« アニポケSM感想:ココにきめた! ポケモン湯けむりパラダイス!! | トップページ | ニチアサ感想・2018/08/19 »

2018年8月18日 (土)

感想:ウルトラマンR/B第7話

第7話「ヒーロー失格」

コマ姉ことカオルを巻き込んでしまったことでイサミが戦うのが怖くなり変身できなくなるという話。
あらすじの掛け合いも気が乗ってなくて冒頭から不穏な空気が漂ってます。

再び現れたグルジオボーン相手にロッソ一人で立ち向かうが、変身できないイサミとつまらない口げんかを始めてそこへグルジオボーンが割って入ってビンタをかますという笑劇の一幕。
あれ?イサミが悩んで苦しい話になるはずなのに。笑えるシーンを挟んでくるこの展開、楽しいです。

グルジオボーンがやけにノリがいいと思ったらマコトが変身してたという種明かし。
前回同様2人のウルトラマンの在り方に苦言があり2人にはドンと構えててほしいみたいで。
変身アイテムを盗むなど邪道とまで言い切って、ここだけ見たら凄くいい人で良いライバルみたいなんだけど。
会社の専務の誕生日パーティーを欠席してと言ってたが、つまり普段は社員との交流を欠かさないってことだよね。いい社長じゃないか。

ですが、やっぱり恐ろしさもある人物だと改めて感じるところもあって。
クレナイ・ガイを連想させる人物に声をかけ続けてたこと、やっぱりオーブダークを完成させるためだったのね。
集められた人に生気がなく謎の機械に繋がれてる光景、ゾッとしました。
良い社長で良いライバルのように見えても目的のために人を犠牲にできてしまう、恐ろしいですわ。


カツミは9秒で片づけてやるとイサミに宣言して一人戦いに臨む。
冒頭でイサミが10秒でと言ってたことへの返しで、イサミのプライドを刺激して自信を取り戻して欲しいというカツミの心遣いを感じます。
カツミが居なければと弱気の言葉にカオルは幼い頃の出来事を思い出すようにアプローチする。
イサミは秘密基地の梯子が登れなくて泣きじゃくってたけど、梯子から落ちたカツミの手を取って助けたことがあった。
イサミはいつもカツミに助けられてばかりじゃなかった、イサミもカツミを助けることができるしその勇気があることを思い出ししてイサミは今一度自分の力を信じて変身する。
カツミもカオルもイサミの復活を信じイサミもその思いに応える強さがある、互いに思いあうこの絆が素敵です。


復活したブルがグルジオボーンにキックをあてて着地する、冒頭でロッソがやったことと重なる構図が粋です。
カツミはイサミを助けてイサミもまたカツミを助ける、この構図の重なりがそれを表してるようで良かった。
再び2人が揃ったことで軽いノリの掛け合いも復活、いやあ楽しいです。
ノリは軽いけど決めるところはカッコよく、2人の技を重ねたハイブリットシュートで止めが熱い。

カオルは再び綾香市を去っていく。
前回怪獣に取り込まれてた時のことは覚えてないと言ってたけど2人がウルトラマンだと気付いてて、2人の事を世界中の子供たちに語ってやるというのも2人で助けあうウルトラマンの話として語ってくれるのだと思いたい。

|

« アニポケSM感想:ココにきめた! ポケモン湯けむりパラダイス!! | トップページ | ニチアサ感想・2018/08/19 »

ウルトラマン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 感想:ウルトラマンR/B第7話:

« アニポケSM感想:ココにきめた! ポケモン湯けむりパラダイス!! | トップページ | ニチアサ感想・2018/08/19 »