて選んで時間を動かした結果。
順一郎の話を受けて結果がどうあれ自分で時間を動かすことに意味があるってソウゴなりに考えての言葉だったのかな。
ソウゴがジオウになったことはウォズにとってもウールにとっても想定通りなんだろうけど、それでも前回ソウゴは自分で考えて最善最高の魔王になるとジオウの力を手にした。
自分で選んで時間を動かす。それが今作のテーマとなっていくのかな。


現代のアナザービルドを倒すためには本来の時間でビルドの力を借りなければならない。
2017年へ飛んでビルドとクローズと共に並び立つ絵がカッコよかったです。
2話にして早速ソウゴとゲイツの同時変身が見られたしこの辺りは素直に盛り上がる熱いシーンでした。

ジオウがビルドアーマーを纏いその力でアナザービルドを倒す。
必殺技の時に周りに現れる数式が滅茶苦茶なものになってて戦兎も龍我も突っ込んでたのには笑いました。
前作の特徴的な演出をネタにしちゃう姿勢、しかも前作と同じ監督がそれをやってるという。嫌いじゃないわ!!


アナザービルドは倒せたが戦兎は戦兎ではなく葛城巧になっててそもそも戦兎と龍我がライドウォッチを持っていた謎は解けないまま。
一体何が起こってるのか、正直ごちゃごちゃして整理も推察もできないんですが、この謎もいずれ解かれると思いたいです。


プリキュアで過去から今、そして未来へと向かうドラマがあった直後にジオウでは自分で時間を動かすというテーマ。
ぶっちゃけ被ってますが被っていても大事なことをちゃんと伝えてくれる番組って素敵だと思うのです。


快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー
31話「自首してきたギャングラー」

ポーダマンに金庫をくっ付けたお手軽怪人が再び現れたと思ったら既に快盗がコレクションを奪還済みであっさり倒されてしまいました。
このお手軽怪人がゴーシュの実験が進んでて最後に出てくるヤバい奴の前振りだとはこの時点では気付かず、一本取られました。


ポーダマンに追われて警察に自首してきたギャングラー・ヨシー・ウラザー。
放送前から名前が浦沢義雄さんのもじりで弟子の大和屋さんがネタにしているなんて言われてるのを見かけて。
実際ヨシーが取り調べを受けたり幸せな家庭をイメージするシーンなんか浦沢さんが手がけられた不思議コメディーシリーズにありそうな絵面で、浦沢イズムが継承されてると思いながらゲラゲラ笑って見てました。

しかし大和屋さんがシュールギャグだけで終わらせるわけけがないとも思ってたので、後半の種明かしがあるまではドキドキしてたのも事実です。


ノエルはヨシーが持ってるコレクションの力に気付いてる様子だったけどそれを つかさには伝えられず、これ以上 つかさがヨシーに肩入れしないように引き離す手を考える。
さっさと真実を教えちゃえば・・・というのは野暮で、ヨシーを信じようとする つかさの気高い心が素敵だと思って出来ることならそれを傷つけたくないという葛藤があったのだと思う。

つかさとヨシーがカツ丼を食べるシーン。一緒に食事をするというのが本当に互いの事を信じてるという表われに見えたしヨシーがゴーシュの実験の事を話してくれて司法取引は嘘じゃなかったのに。
ヨシーがつかさにコレクションを手渡した次の瞬間ヨシーの本当の心が目を覚ましてしまう。
そのコレクションこそ悪の心を善に変える力を持っていて、つかさと心通わしていたのはそのコレクションがあったからという悲しい真実。
コレクションが心まで変えていてそれによって悲劇が生まれるというのが驚きだし、つかさと心を通わしたのは作戦でもなんでもなくコレクションの力がそうさせていただけというのがさらに悲しい。

そしてそのコレクションがデカレンジャーのSPライセンスを模したものというのがさらにきつくないですか。
敵を許すか断罪するか、それをジャッジするアイテムは許す”〇”を表示しているけど つかさは警察官として本性を露わにしたヨシーを倒すことを決断する、辛い。
これはデカレンジャーでパイロットをやってた渡辺監督だから出来るセルフオマージュでしょうね。凄い演出してくれたものです。


悲しみの戦いから息つく間もなくゴーシュの新たな実験体が現れパトレンジャーを圧倒してしまい次回へ続く。
理性のない獣のような見た目に金庫5つとコレクションの力も5個分ってどう見ても危ない奴です。
特に厄介なのがコレクションの力を消すコレクションで、それがゴーカイジャーのモバイレーツを模したものというのがニクイ。
SPライセンスといい歴代戦隊のネタを上手いこと活かしてるのが面白すぎます。

|

« 感想:ウルトラマンR/B第10話 | トップページ | アニポケSM感想:未来へつなげ! かがやきさまの伝説!! »

ニチアサ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1078701/74181297

この記事へのトラックバック一覧です: ニチアサ感想・2018/09/09:

« 感想:ウルトラマンR/B第10話 | トップページ | アニポケSM感想:未来へつなげ! かがやきさまの伝説!! »