« ニチアサ感想・2018/08/19 | トップページ | 感想:ウルトラマンR/B第8話 »

2018年8月24日 (金)

アニポケSM感想:アローラの危機! かがやきを喰らう闇!!

今回はまだ石塚運昇さんのナレーションが聞くことができてちょっと安心し、そしてもうすぐ聞けなくなるんだと思ってまたしんみり。

87話
「アローラの危機! かがやきを喰らう闇!!」
脚本:米村正二
コンテ:樋口香里
演出:渡辺正彦
作画監督:直井由紀

-嵐の前触れ-

ウルトラホールの向こう側で目覚めたネクロズマ。
ソルガレオとルナアーラを追いかけてウルトラホールに突入しこちらの世界へ近づいてくる。
のっけから不穏な空気が漂ってて怖いです。
それに呼応するようにアローラの空がずっと曇り空で絵の雰囲気も暗く終始嫌な予感を掻き立てました。

近づきつつある脅威の影響は日常にも現れて・・・ってサトシがまず異常を感じたのがククイ博士がシャツのボタンを絞めてることだというのが笑っちゃったよ。
いや確かにあり得ない光景なんだけどね。バーネット博士には海に潜らないのかと尋ねて、2人がいつもしていることがサトシにとっての当たり前の光景になってるんだなと。
これから大変なことが起きる前触れではあるけど今の生活がサトシにとってとても大切なものだとうかがえる描写でした。


-アローラでマナーロ-

無気力になり動けなくなった大人たちに代わり家事を済ませていつものように学校へ集まる子供たち。
授業も自分たちで進めてマナーロ祭りの準備について話し合う、逞しい。

祭りの名前であるマナーロとは「あなたと私は共に生きていく」という意味で、併せてアローラは「分かち合う」という意味が語られる。
2つ合わせて分かち合って共に生きていく、素敵な言葉じゃないか。
それはこれまでこの作品で描かれてきたことを表す言葉でもあるし、今回でもお昼のお弁当が無いマーマネのために皆が自分のお弁当を少しずつ分け合ってくれたことにもその精神が表れてます。
当然のようにそれを実践できてるのが本当に凄いしそれが出来るだけの経験も仲間との絆も積み上げてきたんだなと感慨深くなります。


-無気力な大人たち-

無気力になった大人たちはどうしてるかというと。
ジュンサーさんとジュンサーさんは2人一緒に寝そべって仕事してないしムサシとコジロウもドーナツを売る気力も無い状態。
ヤレユータンの店にはだらけ切った大人たちが集まってて。せっかく前回リフレッシュしたのに無気力な大人たちの相手をしなくちゃいけないなんてヤレユータン大忙しじゃないか。

大人たちが皆そんな状態でもエーテル財団ではこの現象の調査は進めてたようで。
ルザミーネがウルトラジャーの号令すら面倒くさがってたりビッケがザオボーにキツイ言い方をしたりとこちらでも異変はあるけど、ウルトラオーラが減少してる事等少しずつ事態の解明に近づいてるのは凄い。
自分たちの研究がアローラの平和に関わる大事なことだという自負が異常現象の中でも彼女たちを動かしているのかな。

日輪の祭壇の奥で新たな遺跡が見つかりそこへ案内し、かがやき様の伝説を解き明かすヒントに近づいたことを話すルザミーネの様子が、この時だけ気力を回復してるように見えたのは気のせいでしょうか。
ウルトラホールとウルトラビーストの研究が彼女の本分。それに関わる重大なことが新たに分かったとなれば異常現象の影響もはねのける力が湧いてきた、というのは考え過ぎかな。


-グラジオの帰還-

シルヴァディの様子に危機感を抱いたグラジオが新たなウルトラガーディアンズのメンバーとしてサトシたちに合流。
サトシたちと違って足と腕を露出してなくてちょっと違うコスチュームになってて、後から仲間になる・ちょっとデザインの違う姿というのがさながらスーパー戦隊の追加戦士みたいで凄くよいです。
めっちゃ久しぶりの登場でおいししいポジションにつくとはずるいぞお兄様。
放送直後にグラジオカラーのZパワーリングの玩具の受注開始の報もあってびっくりしたわい。


ウルトラホールの向こうから危険なウルトラビーストが来ると事態の深刻さを肌で感じてるグラジオ。
しかしそれを聞いてもサトシはそうなのかとあっけらかんとした態度でグラジオがベベノムを睨んでも笑顔で可愛いだろと紹介する。
そのサトシの様子にはグラジオも呆れ顔。ほしぐもの時みたいに問い詰めないあたりサトシがそういう奴だと分かっててそれ以上言葉がなかったんでしょうね。
短いシーンですが、既に何度もウルトラビーストと心通わしてるサトシだから落ち着いてて危険なウルトラビーストは倒すというグラジオの張り詰めた意識との違いが表れてたシーンだと思いました。


-向こう側から来るもの-

ウルトラホールの位置を特定するためにザオボーが用意したマシンにエネルギーを集中させる。
サトシ・カキ・スイレン・グラジオの4人で一斉にZワザを放つシーンはめっちゃカッコ良かったです。
サトシとカキの特訓中にZワザの威力が弱くなっていたのもこのマシンを4人で動かすための前振りになってたのも良かった。

マシンのおかげで雲が晴れて特定できたウルトラホール。
そこから現れたのはルナアーラと、そして今回の元凶であろうネクロズマ。
ルナアーラの姿を見れてみんなが感動を覚えたのも束の間、それを吹き飛ばすように不穏なBGMに合わせてウルトラホールをこじ開けるネクロズマの姿には鳥肌が立ちました。

いずれネクロズマが現れシリアスな話になるだろうと予測はしてましたが、分かっていてもいざその姿を見るとゾワゾワします。
ロケット団本部からマトリが派遣されてネクロズマを狙ってるようだし次回さらに事態が動きそうでドキドキします。

|

« ニチアサ感想・2018/08/19 | トップページ | 感想:ウルトラマンR/B第8話 »

ポケモンアニメSM」カテゴリの記事

コメント

子供達は普通なのに大人が変な状態なってるのが何かのRPGにありそうな展開ですね。 ムサシ達以外のロケット団もアローラに来ますが怖いと同時にワクワクもしてるのが正直なところです。

投稿: アルター  | 2018年8月25日 (土) 00時57分

コメント返信:アルターさん

>RPG
確かにありそうな展開です。記事には書きませんでしたが大人たちが動けないことで子供たちを活躍させる理由付けになってて良い構成だと思いました。

ロケット団本部が動くと緊張感が増していい塩梅ですね。自分も楽しみです。

投稿: んがよぺ | 2018年8月26日 (日) 22時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アニポケSM感想:アローラの危機! かがやきを喰らう闇!!:

« ニチアサ感想・2018/08/19 | トップページ | 感想:ウルトラマンR/B第8話 »